FC2ブログ

僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。
4

夏の日にひと走り

ここ東海地区ではまとまった雨が降らず、節水制限が出たこともあったようです。
一旦晴れると30度越えの猛暑に見舞われ、もう梅雨は明けたような気分になります。

日曜日、涼しいうちにちょっと走るつもりで8時頃、家を出ます。
木曽川まで出るつもりで岐阜街道を走るつもりがいつのまにか一宮タワーが目的地になってしまいました。

138mのタワーの足元に出来た日陰に腰を下ろし、初めての休息をとります。
ちゃんと階段があるんですね。



堤防のサイクリングロードをしばらく走っていたら、調子が上がってきたので、よせばいいのにそのままノンストップで犬山まで走ってしまいました。

帰ってみると、
走行距離68キロ。平均速度24.3キロ。
寄り道無しで、休憩も2回しかしなかったうえ、クルマもまだ少ない時間帯なので幹線道路を走ってきたのでちょっと速めです。暑くなる前に帰りたかったせいもあります。

肌がそんなに強くないので、この季節、半そで短パンで走ると直ぐに真っ赤に焼けてしまうため、今日も長袖に足首まで完全にガードしたパンツというスタイルです。上下とも黒なので太陽熱を吸収して暑いこと暑いこと。
ちょっと服装をなんとかせねば熱中症で倒れそうですね。

とりあえず、今回は、紫外線防止のサングラスを買いました。
日頃、目に良くない生活を送っているので、せめてもの保護のためです。
眼鏡を掛けているので、こんなサングラスカバーを眼鏡の上に装着します。



眼鏡を掛けているのと同じで違和感もなく使えますが、サイズ的には、なかなか眼鏡にジャストフィットというのは難しいようで、回りから光が差し込むのがたまにキズです。

コンビニに飛び込み、「ガリガリ君」をむしゃぼり食べてヒートダウンするのが週末の僅かな幸せなひとときです。


スポンサーサイト



4

「かぶと」を被ることにしました

ヘルメットは被らない派、なんていっていたくせに、事故で痛い目にあったので、
身を守るため、ヘルメットをとうとう買いました。

日本人は民族学的に、大雑把にいうと、縄文人と弥生人に別れるらしく、
縄文人では長頭、低顔(四角ないし丸顔)で顔の凹凸に富むが、これに対して弥生人は短頭、高顔(面長)で顔面は平坦、という特徴を持つそうです。

欧米諸国の白色人種、それにアフリカ系の黒色人類は前者が多く、一方、アジア系、特に東洋の黄色人種は後者が多いそうです。

日本でいうと、前者は東北から日本海側あるいは北九州や離島に多く、後者は近畿地方を中心として瀬戸内方面に多い、つまり、日本人の起源でいうと、前者はアイヌ民族につながり、後者は大陸方面、朝鮮から東北アジアの方へとつながるとされているようです。

私の頭は、典型的な後者だと思われ、自転車屋においてあるヘルメットの多くは、欧米産であることから、私の頭がそれを拒絶する訳です。

頭の形ってそんなに意識したことは無いのですが、大学時代、訳あって坊主頭にしたことがあり、その時に自分の頭の形はなんて格好悪いんだと20近くなって認識したことを思い出しました。
同じく坊主にした長頭系の友人は、なんとなく坊主頭が似合うんですね。
意外に外国人は坊主頭が似合うんじゃないかと思います。

という訳で、私の買ったのは、国産メーカー「オージーケーカブト」の製品です。
「kabuto」なんてローマ字でロゴがついてますが、ストレートなブランド名ですね。

通販で買うのはリスクがあるので、近所のスポーツデポで実際に試着しながら決めました。
たしかに、日本人向けに作られているせいか、私の頭にもしっくりきます。
デザインはいまいち感がありますが...
いや、自分の身を守るものなのでデザインは二の次ですね。被りにくいもの付けていても意味ないですから。

でも、頭がすっぽり納まる訳ですから、頭の形に合わないためにオーバーサイズを被ることがないので、思ったほどキノコ型の巨頭にならずに済みます。

これからは涼しくなるので、そんなに負担にもならないことでしょう。

8

大陸からやってくるミクロの刺客

急に暖かくなってきて、天気も安定してきたようです。

これから、咲くのを忘れていたウメが咲き始め、まもなくサクラ、モモと日本列島が花に包まれる季節です。

まさに自転車日和のシーズン到来ですが、やっかいなことになってきました。

花前線が北上する季節は、大陸からの季節風がやってくる季節でもあります。

さすがに中部地区は、黄砂で空が黄色くなるようなことは無いですが、このPM2.5というミクロの刺客は粒子が細かいだけに地球的規模で広がりつつあるみたいですね。

http://www-cfors.nies.go.jp/~cfors/index-j.html

距離的に近い遠いは関係ないのでしょうか。

先日、半日ばかり走ったときに、帰宅すると、カミさんから、目が腫れている、と言われました。たしかにそんな感覚がありました。裸眼よりはましでしょうが、普通の眼鏡をかけていても駄目なんですね。

花粉症では無いのですが、今年は花粉が多いのか、こうした物質の影響なのか、いずれにせよ、目によいことは無さそうです。

花粉予防のオーバーグラス、なるものが販売されていますので、こういうものを買えば、効果はあるのでしょうか。会社のお兄ちゃんが通勤で使ってますが、眼鏡の上に二重掛けなので、どうしてもサイズが大きくなります。顔の小さい人は特に違和感があるかもしれません。
ちょっと借りてみましたが、完全に密着している訳ではないようです。もっとも完全に密着していたら、蒸れて曇りそうですね。




目は良いとしても、今度は鼻・口です。
会社の机のすぐ近くに空調の吹き出し口があるせいか、妙に空気が乾燥して、喉の調子が良くないため、最近マスクをしています。通勤途中にマスクをすると、どうしてもメガネが曇ります。

走る時にマスクをすると呼吸困難になりそうですが、何か解決策はあるんだろうかと思ってネットをみていると、こんなマスクがありました。



まるで毒ガスを防御するためのガスマスクみたいですね。
中のフィルターを交換して使うみたいです。

これとサングラスを掛けて走っている姿、想像してみましょう。


そんなに大げさに考えることはないかもしれませんが、あんまり気管支系が丈夫とは言えないので、変な物質を吸い込んで、体に変調を来たすことになったら、何のために走っているのか判らなくなってきたりして。

日本が40年を掛けて歩んできた道を僅か10年で駆け抜けてきた国、歪みが大きいのは当たり前ですが、中国の深刻な健康被害、他人事では済まされませんよね。

季節風の風向きが変わるのを待つ、しかないんでしょうか。

4

足先の寒さ対策になるか?

歳のせいか、足先が冷えるようになった気がします。

いわゆる基礎代謝が少なくなって体の発熱量が減ったって訳ですね。

寝るときに電気毛布やあんか、湯たんぽの類のお世話になることは無いですが、朝起きると、足の先が冷たくて目が醒めることが幾度かありました。あんまり体に良くないそうですが、寒い日は靴下を履いて寝ることにしました。

自転車に乗って走る時も、足先だけは冷たくて仕方がないのですが、それ用のシューズカバーなるものがあることは知っていますが、なんか仰々しくて付ける気にはなれません。

ある方のブログによれば、NHKの朝の番組で、足先靴下カバー?なるものが紹介され、紹介された途端にどの店も品薄状態になってしまったそうです。

私もご他聞に漏れず、近所のドラッグストアを覗いてみましたが、やはり有りません。

帰ろうかなと思って、店先のワゴンを見ると、足用の使い捨てカイロが置いてあった隣にある商品が目に止まりました。
「カプサイシンエキス配合」の靴下です。

socks.jpg

買ったことを忘れて数日放置していましたが、今日、会社に履いていくことにしました。
今日は比較的暖かかった?せいなのか、良く判りませんが、会社についてから、足がホカホカしていたような気がします。単に裏起毛とあるので暖かいせいかもしれませんが、いつも履いている靴下と同じ位の厚さです。

カプサイシンは殺菌効果もあるし、発熱効果と合わせて効果的な気がしますけど、洗ったら効果なんて無くなるような気がします。しょせん、安物なので、3回位洗うとゴムが伸びてきて廃棄処分になる可能性は高そうです。

ヒートテックの靴下もあるようですけど、それのほうが薄くて効果があるかもしれませんね。

もう一足買ってきたので、週末に自転車に乗って試し履きをしたいと思います。


そんなことより、体の内側から暖める方法があれば越したことはありませんね。

4

寒い日のポタリング

寒い季節がやってきました。

先週は走っていないので、冷たい伊吹おろし(名古屋地区の北西季節風)にめげず、少しだけ市内を走ることにしました。

お昼近くには、風がどんどん強くなり、走るのが辛くなってきたので、適当なところで引き返し始めましたが、以前に記事で書いたバンダナが強風で飛ばされてしまいました。
停止している市バスの向こう側(車道側)にあるのが見えたので、バスがいなくなるのを待っていたのですが、
バスが去ったあとには消えていました。

風で全く別のところに飛ばされたのか、バスの車体の下に吸い込まれた?のかよく判りません。
わずか10~20秒位の出来事です。

大して高いものでは無いですが、今まで被っていたものが無いと、頭が寒いです。
冬は飛ばされない帽子が防寒の意味でも要りますね。毛糸の帽子でも被りますか。


話は替わりますが、
それにしても、ショップに置いてあるサイクルウェアってなんであんなに高いのでしょう。
機能的にどうなのかよく判りませんが、メーカーのロゴが入っているだけで、値段がグンと跳ね上がるような気がします。

寒いので、冬は何を着て走ろうかなと思いつつ、近所のスポーツデポで物色していたら、こんなのがあったので買ってみました。

wear0.jpg

要するにランニング用のインナーウェアですが、ショップブランドの製品なので、一流メーカー品よりずっと安い(3990円)ので目を引きました。ちょっとデザイン的には味も素っ気も無いですけど、
・持久力向上
・筋肉疲労軽減
・吸汗速乾
なんて謳い文句が書いてありました。

この上にウィンドブレーカーを着て走ってみましたが、走り出すと、内側はポリウレタン加工がしてあって、けっこう暖かく、2枚だけで今日の寒さでも大丈夫みたいです。

さすがに、坂道で汗をかいた後は長い間止まっていると、ちょっと寒くなります。

ランニングとサイクリング、使う筋肉は若干違うと思いますが、筋肉疲労を減らす効果はあるんでしょうか。
パンツもあるようですが、ちょっと防寒のことを考えると厳しそうです。

該当の記事は見つかりませんでした。