FC2ブログ

僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。
10

お尻の痛みには何が効く?

新しいロードに乗り換えてから、まともに乗ったのは僅か2日なのですが、早くもサドルのCorattecロゴが消えかけています。サドルが安物なのか、私の乗り方が悪いのか。

1209261.jpg

今まで色んな自転車に乗ってきましたが、サドルが替わっても、「お尻が痛い」、という問題に対する根本的な解決には至ることは有りませんでした。確かにお尻の形にピッタリと合ったサドルがあればそれに越したことはありません。

オーダーメードでサドルを作れば別ですが、そんな話は聞いたことがありませんが、それに近いのは皮サドルなんでしょうか。

昔、ランドナーに乗っていた頃、皮サドルを付けていました。初めて買った皮サドルは、イデアル90という、当時の自分としては高価なものだったのですが、乗りこなすうちに変形して、自分のお尻の形に合っていくせいなのか、知らず知らずのうちに、痛くても許容範囲の痛さに収まるようになっていくんですね。
真ん中がへたって反り返った無残な状態になってしまい止む無く処分してしまいましたが、今まで使った中で最上のサドルでした。もう手に入れることは難しいでしょうね。

次に使ったサドルは、ブルックスプロです。これは、今でも実家においてあるランドナーに付いていますが、はっきり言って硬い。皮を被ったプラスチックサドルの感触です。まさにお尻が擦りむけて痛くなる位で、使い始めの頃はプラサドルの比ではありませんでした。数年を経過した後も、あまり状態が良くなった訳ではありません。もっとも、皮製品ですから、品質にばらつきがあるのは当然だと思います。



それでも皮サドルを使うのは、ランドナーには皮の色合いと重厚さがピッタリと合うんですね。

言うまでもなく、ロードレーサーには、全く皮サドルは合わないです。
強いて挙げれば、細身のクロモリフレームには合うかもしれません。私の最初欲しかったラレーCR-Mとか。

お尻の痛みを防ぐ方法として、サドルを替える、パッドを当てるという物理的な手段、モノに頼る前に少し立ち止まってみようと思います。

痛みに座り方が影響することは間違い無いと思います。
長く走っていると、どうしてもサドルにベタ座りの状態になり、サドルに大きく重心が掛かります。
私の場合、ちょうど、尿道のに当たる部分が最も痛くなります。

ロードレーサーはランドナーよりもフレームが立っているため、必然的に前傾姿勢、サドルの重心が前に掛かりがちになるため、その傾向が強くなります。

また、タイヤの細い自転車に乗るときは、パンクを避けるため、衝撃を和らげるため、意識的にお尻を浮かせて走ることが必要な訳ですが、疲れてくると、どうしても脚の力が弱ってくるので、お尻を浮かせるという運動がおっくうになってきます。経験上、パンクをしやすい時間帯とお尻の痛くなる時間帯ってのは一致しているように思えます。

一日中、お尻を浮かし続けるなんて絶対に不可能なので、お尻を支える何がしかの力?を鍛え、お尻に負荷を与えない座り方、これを体得すればお尻の痛みは減るはずです。

脚力?腹筋力?背筋力?どれも自信が有りません。

この記事にある、「坐骨を立ててサドルに座る」という感覚が良く判りませんが、「お腹に卵を抱える」姿勢をすれば、確かにお尻の重心が後ろに掛かるような気はします。

この体勢を取り続けるのも疲れる訳で、たまにこんな体勢を取りながら、お尻の位置を替えるだけでも効果はあるのかもしれません。

お尻の痛みを軽減するのに、ベテランのロード乗りさんはどんな工夫をされているんでしょうか?

無理に変な所に力が入って、腰痛とか坐骨神経痛、なんてことにならないように気をつけながら、いいポジションを見つけていこうと思います。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。