FC2ブログ

僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。
6

ポタリングする時はどんなバッグが良い?

昔はランドナーに乗っていたので、フロントキャリアが付いていて、自転車で出掛ける時のバッグというと、そこに帆布製のフロントバッグをつけるっての基本だった。

ちなみに「帆布」という漢字を出そうとして、PCのかな漢字変換で、「はんぷ」と入れても出てこない。やばい、老化現象かとおもって、Googleで「はんぷ」と入れたら、京都のカバンやさんがヒットして、ほっとした。
もはや死語になりかけているんだろうか。

実家に帰ったとき、物置にボロボロになったカーキ色の帆布製フロントバッグが出てきた。
放置状態で、雨と汗?でカビのようなものが付いており、皮のベルトも劣化していて、使えるような代物ではなく、捨てざるを得なかった。

フロントバックの蓋の部分には、色んな峠やら観光地のバッチを勲章のように貼り付けていたものだ。
幾つかは振動で走っているうちにネジが緩んで外れ、無くなってしまったものもある。
それに懲りて、取れないようにボンドでネジを止めてあるがために、外したくても外れない。
確か、バッチは外してどこかに保存してあるはずだが、老化現象で、その場所が思い出せない。
(せめてバッグは捨てる前に、写真を写しておけば良かった。^^;)

横道にそれたが、自転車に乗るときのバッグは、背中に背負わない、というのが基本だ。
でも、昔と違って、一日中走るようなことが無くなったので、それほど気にする必要もない。

最近の自転車は、キャリアなんてものが存在しないので、背負うか、ハンドルやサドルに括りつける小型のものが主流のようだ。

1泊以上の旅なんてことがあれば、迷うことなくサドルバッグの登場だろう。
その昔、700Cロードでサドルバッグ+小型フロントバッグで2週間位の旅に出たこともある位、大型のサドルバッグは容量十分である。

私が今使っているのは、昔MTBを買ったときにおまけにくっついていた小型のハンドルにぶら下がるタイプのものだ。
替えのチューブ、携帯工具、ワイヤーロックを入れるとそれで満杯になる。

半日程度のポタリングに出掛ける時は、それに山用に買ったウェストポーチを巻きつければ十分である。
カメラ、携帯、ipod(地図)、財布、それからハンカチ、ティッシュをその中に入れる。

ところが、けっこう容量があり、間仕切りが無いので、カメラやらがバッグの中で折り重なってすぐに出したいものが出せない状態になってしまう。

ということで、いいものは無いかと探していたのだが、小型のショルダーバッグを買ってみることにした。
以前、スプルティーフに乗った同年輩のサイクリストがそんなバッグ1つで軽やかに走っていて、普段着っぽい格好でポタリングするには、ウェストポーチよりは似合っていそうに見えたからだ。

1202281.jpg

ベルトをちょいと短めにして、幼稚園児のようにタスキがけにバッグを背中にして乗るわけ。

判りきっていたことだが、やはり走っていると、バッグが体の前方にずり落ちてくる。
まあその状態でも走れないことはないが、気になるので、また後ろに持っていく、という動作を定期的にしなければならない。

でも、これは、間仕切りが付いていて、ポケットも幾つかあるので、バッグとしては使いやすい。
スポーツ走行には向いてないが、私のように50km程度ののんびり走行には荷物的にも丁度よい大きさで、普段の街歩きにも使える。

しかし、夏になると汗には弱いかもしれない...。まあ夏向けの素材ではないことは確か。

バッグだけ写しても、どんな大きさとか判んないかもしれないですね。^^;
※別に宣伝する訳ではありませんので、リンクは貼りません。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。