FC2ブログ

僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。
6

自転車も車検があるのです

6ヶ月間出番の無かったロード、そろそろ乗る準備を。

以前にも書きましたが、自転車保険(正確には個人賠償責任保険)が切れていたので、どうしようかなと思って調べました。

チームキープレフトという、NPOのような団体に加盟すると付いてくる保険、それから、俳優の鶴見辰吾が主宰するLEGONというサイクリングクラブに加盟すると付いてくる保険があるのですが、いずれも受付期間というか保険の開始期間が春と決まっているようなので、ちょっとタイミングが合いません。

保険会社の出している商品は割高っぽいなあ、と思っていたら、TSマークという、いわゆる自転車の車検みたいなもの(詳しくはこちら)を受けると、おまけで保険が付いてくるということを知り、まともな整備もしてないことを思い出し、最近近所に出来た、ロードも少し置いてある量販チェーン店に持ち込むことにしました。

地域や店によっては、ロードレーサーは受け付けてくれないという記事を目にしたのですが、このショップでは快く受け付けてくれました。オープンしたばかり、というせいもあるかもしれません。



約1時間後、取りに出向くと、お兄さんが「規定で、ライトとリフレクタの無い自転車は付帯保険に加入できないんですけど、どうします?」と訊いてくるので、止む無くライトとリフレクタを選んで付けることにしました。確かに付いてないほうが悪いですね。当たり前の装備をしていない訳ですから。

点検をしてくれたお兄さんによれば、あまり芳しくない状態で、ホイールのブレ、パーツの緩み、ディレーラーの調整の甘さがあったそうです。
思えば、英国から空輸されてきた品物を、ディレーラーの異音があったのを微調整しただけでそのまま乗っていた訳ですから、こんな状態でよくも半年ばかり乗っていたものです。全くいい加減な自転車乗りですね。

結局、パーツ代金が2400円とTSマークの点検(付帯保険含む)が1000円という訳で、少しばかりの安心を手に入れました。(もっと取られてもよいのかもしれません)

晴れて、TSマークを貼ってもらったマイロードは確かに変な異音もなく、軽やかに疾走しているような気がします。

保険はともかく、たまにはこうしたプロの点検を受けてみるべきなんでしょうね。

整備不良の自転車が引き起こす事故が増えれば、法定車検制度も出てくるのかもしれません。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。