FC2ブログ

僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。
4

春を探しに梅見ポタ

たまたま通りかかった愛知県の観光案内所、「いなざわまつり/3月2・3日」というビラが目に留まり、ちょっと寒そうですが、ポタリングに出掛けることにしました。

久々のミニベロ、Michel号の登場です。
やっぱりのんびり走るには、ロードよりこれが似合ってます。

上着をたくさん着込んだせいで、ゆっくり走っているのに、背中が汗ばんできます。しかし、相変わらず、北風は冷たく、向かい風の中を美濃街道に沿って、稲沢へ向かいます。濃尾平野の向こう側に見える伊吹山が、冠雪しているのが良く見えます。

会場になっている愛知県植木センターの近くには、「矢合(やわせ)観音」というのがあるので、行ってみることにしました。

ちょっとした門前町になっていて、植木やら、服やら、農産物を売っている店が並んでいます。ちらほらと参拝者がいますが、平均年齢は高めです。昭和の香りがする門前市です。

1303033.jpg

「観音」というと普通はお寺ですが、ここはまさに普通の民家の庭先です。
どういう経緯で、民家が観音様を祀ることになったのか、諸説があるようですが、この家のご先祖がこの辺りの領主であったことは間違いないようです。

大きなお宅の玄関みたいな感じで、入って良いものか迷います。

1303031.jpg

庭先にある井戸水は、江戸時代の昔から、万病に効くと伝えられているそうで、この日も何人かの人がペットボトル持参で何本もの水を手動のポンプでくみ上げて持ち帰っていました。

門前の売店では、持ち帰り用のボトルまで販売されています。

1303032.jpg

寒いとは言っても、風さえ吹かなければもう日差しは春の気配。
門前のイブキの木に繋がれているわんこもこの通り。

気持ち良さそうだなあ。

爆睡しているかと思いきや、通りかかった別の犬の鳴き声を聞くや否や、人、いや犬が変わったように飛び起きてけたたましく呼応しておりました。
しっかり仕事?してますね。お見それしました。

1303034.jpg

愛知県植木センターのまつりに行ってみます。
この辺りは、日本でも有数の植木産地であり、そうした産業向けの研修などをしている場所のようです。
去年訪れた農業センターのほど規模は大きくないですが、204品種と種類は多いようです。

ある程度、予想はしておりましたが、蕾は固く、当分咲きそうも無い顔をしていました。

唯一咲いていたのが、この早咲きの品種の1本のみ。「冬至」(とうじばい)という名の通り、12月位から咲き始めるそうです。

1303035.jpg

まだまだ寒いですが、一旦暖かくなったら、今年はとサクラ、いっぺんに開するんじゃないでしょうか。

本日の走行距離:34km

スポンサーサイト



4

サクラとウメ、どちらが好みですか?

午後から自転車に乗って名城公園に出掛けてきました。
お供は通勤用に使っているママチャリです。

鮮やかなピンクのサクラが咲いていました。「カンヒサクラ」と札が掛かっています。
漢字だと「寒緋桜」、その名の通りですね。

1203201.jpg

そのまま庄内川を渡って庄内緑地公園へ。
管理棟の近くに、見慣れた色のサクラが咲き始めていました。
よく見ると、ソメイヨシノとはびらの形が違うようです。「カンサキサクラ」という種類のようです。

1203202.jpg

1203203.jpg

園では、ウメのがほぼ満開でした。
サクラと違って注目度が低いですね。寒いせいもあってみている人がほとんど居ません。

の形だけを見ると、桜とと桃、の3つって区別って多分付けられないと思います。
、桜、桃、と咲く時期が微妙にずれているのと、代表的なソメイヨシノの白い色合いだけは区別がつくんですが、や桃がもう少し暖かい時期に咲いたとしても、この樹の下で日本人は宴会をすることはないんでしょうね。

なんでも、日本人は桜、中国人は桃、台湾人は、を好むようです。

ぱっと咲いてぱっと散る、潔さもいいですが、ウメののように人知れずとも咲き、黙って散っていく、孤高の美しさというか気高さもいいなあと思ってしまいました。

1203204.jpg

5

春を告げる梅、を切らぬ馬鹿?

何処か適当な距離でポタリングでも出掛けようと思っていたところ、名古屋市天白区にある、愛知県農業センターの「しだれまつり」がこの週末までというネット上の記事が目に止まり、出掛けることにしました。

同行のカミさんが、野菜が安いから買いたい、と言い出したので、デイパックを背負って出掛けることになりました。
ここでは、産直の野菜市場が開かれていて、TVでも紹介されたからだそうです。

しかし、前日の夜、ニュースを見ると、当日は、名古屋ウィメンズマラソン2012」の日なのです。名古屋市の中心部を縦断する、通称「環状線」が6時間近く封鎖されることになっており、目的地へ行くまでには、必ず越さなければなりません。封鎖開始は9時になっています。

9時までにコースを越えられたら良いなあ、と早めに出発です。歩行者は歩道橋や地下鉄の通路で渡るということも出来ますが、もし間に合わなければ自転車は通してくれるんだろうかと思いながら、自宅から、南東の方向へジグザクに走ります。

環状線の通っている桜山に着いたのは、9時3分ほど前、封鎖の準備に取り掛かろうとしているところでした。
しばらくの間、名古屋の街が東西に分断される訳ですね。ベルリンの壁みたいです。

そのままちょっとした坂道を越えながら八事へ抜け、飯田街道沿いに平針を経由して、農業センターに着いたときには、10時を少し回ったくらいでした。交通量が多くちょっと走りにくい道ですが、カミさんも赤いMTBに少し慣れてきたようで途中のアップダウンにも多少遅れながら付いてきています。

農業センターは想像以上の人出です。もはや駐車場待ちのクルマの列。こんなとき自転車はいいですね。
さて、目当ての「しだれ桜」は3分咲きと出てました。
老若男女のカメラマンがレンズを向けています。私もその仲間入り、と言っても数年前に買ったコンデジ(Lumix)ですが。

1203126.jpg

ちなみに、この団塊世代と思われるオッさん、熱心さのあまり、自分の構図に合わない枝をポキポキと折っているではありませんか。よく知りませんが、「サクラ折る馬鹿、切らぬ馬鹿」でしたっけ?これはそういうことを意識した上でやっているのか、ただ写すのに邪魔だからやっているのか、判りかねました。

カメラを十分に使いこなしていないのか、カメラの性能なのか判りませんが、被写体のピントがなかなか合いません。
最近の初心者向けデジイチでは、液晶モニタ上でピントを合わせたい位置をピッと触れるだけで、ピントを合わせられるようですが、そんな機能があるはずもなく、撮影モードを色々変えたりしてみても、モニタの中心にズーミングした花にピントを合わせることがなかなか出来ません。
以前、サクラを写しに行った時は、こんなことは無かったのですが、被写体が色鮮やかなに変わったことで、カメラも何にピントを合わせてよいの錯乱しているのでしょうか?(カメラのド素人が適当なことを言ってますね)

何枚も写した写真の中から、数少ないピントの合った(三脚なしなので手振れは出てます)写真。

しだれと言っても、ここには12種類のものがあるそうです。
素人目には、この3種類(ピンク、赤紫、白)しか判りません。^^;

1203124.jpg

1203122.jpg

1203123.jpg

1203121.jpg

デジイチが欲しいとも思うのですが、自転車で持ち歩くには重そうなのと、もう少し勉強してからのほうがよいと思って我慢してます。

少し遅めのようですが、春はもう少しです。
TVで慰霊祭等の様子を見ていると、まだまだ東北は寒いですね。
暖かい春の訪れが来ますように。遅ればせながら、黙祷。


該当の記事は見つかりませんでした。