FC2ブログ

僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。
6

早春の湖北路をゆく(1)

ようやく春めいてきた春分の日、まだ少し寒いかなと思いつつも、琵琶湖畔にポタリングへ出かけることにした。
先日、別の病院へセカンドオピニオンに出かけ、肩の具合は自転車に乗るには支障の無い状態ではあることを確認したのだが、一人だと暴走するからということで、今回はカミさんの監視付きである。

長浜の豊公園という、湖畔にある公園の駐車場にクルマを置き、午前9時にスタート。

予想した通り、風はまだ冷たい。3月末と言えども、琵琶湖周辺の山々は、まだ雪を被っている。滋賀県の北半分は近畿地方というよりは、北陸地方の気候に近いと言われている。

実際には、向こう岸に比良山地の残雪を残した山並みが見えるのだが、霞みが掛かっているうえに写す技量が伴わないのでインパクトが無いような写真になってしまった。浮かんでいるのは、西国三十三所観音霊場の一つ、竹生島。

こういう広い空は日常生活で見れていないので、心が晴れ晴れとしてくる。

1503211.jpg

綺麗なポイントで、写真を写そうと思っているうちに、パンクというアクシデントが発生。
久々のチューブ交換に手間取り、思わぬ時間ロス。
一気にテンションが下がってしまった。しかし、替えのチューブを持ってきていて助かった。^^;

カミさんのペースにあわせて、文字通りのポタリングで、折り返し予定地点の木之本に着いたのは昼少し前。
食事後に、北国街道沿いの町並みをぶらつくことにする。数年前にもクルマで来たことがある場所だ。

木之本のシンボルと言える木之本地蔵。伝承によれば、奈良時代の建立といわれる由緒あるお地蔵様。
眼病に霊験あらたかということで有名らしい。
賤ヶ岳合戦の際には、秀吉の本陣が置かれた、と書いてあった。

写真の銅像は明治時代のもので本尊の3倍の大きさに作られたものだそうだ。ちなみに本尊は鎌倉時代のもの。
日本三大地蔵の一つ、とのことだが、有名なお地蔵様というのは聞いたことが無い。

150321u.jpg

北国街道の町並み。古い商家が何軒か保存されている。
うだつのある町並み。電灯には各家の家紋入りだ。

150321s.jpg

創業嘉永5年と書かれた醤油屋さんがあり、店内には古い調度品や醤油樽が色々と置かれてあった。
木製のレジスターというのは初めて見た。
醤油は残念ながら買えないので、珍しいしょうゆ味のラスクを購入。香ばしい醤油の香りがして美味だった。

150321t.jpg

続きは次回。

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。