FC2ブログ

僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。
4

東海道を東へ(2)

前回の続きです。

岡崎市内に入ると、東海道は「27曲がり」と呼ばれるくねくね曲がったルートになります。八丁味噌蔵のある通り以外は主に道標のみで、特別に町並み保存地域があるわけでもないようですので、角の度に止まって地図を確認するのが面倒になって、直ぐにパスしてしまいましたが、この場所だけは見ておきたかったので、立ち寄りました。

岡崎信用金庫の資料館として使用されていますが、旧岡崎銀行(のちに東海銀行と合併)本店として大正6年に立てられたルネサンス様式、レンガ造りの近代建築です。東京駅を設定した辰野金吾氏の弟子である鈴木禎次氏の設計。時代を象徴する、坂の上の雲みたいな建物ですね。

1405301.jpg

岡崎市内を抜け、藤川宿に入る所の松並木も見事に保存されています。
炎天下の中、木陰がうれしいつかの間の区間です。

1405302.jpg

山中、本宿と名鉄名古屋本線にそってR1と旧道を交互してしばらく走ります。きつい坂ではありませんが、上り坂がしばらく続くこの辺りが愛知県内の東海道で一番標高の高い場所のようです。
関屋という交差点を右に折れると、今回のルートで唯一古い町並みが残っていると言われる旧道のエリアに入ります。
地図で目印にしていたビデオショップは跡形もなく無くなっていましたので、地名板が無ければ見失うところでした。

この後は下り坂が続くはずです。赤坂宿はポツポツと古い町並みが残っているな、と思ってスピードを緩めていたら、突然こんな建物が目に留まりました。

有名な大橋屋という旅籠です。案内版もそっけないものが置かれているだけなので、見落とす所でした。
店先の部分だけ開放されているようなので、入らせて頂きました。

1405303.jpg

後で調べたら、この宿屋はまだ現役で使用されているようです。
また、芭蕉が宿泊し、句を読んだともいわれている創業江戸中期とされる宿、ということで驚きです。

ohhashi.jpg

この宿は庶民が泊まるようないわゆる商人宿だそうです。
映画で寅さんが泊まっていた宿もこんなスタイルが多かったような気がします。
上がり框のところに置いてある火鉢が渋いですね。

ohhashi2.jpg

街道沿いには、ランドマークになる巨木も幾つか見られました。遠い昔から、こんな暑い日に旅人が涼を取る場所だったことでしょう。私も木陰でちょっと一服です。

左は藤川宿と元宿と間の山中(地名です)にある山中八幡宮のクス。幹周り6.6m。
中は赤坂宿にある関川神社のクス。幹周り7.3m。

mikawa_tree.jpg

有名な御油の松並木。国の天然記念物に指定されている通り、距離が長く本数は多いのですが、密集度が低いため、木陰があまり無いので、徒歩や自転車の人にとっては有り難味が今一つです。

1405305.jpg

けっこう古い建物とかがあったりしたのですが、暑くて下りて面倒になってくる始末です。
たぶん30度を越えているんではないでしょうか。
御油宿を過ぎた後は、特に見るべきものもないと思い、ひたすら交通量の少ない道を選んで豊橋までひた走ります。

豊橋はどこをゴールにしようかなと思ったのですが、東海道吉田宿の東入り口にあったと言われる東惣門の復元ミニチュアがあったので、これで本日のランの終わりとしました。かつてはこの門は夜間閉鎖されており、番所があったそうです。

1405306.jpg

豊橋駅からJRで輪行。輪行袋を目の届く場所に置ける、かつ確実に座れるという条件を満たすために、普通電車を使い、ゆっくりと2時間半かけて名古屋まで帰ります。
2週続けてのせいか、暑さのせいか、先週より距離は少ないのにずっと疲れました。

本日の走行距離:80km



スポンサーサイト



7

琵琶湖を見に行きます(3)

またまた前回の続きです。
摺針峠を短い急坂を下りきると、国道8号線(R8)に合流します。
まもなく、旧道の入り口があり、中仙道鳥居本宿に入ります。鳥居本という地名、京都の嵯峨野にもあり有名ですが、こちらは特別な観光資源もないせいか、ひっそりとしています。

ここはすでに行政区分で言えば彦根市なのですが、かつてはこの辺が彦根の中心地でした。
かつてといっても、400年以上も前の話、関が原の戦いの勝者である徳川家康の譜代である井伊直政が、敗者である石田光成の領地であったこの地にやってくる前のこと、この町は、中仙道の宿場であると同時に、佐和山城の城下町としても栄えたようです。

敗者の痕跡は勝者によって徹底的に破壊されるのが世の慣わし、佐和山城の替わりに、今の彦根城が作られ、城下町の中心も湖側へ移りました。彦根城の石垣は佐和山城のものを使っているというのは有名な話ですね。

豊臣家に対して義を貫いて破滅した石田光成、替わってこの地を治めた井伊家から、300年後、井伊直弼というある意味、幕府に対して義を貫いた人物が出てきた、というのも皮肉なものですね。
ともに評価の分かれる人物ですが、歴史の分岐点で同じような立場に置かれ、非業の死を遂げる、判官びいき、という訳でもありませんが、ともに嫌いな人物ではありません。

鳥居本宿はさすがに町が消え去ることはありませんでしたが、町の賑わいからは取り残された、のでしょう。古い昔ながらの町並みが残っており、その中でも特に目立つ、要塞のような立派なお屋敷が現れました。

140524h.jpg

このお宅は、有川家といって、「赤玉新教丸」という薬を350年も前から製造し、現在も製造・販売を続けているらしい名家です。明治天皇行幸の際の休憩所として使用された、とあるから、かつてからこの町を代表する家であったようです。公開はされていないようですが、ここだけタイムスリップしたかのように昔の店が再現されています。

140524i.jpg

赤いポストもまだ現役で、1日1回集配にくるようです。

toriimoto.jpg

140524k.jpg

R8沿いを走っている近江鉄道の駅舎、昭和初期に立てられたままのレトロな味わいの建物です。

この近江鉄道、略して近鉄、とは関西の人も言わないようですが、全国一の私鉄である近畿日本鉄道よりも歴史は古いのです。西武グループのオーナー堤氏の出身地という縁で、随分昔に西武グループの一員になっています。

私も随分と昔に一度だけ乗ったことがあります。
並行して走っているJRの2倍の料金、しかも本数も少なく遅いので、乗る必要は無いですが、あくまで話のネタにです。
車内はなぜか東京や埼玉の広告が載っていました。西武鉄道のものをそのまま持ってきて使っているんでしょうね。
ネットで見ると、今も同じみたいです。
経営努力のなか、地域の貴重な足として利用され続けています。サイクルトレインを実施しているらしいですね。

140524j.jpg

toriimoto2.jpg

ということで、琵琶湖畔にたどり着き、彦根市内をぶらぶらして帰途につきました。
潮の香りはしませんが、これだけ見ると海の景色ですね。

140524l.jpg

新しいタイプの輪行袋への詰め込みは予想外に時間が掛かりました。
説明書を見ながら約40分。どうも詰め方も下手くそでいびつな形状で自立できない有様です。
目の前で電車が出発して30分以上もホームで待つ羽目になりましたが、目一杯に体を動かした充実感がありました。

走行距離:116キロ

5

魔法のジュータンに乗って

ここのところ、多くの距離も走れないので同じ場所ばかり走っていてマンネリ化気味です。
そこで、サイクリストの「魔法のジュータン」に頼ることにしました。

随分前のランで、落とした?(盗まれた?)ために、かれこれ自転車に乗り始めて、えーっと、指折り数えて、4代目の輪行です。

1代目は、高校時代に買った帆布製の重くて大きなものです。前輪をホーク毎抜いて、ハンドルも外し、後輪も外す古典的なやり方のものです。これを片方の肩に、もう片方の肩にキャンピング用の帆布製バッグを2つとフロントバッグを1つ抱えて駅の階段を上り下りしてました。当時は、駅前で組み立てをしているとギャラリーができました。

2代目は、大学時代に買ったロード(スポルティフ)用の縦型のナイロン製です。ホークは抜かずに、前輪のみ抜いて入れます。後輪は抜くので、収納サイズとしては、1代目のものより大きくなり、袋のサイズも比較的ゆったりしていたので、いい加減な入れ方でも入ってしまうので、ずぼらな私にはぴったりのものでした。ランドナーもこれに入れてましたが、ブカブカの状態で、路線バスや飛行機にも持ち込んだ結果、フレームは傷だらけになりました。最も使い込んだのがこの袋です。

3代目は、前回なくしてしまったナイロン製の軽量輪行袋です。これは入れ方がもっとアバウトで、前輪こそ外しますが、ハンドルも後輪も外さず、バンドで一体化して上から自転車カバーをすっぽり被せる、といったものです。まさに10分も掛からず持ち込み準備OKです。ただし、出来上がりサイズは、使っていたミニベロでさえ、かなり大きくなるので、乗車率の高い電車は避けるか、乗客の冷たい視線を終始浴び続けることが必要です。

これ(写真)が4代目です。ちょっとサイズが判りにくいかもしれませんが、今まで使った中で最小サイズ。ボトルより小さいです。こんなコンパクトに収まるということは素材の薄さが不安になります。収納サイズも小さいので、しっかりと固定することが必要なので、初めて、リア変速機のガード用の小物を使うことにします。

タイオガ製。本体とリア変速機用ガード小物で税抜き4440円、税込5000円以上だと送料無料なので、スプロケットカバーを買って5071円でクリアです。せこいですね。軍手で代用できそうなので、フロントフォーク用のガード小物は止めときました。

P1060677.jpg

早ければ今週の土曜日、使うかもしれませんが、一度も練習しなくても大丈夫かなあ。
まあ、出来上がり写真か説明書を持っていけばなんとかなるでしょう。

3

しょうもないサイクルメーターの話

去年の今頃、付けたままの状態で、輪行袋に収納したせいだと思いますが、サイクルメーターがお亡くなりになってしまい、
以後は、アナログな本能でスピードと距離を計測しております。

まあ、心拍を図ったり、スピードを競ったりするような走り方をしておりませんので、無ければ、無いでどうってことも無い
訳で1年を経過しました。
とりあえず、数ヵ月後に、近所のショップで、最低限の機能が付いているBBBの特価品を1300円で買ってきたのですが、そのまま放置してあります。

その理由は、というと、
付けるのが面倒、というものぐさな性格もあるにはありますが、
もうひとつ、組み立てを間違えてしまったという理由があります。

この機種は、ハンドルバーかハンドルポストの何れかに付けることができます。
サイクルメーター本体のアタッチメントと取り付け部をはめる角度によって、どちらに付けるかが決める訳です。

120615.jpg

何も考えずに、説明書も読まず、仮り止めのつもりで、

パチッ、

と付けたら、もう外れないんですね。
かくして取り付け位置が、ハンドルポストに決まった訳です。

輪行をするとき、車体をひっくり返すと、どうしても、サイクルメーター本体を外してもこのアタッチメントが突起になるわけですね。まあ、軍手か何かで保護すれがいいのかもしれませんが、据わりが悪そうです。

ひっくり返す方式でない輪行袋にすれば問題ないのですが、このひっくり返し方式のほうが、輪行の手間がずっと楽なんですね。エンドと変速機の保護具も要らないですしね。

どうでもいいことですが、ものぐさ太郎の言い訳でした。

6

輪行袋を盗まれた?

ゴールデンウィークと言っても、真ん中に出勤日があるわけで、3連休と4連休が2つあるに過ぎないのですが、
それでも、自転車に乗るにはちょうど良い気候なので、いつものポタリングコースに出掛けることにしました。

美濃路は、今までに途中までは幾度も走ったことがあるし、起点から終点まで歩いたこともある道なので、コースはくねくねして途中で見失いそうになる箇所もいくつかあるのですが、迷うこともなく快適にペダルを回します。

昨日のようにカンカン照りというほどの強い日差しでもないものの、長袖のTシャツ1枚でも汗ばむほどの陽気です。

2時間ほどで墨俣(秀吉の一夜城で有名な町です)に入り、11時を少し回った位で、ちょっと早いですが、日曜でもランチをやっているすし屋に入ります。
にぎり寿司とうどん、野菜サラダ、それに食後のコーヒーが付いて790円、とリーズナブルです。
回っている寿司屋でなく、職人さんが握ってくれるすし屋なので、まあお値打ちだと思います。

1204291.jpg

木曽川、長良川、そして揖斐川と、いわゆる木曽三川を渡り、大垣の町に入ります。

大垣の中心部を流れるお堀に巨大はコイが群れをなして泳いでいるのをしばらくの間、観察していると、ボスのような巨大なコイを追いかけて、何匹かのコイが時折、バシャバシャと音を立てながら群がっているようです。まるで1匹のメスを狙ってオスが奪い合いをしているようにも見えました。求愛行動のひとつなんでしょうか。

1204292.jpg

奥の細道の終焉の地近くには、確か展示館があったのを思い出し、そこのトイレを使わせてもらおうと、その建物に入ります。展示館は無くなっていたのですが、公的な建物のようなので、トイレだけ使わせてもらい、ルートを進めます。

今日の予定は、美濃路の終点である垂井まで走り、ゆっくりと輪行で帰るつもりだったので、まだ十分な時間があります。
そこで水分補強をしようと、視線を下に落としたときのことです。

へ?輪行袋が無い?


この日、自転車から離れたのは、さきほどのトイレと昼食の場所だけのはず。
とりあえず、トイレを使った場所に戻りますが、あるはずはありません。その時、輪行袋は外した覚えはありません。
とすれば、昼食を取ったすし屋か?でもその時は、たしか輪行袋は外したはず。店に置き忘れたか?

こうなれば、いずれにしても復路も走るしかありません。
最短距離のルートで走り始めると、ふとあることに気づきました。途中で写した写真で落とした場所が判るはず、と。
写真を自転車入りで写すことが役立ったわけです。しかし、残念ながら、最後の写真まで輪行袋は写っています。

途中で落とした可能性もありますが、最後の写真から後はそれほど距離もなく、振動の加わるようなダウンヒルも無いし、多少の振動で落ちるような状態ではないので、多分僅かな時間で、盗られた可能性が高そうです。

結局、来た道は引き返さざるを得ません。ほぼ同じコースを引き返し、疲れが文字通り倍増。

しかし、まあ、輪行袋だけ取っていくなんぞ、サイクリストにそんな奴がいるとは思いたくないですが、輪行袋と知って持っていったのでしょうか。

自転車から離れるときは荷物に気をつけましょう。
いざ帰ろうと思ったときに、その手段が無いショックは大きいです。

でも、行った先で自転車を盗られた、もしくはタイヤの片方だけ盗られた、とかに比べれば、ましですね。
(いずれも経験なし)

それにしても、80キロ以上の距離を走ったのは何十年ぶりでしょうか。はあ、疲れた。


該当の記事は見つかりませんでした。