FC2ブログ

僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。
2

PCを買いました

台風が過ぎ去って、すっかり秋の様相です。
ロードレーサーに乗らなくなって半年、なんだか自転車ブログでは無くなってきましたが、またパソコンのことを書きます。

カミさん用に買ってあった、Dellの古いノートパソコンがまともに動かなくなってきました。

2年ほど前に1回、そしてまた今回も、一度中身を全部クリア、出荷状態に戻してからインストールし直してみます。しばらくは調子がよかったのですが、「WindowsUpdate」なるものが次から次へ実行され、日に日に反応が鈍くなり、元の木阿弥です。

WindowsUpdateをしない、という設定をしていても、画面には毎回必要に「アップデートの準備が出来ましたここをクリック」の表示は出てきて、根負け

やたらにどのメーカーも、WindowsXPは来年の4月からは使えなくなります、と買い替えが義務みたいな宣伝をしています。スマホに押されて、パソコンの売り上げが随分と落ちているようなので、必死ですね。

でも、EXCELやWORDをたまに使うくらいの用途の人は何も困らないはずです。でもインターネットにつないで、色んなサイトを見ようとすると、セキュリティがなんのかんの、とWindowsUpdateのみならず、ほかのソフトもアップデートが余儀なく必要とされるページが増えています。

ウィルスを作っているのは、いったい誰なんでしょう。
ウィルス対策ソフトのメーカー、M社の「新らしいパソコンに買い替えさせるための自作自演」なんてことが無いと良いのですが。



前置きが長くなりましたが、結局、選んだのは、WindowsRTという奴です。
メーカーはNECですが、多分、最近提携したレノボ(中国)製でしょう。

どうのこうの言って結局、M社の製品かよ、と言われそうですが、なんで選んだかというと、
・とにかく安い。(売れないので値崩れして、3万5千円前後)
・Office(Excel、Word、Powerpoint、OneNote)が付いてこの値段。(通常はこれだけで3万5千円はする)
・キーボードが付いているのに薄い。
・バッテリーの持ちがよい。(公称10時間)
・作られたのは中国かもしれないけど、日本メーカーのブランド。

本当ははやりのAndroidタブレット、もしくはiPadにしようと思ったのですが、
・Office(Excel)が使えないのは嫌だ。
・キーボードがないと使いにくいので嫌だ。
・Windowsに慣れているから全く違うのはまた覚えるのが嫌だ。
というカミさんの反対にあい、私も、Androidはスマホでそこそこ慣れてきて、その欠点も見えてきたので、値段の安さに引かれて結局、Windowsの軍門に下ることになりました。

もっとも良いことづくめではないので、欠点も上げておきます。
・キーボードが付いていても、WindowsRTの画面操作(Windows8とほぼ同じらしい)とは違う部分が多いので、慣れるまで少し時間が掛かる。
・メールの設定が面倒。(ブラウザでメールを見る、Webメールしか使えないので、メールアドレスを取り直してそれに変えるか、メールを転送して見るように設定する必要あり)
・従来のWindowsのソフトは使えない。(メールとホームページ閲覧など用途が限られている人は問題なし)

この機械が壊れて使えなくなる日と、WindowsUpdate攻撃によってWindowsRTが使えなくなる日はどちらが早いのでしょうか?

ちなみにこのノートパソコンは、中身を全部消してLinuxに置き換えるつもりです。
ネットさえ見れればよいという人には十分使えることでしょう。


スポンサーサイト



0

突然動かなくなったPC

週末の夜、寝る前にいつものようにPCの電源を付けたら、妙に起動が遅い。
やっと立ち上がったと思ったら、権限がどうのこうので読めないだの、いくつも見たこともないメッセージがいきなり出てきて、半分くらいのアイコンしか表示されない。
再起動すると、ますます状況はひどくなるばかり。
どうやら、少なくとも、Windowsが起動する時に使うシステム領域がぶっ壊れたらしい。

WindowsVISTAから7にアップグレード、色々なソフトをインストールしては消しを繰り返した結果なのか、妙なウィルスかトロイの木馬に感染されたのか、良く判らない。こうなっては原因を調べる術も無い。

昨年の暮れに、外付けのハードディスクを付けて、定期的に重要なデータだけはバックアップしてあったので、もう1台のノートパソコンに繋いでデータを取り出すことはできる。

しかし、メールの文書などはバックアップの対象にしていなかった筈だ。何のためのバックアップだったんだと思いながら、少し前に作ったUSBメモリのことを思い出す。
この記事でも書いたが、なんとか立ち上げることができれば、バックアップ対象の中に加えることができる。

USBメモリを差し込んで、PCを起動、すると、Windowsの入っているディスクはきちんと読めるではないか。
以前、本当にぶっ壊れたときは、ディスクすら全く読むことができなかった。
また、今回は、ハードディスクの区画を3つに分けてあるので、Windowsの入っているCドライブ、それもWindowsそのものが壊れて起動出来なくなっているだけのようだ。
安心して、メールの文書、それから、ituneのライブラリをコピーしてバックアップデータの中に放り込んだ。

DVDを差し込んで、Windowsを再インストール。それから、あらかじめ入っていたソフトをインストール。
日曜日、半日ほど掛かったが、なんとか元に近い状態に戻せた。やれやれ。

1202131.jpg

バックアップは大切ですね。
ハードディスク自体に異常はないようなので、Windowsが壊れてしまったようです。
自分のパソコンでは、こんなケースは初めて遭遇しました。
災難はいつやってくるか判りません。

高価なバックアップソフトを買う方法もありだと思いますが、教訓としては、

・ハードディスクの区画は分けること
(①Windowsとプログラムの部分②データの部分)
・重要な部分のバックアップは、物理的に別のハードディスク(又は別のメディア)にとること
(時間が掛かるので、プログラムはとらない)
・再起動できる手段(CD-ROMかUSBメモリ)を作っておくこと


これさえ守っておけば、最悪の事態は免れそうですね。
復活したPCで今この記事を書いてます。
ああ助かった。^^;

該当の記事は見つかりませんでした。