FC2ブログ

僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。
0

突然動かなくなったPC

週末の夜、寝る前にいつものようにPCの電源を付けたら、妙に起動が遅い。
やっと立ち上がったと思ったら、権限がどうのこうので読めないだの、いくつも見たこともないメッセージがいきなり出てきて、半分くらいのアイコンしか表示されない。
再起動すると、ますます状況はひどくなるばかり。
どうやら、少なくとも、Windowsが起動する時に使うシステム領域がぶっ壊れたらしい。

WindowsVISTAから7にアップグレード、色々なソフトをインストールしては消しを繰り返した結果なのか、妙なウィルスかトロイの木馬に感染されたのか、良く判らない。こうなっては原因を調べる術も無い。

昨年の暮れに、外付けのハードディスクを付けて、定期的に重要なデータだけはバックアップしてあったので、もう1台のノートパソコンに繋いでデータを取り出すことはできる。

しかし、メールの文書などはバックアップの対象にしていなかった筈だ。何のためのバックアップだったんだと思いながら、少し前に作ったUSBメモリのことを思い出す。
この記事でも書いたが、なんとか立ち上げることができれば、バックアップ対象の中に加えることができる。

USBメモリを差し込んで、PCを起動、すると、Windowsの入っているディスクはきちんと読めるではないか。
以前、本当にぶっ壊れたときは、ディスクすら全く読むことができなかった。
また、今回は、ハードディスクの区画を3つに分けてあるので、Windowsの入っているCドライブ、それもWindowsそのものが壊れて起動出来なくなっているだけのようだ。
安心して、メールの文書、それから、ituneのライブラリをコピーしてバックアップデータの中に放り込んだ。

DVDを差し込んで、Windowsを再インストール。それから、あらかじめ入っていたソフトをインストール。
日曜日、半日ほど掛かったが、なんとか元に近い状態に戻せた。やれやれ。

1202131.jpg

バックアップは大切ですね。
ハードディスク自体に異常はないようなので、Windowsが壊れてしまったようです。
自分のパソコンでは、こんなケースは初めて遭遇しました。
災難はいつやってくるか判りません。

高価なバックアップソフトを買う方法もありだと思いますが、教訓としては、

・ハードディスクの区画は分けること
(①Windowsとプログラムの部分②データの部分)
・重要な部分のバックアップは、物理的に別のハードディスク(又は別のメディア)にとること
(時間が掛かるので、プログラムはとらない)
・再起動できる手段(CD-ROMかUSBメモリ)を作っておくこと


これさえ守っておけば、最悪の事態は免れそうですね。
復活したPCで今この記事を書いてます。
ああ助かった。^^;

スポンサーサイト



0

USBLINUXを日本語化する

前日の記事の続きです。

どうにも判らないので、LINUXのフォーラムで質問してみたら、教えてくださる方がいました。



USBに書き込むときに使うこのソフト、非常に優れものですが、英語版しかないので、あまり考えもせず、実行していたのですが、Step4のところのPersistentという単語の意味が判っていればよかったわけです。
Persistent=持続する、つまり書き込んだ状態を保持するという意味のようです。
4GBのメモリのうち、残りこれだけの量が自分用で使えるようです。

早速、LINUXを日本語化する設定をします。
日本語表示も入力も、Googleで検索したら、簡単に出てきました。

ちょっと使ってみましたが、なかなかの優れものです。
変なウィルスチェックやアップデートが勝手に走らない、ので快適な速さです。
でも、こうやって書いておきながらいうのも変ですが、LINUXが普及してウィルスも多くなると、Windowsと同じ道を辿ることになるので、あまり広がらないほうが良いですね。

パソコンが最初に壊れる場所は、大抵はハードディスクです。ハードディスクが壊れても、このメモリさえあれば、ハードディスクよりも高速な処理速度で使えます。
自宅のノートパソコン、何年使えるか挑戦してみようと思います。

0

USBからパソコンを起動させる

ここのところ、日曜の度に雨が降ってます。せっかく復活したMTBも試運転できずじまいです。

日曜日は、半日家にこもってパソコンいじりです。

5年前に買ったノートPCの動きが相当悪くなってきました。
起動してから、使えるまでに5分~10分位かかる遅さです。
そろそろ寿命かなと思いつつも、飽きっぽい持ち主が次から次へとソフトをインストールしては消しての繰り返しを続けているのも原因の一つと思われます。

ある休日、半日掛けて、全てのソフトを消去してインストールし直しました。
少しは軽くなったので、当分大丈夫だとは思いますが、いつ起動ができなくなるのか判りません。

というわけで、前から気になっていたLINUXのUSBブートに挑戦することにしました。
つまり、ディスクが立ち上がらなくなったPCをUSBから起動して、中身を救い出す手段です。
それと、あわゆくばハードディスク無しでパソコンが使えるかの実験も兼ねてです。

11110602.jpg

USBのフラッシュメモリは、4GBが1000円以下で十分買えるようになってきました。
http://ryusai-hp.web.infoseek.co.jp/install-ubuntu-from-usb.html
このページを見てその通りにやったら、いとも簡単にUSBからLINUX(UBUNTU)が起動できました。

DellのノートパソコンではWindowsと比較すると、驚くべき速さ、1分位で起動できました。
もう1台のデスクトップパソコンのほうが性能はいい筈なんですが、なぜかノートよりは時間が掛かってます。
ちょっと触ってみると、Windowsに似せてある感じで、違和感なく使えます。おまけにExcel、Wordの互換ソフトも入っています。
それと、なにも設定してないのに、インターネットまで繋がっています。

11110601.jpg

これは良いです。
ハードディスクの壊れたパソコンでも、ハードディスクより早いスピードで使えるし、普段、自宅ではインターネットを見るだけの使い方しかしていなければ、十分だと思います。
マイクロソフトの嫌いな人、パソコンにお金を掛けたくない人は選択肢として、あり?だと思います。

ただし、
このやり方で動くのは、英語版なので、さっぱり詳しい使い方が判りません。
でも、おそらく日本語にする方法も見つかると思います。いま調査中です。

このカテゴリーに該当する記事はありません。