FC2ブログ

僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。
0

大阪城の遺構を歩く(2)

(前回の続き)

大阪城の空堀跡に沿って東西に伸びている「からほり商店街」を東に向かって歩きます。

「からほり商店街」は空堀そのもののルートよりは、少し北側を通っているものと思われます。
というのは、空堀商店街の北側も南側も坂道になっていて、堀の底というよりも、尾根道を通っているような地形になっているからです。

もっとも、この坂道というのは、大阪城を作るときに、瓦を焼くのに使われた大量の土を掘削した跡がこの辺りにあったとも言われており、人工的な地形も交じっているからさらに複雑です。

しばらく進むと、下り坂の傾斜があり、北側に小さなグラウンドのある公園、清水谷公園に出ます。この公園の北側に数メートルの石垣のような段差があります。
この段差にある石垣は、そのまま空堀のあと、という訳ではないと思いますが、真田丸のすぐ横に位置し、戦略上、重要な位置にあり、冬の陣で勇猛果敢な戦いぶりを示した木村重成が守った場所と言われています。

2016123013.jpg

この道は真田丸の跡と言われている真田山の丘と清水谷公園のある丘の間を通っている窪地になっていて、これが空堀の跡というのが自然な考え方ではないかと思います。

空堀のあとと思われる道を道なりに進んでいくと、下り坂になり少し大きな通りに出ます。長堀通りです。
通りの北側には、おそろしく急な上り坂、そのまま、大阪城の外堀に至る台地に続く段差になっています。

2016123018.jpg

後で調べてみると、この長堀通りは、長堀川という運河の跡にあたるそうで、有名な心斎橋はこの川に架かっていた橋とのことです。
空堀と長堀川の関係はいまひとつよく判らないのですが、長堀川の掘削は1625年ということなので、この辺りは空堀の一部を利用して長堀川が掘削されたみたいです。

空堀を歩く

真田丸の方向からそれてしまったことに気づき、Googleマップで軌道修正します。
長堀通りを南に横切ると、再び上り坂、真田丸があったと言われる、真田山に上がっていきます。

この辺りになってくると、私と同じように、真田丸目当てに歩いている人たちを見かけるようになります。

坂を上りきると、明星学園高校のグランドがあります。この辺り一帯の丘が真田丸のあった場所と言われていますので、歩いてみて、大阪城から孤立した台地のうえに立っていた出丸、前線基地ということが良く判ったような気になりました。

明星学園高校の壁にはこんな壁画があったりします。

真田信繁(幸村)の墓がある心眼寺は、けっこうな人がいました。門扉に六文銭のあるお寺です。

2016123010.jpg

幸村の銅像と、大阪城まで続くと言われる抜け穴がある三光神社は、有名な観光スポットになっていました。
お守りを買い求める人の列に並び、私も「勝」の文字が刻まれたものを買いました。

2016123016.jpg

この後、長堀通まで戻り、地下鉄に乗って、大阪城公園の北側にある駅から天守閣まで歩いたものの、年末ということもあり、天守閣には上がれませんでした。それにしても、大阪城の外国人比率には驚きます。日本人より多いかもしれない。^^;

2016123021.jpg

タモリではないが、高低差を足で感じながら、歴史を感じながら歩く旅、いや散歩もなかなか面白いものです。

スポンサーサイト



0

大阪城の遺構を歩く(1)

久々の書き込みです。何か月ぶりのことでしょうか。

夏に起こしたもらい事故以来、ほとんど自転車には乗れず、せっかくの週末も出かけずじまいのことが多くなってしまったこともあり、ブログを書く気にもなかなかなれず、書き込みが止まっていました。

おまけに12月に入った頃から、原因不明の頭痛が続き、まったく2016年後半は酷い1年に終わりました。
その1年の締めくくりに、ほぼ年末恒例になっている関西方面への小旅行に出かけました。

大河ドラマ「真田丸」の影響で、その遺構が見たくなり、行先は大阪となりました。

今回の起点は、近鉄上本町駅。初めて下車する駅です。大阪というと、平坦な町、というイメージを勝手に持っていたのですが、「真田丸」が作られた目的を知り、そうではないということを知りました。ネット上に転がっていたデジタル標高図です。

osaka_map.png

つまり、大阪は上町台地という南北に延びる半島状の台地の両側に広がった町ということです。縄文時代のころは、上町台地以外は完全に海の上で、その後も、大雨が降れば水浸しになる湿地帯でした。難波とか浪速とかの地名が残っているのはそのためだったんですね。

半島の北の先っぽにあるのが大阪城になります。北側は、大川(旧淀川)という天然の要害、東西の両側は湿地帯が広がっていて攻め込みにくく、唯一陸地が続いている南側が入口ということになります。
この場所はかつては、信長を苦しめ、最後まで落とせなかった石山本願寺のあった場所でもありました。信長が攻めあぐねた場所を、それを引き継いだ秀吉は、守るための防御に知恵を絞ることになります。

城の南側に巨大な空堀を掘ったのもそのためであり、また、さらにその城を守るために、知恵を絞った真田幸村が編み出したのが、集約して入口を狭くして、効率的に敵を迎え撃つために作った砦が「真田丸」ということになります。

今回の小旅行は、その「真田丸」跡を訪ねるのと、南側の防壁としてその前から存在していた南惣構堀(通称「空堀」)跡をめぐるというものになりました。コースを決めたのはその前ですが、少し前にNHKで放送されていたブラタモリで紹介されていた場所と同じような場所になってしまいました。



井戸のある広場。文字通り、大阪のおばちゃんが井戸端会議中でした。



空堀周辺は東西だけではなく南北にも起伏があり、非常に複雑な地形となっています。実際に歩いてみて、地形がはっきりとわからないというのが本音のところです。

主に商店街の南側には、こんな急な坂道が細い入り組んだ路地に続いています。









空堀のあと、ということは無いかもしれませんが、商店街の裏側がこんな風になっている箇所もあります。



この辺りは、空堀の跡の他に、地形の窪み、それから、大阪城の瓦を焼くために土を掘った後の窪みがあったとも言われ、その境目がはっきりしていないようです。

坂道と段差にばかり気に取られて、商店街の写真を写すのをすっかり忘れていました。古い建物がさほど残っている訳ではありませんが、下町の活気ある、なかなかいい感じのアーケードでした。何よりも、変わっていたのは、アーケードの商店街が坂道の中を延びているという風景でした。私の記憶の中では見たことがありません。

このあと、商店街を東の方向に進んでいくと、真田丸のあったといわれる場所に出ました。

長くなってきましたので、次回に続きます。

2

師走の京都を歩く

今年も暮れようとしている。月並みな話だが齢を重ねる度に月日の経過が早いというのを実感する。

師走の京都に行ってきた。今まで行ったことのない場所をあちこち巡る特に目的もない小旅行。

何度か京都には来るのだが、行く場所はなかなか尽きることが無い。
自分の住む名古屋と比べて、中高生のようにどっちが田舎だ都会だと論じてみても仕方が無いが、街の立派さや人口の多さだけで都会ということはない、ことだけは感じる。

休日、閉館後、と今まで2回も訪れながら入れなかった二条城は、広い敷地内を歩き回っただけで疲れてしまった。
一言で言ってしまえば、徳川家が、朝廷および京の市民に対して、権威を見せ付けるために作ったお城である。しかし、徳川家がここを使ったことはほとんど無く、江戸時代末期の2代の将軍がここを訪れ、幕末に朝廷に呼び寄せられる形で攘夷の宣言に230年ぶりにやってきた家茂、この場所で大政奉還をして徳川家の歴史を閉じた慶喜、と徳川家衰亡のイベントの舞台となったのは皮肉なことだ。

1512190.jpg

次に訪れたのは、妙心寺。龍の天井画を見るためだった。一昨年訪れた建仁寺はやたらに天井画を宣伝していたのだが、いざ見ると、確かに迫力はあるのだが、21世紀になって書かれたものと知り、少し興ざめしてしまった。

ここ妙心寺の境内は誰でも入れるが、龍の天井画のある法堂はガイド付きで観覧できる。

天井画は残念ながら写真撮影禁止。円の中心にある、八方みらみと言われるどちらから見ても見つめられている目、畳の上に寝転びながらしばらくは見ていたかったが、入れ替え制の案内のようで、そうもいかない。

龍の天井画があるのは、禅宗(臨済宗)の寺だけのようだ。龍神伝説というのは聞いたことがあるが、そのルーツはインド仏教にあるらしい。水を司る龍神が日本の古くからの自然信仰と結びついて普及したのだろうか。

1512195.jpg

「紅葉まだ残ってます」という案内版に誘われて、境内にある退蔵院に入ってみた。

禅宗の寺らしく、美しい庭が通路の両側に2つ。陰陽の庭という。
敷砂の色が異なる2つの庭は、物事や人の心の二面性を伝えているとのこと。
陰があれば陽があり、陽があれば陰があるように、互いが存在することで己が成り立つ。
一面的なものは世の中にはないということ、一面的に物事を見てはならないということなのか、
判ったような判らないような....

151219b.jpg

151219a.jpg

後から知ったのだが、JRのCMでも紹介され紅葉の名所として有名らしいが、シーズンが過ぎたせいか、ゆっくりと散策することができた。

1512193.jpg

1512194.jpg

1512192.jpg

ピークは二週間前位、かもしれないが、紅葉をゆったりと愉しむにはこの時期もよいのかもしれない。

7

商都に今も残る近代建築

大阪への旅の続き。
泊まりは、淀屋橋のビジネスホテル。予約が遅かったので、空いているところが限られていた。
ここは、東京でいうと丸の内や日本橋といったところなんだろうか。夜は静かなもので飲食店はほとんどなく、特に下戸な自分には対象がさらに限定され、夜のオフィス街をさまよう羽目になった。

この界隈は、今でも日本生命の本社、それにかつての三和銀行本店とか、関西系大企業の本店が並んでいるエリアであると同時に、近代建築の建物が幾つか残っているエリアとしても知られているところ。

ホテルの直ぐ近くにあったレストランとして使われているレトロな洋館、芝川ビル。
かつては学校として使われていたらしい。銀行のレンガ作りとは一味違った独特の装飾が施されている。ホームページを見ると、インカ風と書かれてあった。

141221a.jpg

それから、日本基督教団浪花教会。
昭和初期の建物で今でもそのまま使われている。後で知ったのだが、これは私の母校にもあるメレル・ヴォーリズの設計による建物。どうりで回りのレンガ調の重厚な建物に比べて、モダンで明るい感じ。
クリスマス前の休日ということで、ミサが開かれているようで、写真を撮っていると、牧師さんに礼拝を薦められた。遠慮させて頂いたが、中の装飾も見られる良い機会だったかもでしれない、と後で後悔した。

141221d.jpg

141221e.jpg

その隣の交差点に立っている目立つ赤レンガの建物。旧大阪教育生命保険。
東京駅や日本銀行本店の設計で有名な建築家・辰野金吾の設計とのこと。前者の2つよりも、いかにも権威を感じさせるような重厚な建物。
築後100年経った今は結婚式場として使われている。

141221b.jpg

141221c.jpg

他にも、中ノ島の公会堂や図書館、大阪市役所、日銀大阪支店など見どころは多いのだが、前回に見ているので今回はパス。

画一的なデザインの現代のビルと違って、昭和初期に建てられたこれらの建築物は個性的で、みていて面白い。

東京への一極集中が叫ばれて久しい。
私がかつて在籍していた会社もそうだったが、かつて大阪本社だった会社で、東京へ進出していつのまにか東京本社になってしまった会社も数多い。統廃合で、東京系の会社と合併して東京本社になったりとか。

かつては日本の商業の中心だった大阪がこうまで東京に差をつけられてしまったのはなぜなんだろうか。
安くて旨い食べ物は大阪のほうが多いし、文化・風俗だって大阪発のもののほうが面白い。

東京は官主導で大きくなった町だが、大阪は伝統的に民主導で栄えてきた町。
そんな町に官が大きく力を持ちすぎた、橋下(ある方に誤字を指摘されました。恥ずかしいけど修正)市長がメスを入れようとしているものがその原因なのか、不勉強な私には良く判らない。

栄枯盛衰の跡、というわけでもないが、まだまだ大阪には往時を偲ばせる建物やら、名古屋や東京には無さそうなところがたくさんありそうなので、また訪れることだろう。

4

難波の空に聳え立つ尖塔

大阪阿倍野に昨年出来たばかりの「あべのハルカス」に上がってきた。

ハルカスに上がるには、2Fにある整理券売り場の行列に並び、さらにそこから、エレベータの前の行列に並ぶ必要がある。30分位の待ちだった。今回は自分にしてはよく並ぶ旅だ。

この日は冬空の晴天で、360度に広がる眺望を愉しむことができた。
こうして見ると、大阪の街は意外とコンパクトであることが判る。密集度が名古屋の比では無い。

北にある梅田の高層ビル群。ビルの集積度(という言葉があるかどうか知らないが、高層ビルの高さを合計したもの)は新宿を上回っているそうだ。

1412211.jpg

1412212.jpg

名古屋も最近高層ビルが増えてきたが、この集積度は一クラス上だ。そもそも大阪は神戸や京都も合わせて1つの都市圏になっている訳だから当たり前だ。

対して、南側の風景。ビルの直下から南に延びる、あべの筋には路面電車がまったりと走っている。いわゆる下町の風景でビルも少ない。
広い公園のような敷地、でも緑は無い、おそらく墓地だろう、と思って調べてみたらやはりそうだった。

1412213.jpg

大阪の千日前が元々刑場だったという話は聞いたことがあるが、その場所に隣接していた墓地をこちらに移転したのが始まりらしい。また、すぐ西側は目だった建物が無く、有名な釜ヶ崎地区、それから飛田の遊郭街が広がっている。

下りて来て気づいたのだが、ハルカスの建物と、その下を通る阪堺電鉄の電停に書かれた落書き、そう、場末の盛り場でよく見かける元気な若者の書く意味不明な絵文字、のあまりもの落差に愕然とする。つい写真を撮り忘れてしまったのが残念。

梅田が大阪の顔、表玄関なら、難波・天王寺は大阪の内臓、勝手口。開発の著しいキタに対し、ミナミが日本一のビルを建てて抵抗した訳だが、このビル自体の存在が、あまりにもこの街に馴染んでない。大阪らしくない。
大阪の魅力は、キタのビル群ではなくてミナミの泥臭い雰囲気なのだ。

旧約聖書の中で出てくるバベルの塔の話。
「ノアの箱舟」の洪水で生き残ったノアの子孫が、「我々のために都市を、そして塔を建て、その頂を天に届かせよう。そして、大いに我々の名を揚げて、地の全面に散らされることのないようにしよう。」と言って、自己の栄華を誇示する為に、巨大な塔を天に向けて建設し始めた、という話だ。

バベルの塔では、人々の奢りを見た神は怒り、人々の言葉を混乱させ建設を中止させた。これによって現在の、世界中の異なる言語が生まれた、と言い伝えられているそうだが、怒った神が、大地震を起こしてビルを崩壊させたり、バブルを崩壊させて地価を二束三文にしたり、なんてことが起こらないことを願う。
なんて不吉なことを言っていると、関西の人たちにしばかれそうなので、この辺で終わりにしたい。

1412214.jpg

1412215.jpg

1412216.jpg

このカテゴリーに該当する記事はありません。