FC2ブログ

僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。
2013
08
30

過ぎ行く夏の日

全くどうなってるんだ、という位のうだるような夏ももうすぐ終わりです。

4月に貰った事故の後遺症がまだ多少残っていることを理由の一つに、ロードレーサーにまたがることも無くこの5ヶ月が過ぎました。健常であってもこの連日の日差しにはちょっと走る気力も萎えてしまいます。

少し前、前から疼いていた歯の痛みがきつくなってきたので、近所の歯医者へ行ってきたところ、昨年治療して神経を抜いて被せものをしてあった歯が真っ二つに割れてしまっていることが判明。

タイミング的に事故ですっころんで歯を食いしばった衝撃で割れた可能性もなくは無いのですが、さすがにそこまでの診断書を書いてはくれません。
確かに神経を抜いた歯は弱くなってしまうので折れやすいそうです。

念のため、別の歯医者へ行って見ましたが、抜くしかどうしようも無い、との診断を受けて下あごの奥歯を1本抜いてきました。

親知らずを抜いた時ほど痛くなく、あっけなく抜けましたが、問題はその後の処置です。

①ブリッジと呼ばれる被せものをする、②入れ歯にする、③インプラントにする、
の選択肢を迫られることになりました。

さんざ悩んだ末、②は手入れがめんどくさそう、③は医師の腕や自分の体との相性がありリスクがありそう、
ということで消去法で①を選択しようと思ってます。
要するに入歯を入れる歳になったってことですね。

この台風に合わせて、この2~3日、頭痛がけっこう続きました。気圧のせいでしょうか。
直接的な痛みは随分良くなってきているのですが、頭痛だけは長い付き合いになっていきそうです。
保険会社によれば、事故扱いで治療をして貰えるのは半年まで?、その先は後遺障害と認定されるかどうかで決まるそうです。この程度ではまず後遺障害には認められないようですが、まあ精密検査の結果もなんとも無いようなので、一安心です。

この秋には少しでも走りたいものです。

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
Category : 日記
Tag : 事故
Posted by tmz  | 8 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。