僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖を見に山本山へ

今年のGWは飛び石のため、近場の低山に日帰りハイクに出かけることにしました。
行き先は、数年前の春先に訪れたとき、山頂から見える対岸の雪を被った山々の風景が印象的だった琵琶湖畔にある山本山(324m)です。

ちなみにこの山、上から読んでも、下から読んでも、の会社とは関係ないようですが、歴史はずっと古い(平安時代末期には城が築かれたそう)のでこちらのほうが本家のようです。

山本山から、合戦で有名な賤ケ岳までは、湖岸沿いに稜線が続いており、手ごろな縦走コースなのですが、山本山までのアプローチが不便な場所なので、最寄の駅から登山口までの足に困ります。
山本山の登頂だけではいくらなんでも時間が余るので、ネットで調べたら、コース途中に里に下りる登山道があるのを発見。しかもその近くには、駐車場もあるので、そこまでの稜線と麓の道を歩くことにしました。

1105048.jpg

駐車場にクルマを停め、山の麓に添った道を歩き始めます。その道の山側には、ずっと低いロープが張られています。道路の反対側の畑にも、ネットのようなものが張られており、どうやらこれは獣避けのロープのようです。
「感電注意」という物騒な立て札が所々にあります。

ちょっと不安を感じながらも、登山道の入り口のような場所に着きましたが、ロープの切れ目はありません。それどころか、私有地につき入山禁止、の立て札です。
獣避け、というよりも山菜取りとかに入山することを禁止するようなことが書いてあります。人間避けを兼ねているようです。

飛び越えられない高さではないので、私一人なら何も考えず、飛び越えて入っていくのでしょうが、同行のカミさんが止めようと言って聞かないので、仕方なしに引き返すことにしました。もし反対の周回ルートだったら、飛び越えざるを得なかったでしょう。

駐車場は、西野水道という用水路の場所にあります。これは、近くを流れる余呉川が山の麓にある集落の手前で急カーブで蛇行しているがために、水害に悩まされた村人が立ち上がり、琵琶湖に水を流すために川の支流となる用水路を掘ったというものです。

琵琶湖までは数百メートルなのですが、その間にある山本山から賤ケ岳に至る山があるため、村人が自らの手でトンネルを掘ったのが江戸時代の末期です。
1105041.jpg
1105042.jpg
1105043.jpg

現在の水道は3代目、2代目は琵琶湖に通じる道として遊歩道として利用され、1代目は通れないことはないがヘルメットと長靴着用が条件の探検用ルートとして開放されています。

1105044.jpg

2代目のトンネルを通って琵琶湖畔に出ます。いきなり琵琶湖の岸辺になるので、何も施設などは無いですが、真正面に竹生島と、琵琶湖最北端にあるつづら尾崎、護岸を除けば自然に近い琵琶湖が見えます。

1105045.jpg

現在の水道の真上まで遊歩道で上がっていけるのですが、そこは桜餅のような大きな葉を付けた八重桜が満開に咲き誇っていました。眺めもよく良い場所です。しかし、お昼にはまだ早いので、山本山の山頂まで上がることにしました。

稜線まで上がる道はないかと道なき場所を這い登って探してみましたが、いきなり足元でトグロを蒔いているけっこう大きな蛇に遭遇、入るなと言われているような気がして諦めました。

1105046.jpg

山本山の山頂までは、約40分の短い道のりです。
朝日山神社の前の登山口の階段を上がり、途中にある寺に差し掛かるころ、イノシシ避けの金網を通過。やはり獣害が深刻な問題になっているようです。

1105047.jpg

階段が無くなると道は急に険しくなってきますが、多少汗ばんだ程度で、山頂へ。
二の丸跡から琵琶湖を望む場所があります。この季節は木が茂り始めているので、やや視界をさえぎります。
琵琶湖のビューポイントは数多くあると思いますが、山頂から間近に琵琶湖を望める場所としては、けっこういい線の場所ではないかと思っています。

予想はしてましたが、この日は黄砂のため、全く視界は効きません。竹生島がやっとです。やはりこの山は初冬か春先がベストのようです。

関連記事

- 2 Comments

じーじ  

琵琶湖へ行ったのですね。
私も来週小浜湾で筏釣りして京都に入り、琵琶湖へも鮎の佃煮と鮒寿司を調達しに行く予定です。

2011/05/06 (Fri) 22:31 | EDIT | REPLY |   

tmz2010  

こんばんは。
琵琶湖の鮎の佃煮、私も好物です。値段が張るのでめったに食べられませんが。
どうぞ、お気をつけてお出かけ下さい。

2011/05/09 (Mon) 23:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。