僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蔵のある街(2)~半田を行く

再び前回の続きです。

衣浦海底トンネルを抜けると、半田の街に入ります。
半田は衣浦よりもさらに醸造で栄えた街として有名なところです。今も昔も知多半島の中心のようです。

市の中心部を流れる半田運河。この運河沿いに醸造業の蔵元が集中し、今も蔵が残っており、観光地になっている。

110521j.jpg

お馴染みのマーク。この街はこの会社抜きには語れないでしょう。

110521k.jpg

そうです。この会社ですね。ミツカン酢の旧本社ビルです。銀行みたいですね。右隣にはさらに昔の木造の本社?、このビルの裏手には近代的な本社ビルが聳えています。
ビルの前に直営?の売店でソフトクリームを売っていましたが、にサワー(酢)味のものは無かったです。

110521l.jpg

もう少し先には盛田酒造の酒の文化館があります。盛田酒造は、世界のソニーを育てた盛田さんの実家、ミツカンの中埜家もこの家から養子を出しているそうですから親戚なのも有名な話ですね。

既に閉まっており中には入れません。もっとも予約制のようでした。

110521m.jpg

この辺をぶらぶらしているとこんな光景だらけです。余りにも整然としすぎと言えない事もないですが。

110521n.jpg

日本で一番古いと言われているJR武豊線半田駅の架線橋です。

110521o.jpg

またしても乗車間際で慌てて列車に駆け込むような形になりました。武豊線は本数が少ないのです。
サイクルグローブを改札の外に落としたことに気づかず、遊び人風のお兄さんが親切に持ってきてくれました。見掛けによらず親切、と言っては失礼ですね。

110521p.jpg

急いで突っ込んだので、少し収まりが悪く膨らんでます。

帰りの列車は座れなくも無かったですが、振動で倒れそうだったので、立っていました。大府で東海道線に乗り換えても、普通列車は、夕方でも混まなかったことは幸いでした。

僅かな時間でしたが、旅気分に浸ることができ、それなりに充実した休日でした。

関連記事

- 1 Comments

mihopapa  

こんばんは。
半田のこの辺りの風景はいいですね。自分も2年前に行ってきました。
矢勝川の彼岸花を狙ったのですが、彼岸花は遅刻でしたが…
今日は2010/5/30の記事にあった堤防道路の先端まで行ってきました。
6/7.8でアップします。

2011/06/04 (Sat) 23:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。