僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数十年ぶりのパンク修理

日曜日の朝、まだ雨が降りそうもないし、曇り空でそれほど暑くもないので、出かけようとした時のことです。

自宅から500mほど走った時、何かを踏んづけたようで前タイヤに何かくっ付いているのに気づきました。
止まってみると、それは金色に光る画びょうです。

引っこ抜くと、当然のことながら空気が音を立てて抜けていきます。この自転車を買って初めてのパンクです。

修理道具も持っていたので、そこら辺で店開きしてもよかったのですが、家も近いことだし、細かい雨が落ちてきたような気配なので、自宅に引き返して修理することにしました。

チューブを引っ張り出し、水無しで穴を探すのも、体が覚えてます。
パンク修理セットについている接着剤が無くなっていたので、替わりに入れてあったリムセメントを使いました。
見た目は黄色い色をした何にでもOKというボンドだし、パンクに使っても問題ないだろうと思っておりました。
成分が微妙に違うんでしょうか?

現に昔からあるコニシの多用途ボンドを使ってたし。薄く塗らないと駄目ですが。

しかし、これが大きな間違いでした。リムセメントは固まっておらず、用を足すように見えたのですが、思い起こしてみると、これを買ったのは、うん十年前です。結局、何度張りなおしてもパッチとチューブの隙間から空気漏れです。


仕方ないので、ビックカメラの自転車売り場に出向き、パンク修理セットを購入。
昔からよく買っている奴です。変わってないですね。



しかし、今度は元のリムセメントの残骸が邪魔をしてうまく付きません。当たり前ですが、リムセメントも劣化するのですね。

結局、ボンドの残骸を紙やすりで削ぎ落として、やっとのことで完成です。
パンクしてから、途中の休憩を入れて約4時間後です。パンク修理は数え切れないほどやっていますが、こんなに時間を掛けたのは初めてかも。

その後、ショップへ替えチューブを買いに走りました。

20×1-1/8チューブなので細くてパッチが充てにくいのもあるかもしれませんが、うん十年ぶりのパンク修理は、自宅で修理してホントに良かったです。

走らずに汗をかいた一日でした。
関連記事

- 2 Comments

齋藤電鉄ryu  

タイヤがパンクしちゃってる~!
と、女房が言うので観てみると、確かに
ぺしゃんこ・・・
今日、女房の電アシスト付きの パンク修理に
地元の自転車屋さんに 素直に持ち込みました。
そしたら、何度も何度も バケツの水にチューブを
浸しても、穴は発見出来ず、 「異常無し」
ってコトでした。
いったい ナンだったんだろう・・・(汗笑

2011/07/22 (Fri) 18:12 | EDIT | REPLY |   

tmz2010  

こんばんは。
電動アシスト車のタイヤって自転車と同じなんですね。知らなかった。あの太いタイヤにレバーを突っ込んで、想像しただけで汗が出てきそうですね。












2011/07/22 (Fri) 23:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。