僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知多半島先端部ポタ

久々の書き込みです。

自転車に乗るのも久しぶりの好天の週末。知多半島の先っぽを走ってきました。
名古屋から往復する元気はないので、名鉄電車で河和線の終点の河和まで輪行です。

行き先を決めたのは前日の寝る直前なので、帰りは何処まで走るか決めないまま、とにかく電車に乗ります。
シーズンオフなので、海など電車にのっていく奴はさほど居ないのか、急行電車でも肩身の狭い思いはしなくてもOKのようです。

河和駅で組立て。少し走り出してから、ブレーキのアーチをはめ忘れたのに気づきます。おまけに距離計が動きません。
どうやら、輪行で下敷き状態になっているので、壊れてしまったようです。

海沿いを走っている国道247を避けて、突堤にそった道をのんびりと走ります。海の色も信じられないほど綺麗に見えます。
少し路面が荒れているのが難点ですが。

23100801.jpg

突堤沿いの道がなくなるまで走った後、仕方なしに国道を走ります。ロードのお兄さんたちが気合を入れて走っているのを横目に、ちんたらと走っているうちに師崎に着きます。

師崎は、知多半島先端にある港町です。昼時なので、食事をしようとさ迷いますが、なんか観光客向けの高そうな店ばかりが目に付きます。町の中をうろうろして、路地裏に入っていると、人がたくさん集まっているようです。どうやら、ちょうど秋祭りの日らしく、縁日の屋台も出ています。

23100803.jpg

「師」という文字の入った半被をはおった若い衆が誇らしげに歩いています。まだ田舎ではこういう元気な若者が居るのを見ると安心します。
神社は無いのですが、路地の一番奥に、華やかに飾りつけられた神輿というか、港町なんで船の形をした山車?があります。たぶん祭りのピークには海の中に入るのでしょう。

23100804.jpg

そのうちに食事をするところが見つからなくなり、止む無くフェリー乗り場前の食堂に入ります。
「しらす丼」という文字につられて注文したのですが、ご飯の上に、普通に売っている、いわゆるちりめんじゃこと醤油で甘辛く煮たそれが載っている丼が出てきました。しらす丼=生のしらすというわけではないことがわかりました。

フェリー乗り場の横が知多半島最先端です。
日間賀島とか篠島がすぐ先に見えます。暑くもなく寒くも無く丁度いい日和で、こんなところで昼寝すると気持ち良さそうです。

23100805.jpg

長くなってしまったので、この辺で。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。