僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MTBのブレーキを換えてみる

カミさん用に買った、マンションの駐輪場に放置気味になっていた赤いマウンテンバイク、たまに思いついたように掃除をするのですが、なにせ野外放置なので、すぐにほこりと湿気でサビが浮いてきて元の木阿弥になってしまう。
ここはまともなバイクとして再生して屋内に引き入れるしかない、と改造計画を練っておりました。

少ない予算でなんとか見かけだけでもまともに見えるパーツを選んで、通販で買い揃えたたのが9月の始め。なんだかんだでそのまま放置しており、やっと作業を始めたのは10月に入ってからのことです。

まず、タイヤの交換です。
太くて路面抵抗の大きいブロックタイヤを普通のWOタイヤに変更。ただし、カラーはフレームに合わせて赤のサイドカラーが入った派手なもの。

タイヤを通販で買ったものの、元のを取り外してみて、あまりのチューブの太さに入らないことに気づきました。慌てて、近くの自転車屋さんに走りましたが、26×1.5のWO規格はあるのですがHE規格は有りそうでありません。Y'sloadでやっと見つかったのですが、フレンチバルブしかありません。まあ、なんとかなるかなと買い求めました。リムテープも切れてしまったので、これも交換です。

これだけでちょっと乗ってみました。
タイヤを細くしただけで驚くほど楽に走ります。まるで別の自転車のようです。
もっと早く交換すれば良かったですね。

次に、錆びたブレーキワイヤを交換しついでに、流行りのVブレーキを後ろだけ付けてみることにしました。

ところが、こんな感じで、リムとシューとのクリアランスが取れない。
カンチとVは台座の互換性があると聞いたんですが、台座の位置に問題があるのか、付け方に問題があるのか。
常識なのかもしれませんが、浦島太郎のソロサイクリストは残念ながら、こうした知識がありません。
ネットで質問してみましたが、良く判りません。

結局は、こんな形でまだデビューできません。ブレーキがリムを掴んでしまっていて回らない状態です。
P1030556s.jpg

結局、プロに素直にプロに見てもらうことにしました。
駄目なら、元のカンチに戻すしかないですね。

素直に最初からショップで相談すればよいのですが、ボロボロの自転車をプロショップに持っていって、冷たい扱いを受けるのにトラウマができているので、ビジネスライクな某量販店に持ち込むつもりです。
関連記事

- 3 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/11/03 (Thu) 21:46 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/11/03 (Thu) 22:00 | EDIT | REPLY |   

tmz  

11/3に2件コメントを頂きまして有難うございました。
コメントが入っていたことに気づかず失礼しました。2件のご指摘ともやってはみました。
結局諦めてショップ持ちこみだったのですが、どこを調整したのか判りませんでした。
調整ネジは確かに回していましたが、私のやり方が足りなかっただけかもしれません。
今度、シューを交換する時はまた苦労するかもしれません。^^;

2011/11/08 (Tue) 23:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。