僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下街道をゆく(1)

週末が好天なのは何週間ぶりでしょうか。

前日の夜にコースを決めました。今回は街道シリーズで「下街道」を走ることにしました。
「下街道」は、中山道経由で名古屋に向かうショートカットの街道です。恵那から中山道と分岐していますが、この道は現在の主要道、国道19号線やJR中央線にほぼ並行して走っており、これらのルートの元になった道だといわれているようです。

名古屋から多治見までの道はほぼ走っているので、多治見から先へ走ることにしました。

JR多治見駅から続いている商店街です。いきなり旧街道っぽくっていい感じです。



私の地元に多い屋根神様も鎮座していました。
111202.jpg

前にも来た事のあるオリベストリートを通過すると、もう多治見の市街を抜けてしまい、単調な道に変わります。

土岐市内に入り、ところどころ旧街道が残っているようですが、入り口が判らず通過してしまいました。
高山宿というこの辺りで最も栄えた場所もわざわざ戻ってみてみましたが、特に街並みが残っている訳ではありませんでした。
下街道が正式な街道ではなかったので、本陣など宿場の持つ施設も無かったからのようです。

土岐市内を抜けたところで、久しぶりに川と出会いました。
土岐川、つまり名古屋市民の母なる川?、庄内川の上流です。

111203.jpg

瑞浪市内に入り、お昼になったので、食べる所を探しますが、目ぼしいところが見つかりません。コンビニも殆ど無くなって来ました。本街道になった国道19号沿いにはたくさんあるに違いないですが、今も「下街道」は裏街道扱いのようです。
結局、JRの駅前まで寄り道をして、パンとコーヒーの昼食を取って元の道へ戻ります。

屏風山です。中央道を走っていると見えてくる、岩肌の露出した山です。

111204.jpg

単調な道に飽きてきて、土岐川沿いをのんびり走ることにしました。
土岐川は、川幅がだんだんと狭くなってきました。ちょっとした渓流にも見えます。

111205.jpg

JR釜戸駅前。いかにもといったローカル色が色濃い看板。

111206.jpg

長閑で平坦ないい感じの道になったので、このまま土岐川に沿って走ることにしました。
下街道をゆく、というより、土岐川をゆく、というルートのほうが良かったかもしれません。

長くなってきたので、続きはまたにします。


関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。