僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都の近代建築を訪ねて(3)

年末の京都の続き、最後です。
今まで一度も行ったことの無かった疎水周辺です。

京都の東の入り口、蹴上交差点にある、明治24年(1891年)築の蹴上発電所です。
このマークっていったい何でしょう。まさか陰陽師に出てくる安倍晴明由来の魔よけのマーク?(カミさん説)
たぶん、京都市か京都府の市章か府章だと思いますが。

20111231a.jpg

インクライン跡をくぐるレンガ造りのトンネル。何て書いてあるのか読めません。
ハンコで使われているような字体です。篆書体?
内部はちょっと変わったレンガの組み方になってますね。

20111231a3.jpg

インクラインの起点の奥にある「九条山浄水場ポンプ室」。
ポンプ室のくせに重厚な造りをしているのは、当時の皇太子(大正天皇)が疎水に来るという計画のためだったそうだ。

20111231a1.jpg

今もジャンジャカと水の流れている疎水のトンネル。これも何か書いてありますが、読めません。
ただの水路のトンネルにしては勿体無い造りです。
鉄柵から竿を入れて釣りをしている地元の若者を発見。何が釣れるのかな?

20111231a2.jpg

ずっと歩いていくと、その先にありました。
2時間ドラマで有名な「水路閣」です。

20111231b.jpg

南禅寺の境内にあるのが変な感じ。古刹の南禅寺を通すため、当時の担当者は随分苦労したんでしょうね。
近代と中世の交差する不思議な風景です。

20111231b1.jpg

この歳になって初めて見た京都の風景でした。
関連記事

- 4 Comments

mihopapa  

古いレンガ造りはいいですね

こんばんは。うわ~、めっちゃいいです!
レンガ造りの古い構造物は雰囲気あっていいですね。
高蔵寺駅の先にある愛岐トンネル群を思い出しました。
あそこの感じもなかなかです。

2012/01/27 (Fri) 23:05 | EDIT | REPLY |   

tmz  

こんばんは。
赤レンガが好きなので良く見に行きますが、京都にこんなに沢山あるとは思いませんでした。
年末でしかも夕方ということもあって静かでいい雰囲気でしたよ。
夕暮れ時だったので、テク不足でいい写真が撮れず、加工してごまかしてあります。

2012/01/29 (Sun) 00:09 | EDIT | REPLY |   

kero  

こんにちは。初めてお邪魔します。
京都にこんなところがあったとは!
実にいいですねぇ♪
機会があれば、ぜひ行ってみたいです。

2012/02/09 (Thu) 12:32 | EDIT | REPLY |   

tmz  

keroさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
近代建築ってなんかいいですよね。これからも残り少なくなってきたこうした場所を見て歩きたいと思っています。これからも覗いて下さい。

2012/02/09 (Thu) 23:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。