僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これから変わる?名駅南・笹島地区

寒い日曜日の午後、買い物がてら、自転車で名古屋駅近辺をぶらついた。ローカルネタを一つ。

買い物客で賑わう名古屋駅周辺からちょっと足をのばすと、名古屋駅の西の方向は、直ぐに木造住宅の立ち並ぶ場所が広がる。今はごく普通の下町地域であるが、名古屋では「駅裏」と呼ばれる、あまり治安が良くないといわれる場所。

そんな地域を南へ進むと、JR関西線と近鉄名古屋本線にぶつかり、線路の向こう側に渡る踏み切りが全く無い。
ちなみにクルマでこの線路を越えるには、西にある黄金陸橋まで行くか、名古屋駅の直ぐ南にある笹島交差点のガードをくぐるしかない。自転車と歩行者が渡れる橋として、向野橋があるが、それでも500mほどの迂回を強いられる。
そんな訳で、線路の向こう側の笹島地域は、都市中心部の孤島のような場所として、広い空き地としていつまでも残っていた。

第3セクターとなって久しい「あおなみ線」のささしまライブ駅に向けて、2つの線路を渡るための歩道橋がいつの間にか出来ていた。ここでも、地上3階位の高さ。エレベーターも付いているが、「自転車は乗り入れ禁止」とある。
未だ線路の南北は歩行者でしか繋がっていない、残念。

120115c.jpg

橋の上まであがると、ささしま地域の再開発の様子が判る。豊田から移転してくる愛知大学のキャンパスはほぼ出来上がっているように見えるが、再開発の目玉、「グローバルゲート」という高層ビルは計画が大幅に遅れているらしく、まだ着工に至ってない。
飛び降り、危険物落下を防止する高いフェンス、歩道橋の立派さだけが目立つ。



橋の上から名古屋駅方面のビル群を望む。
巨大な大学ができれば、僅か1駅のあおなみ線を使わず、この辺も若者がたくさん歩く地帯になるのだろう。

120115b.jpg

赤い線がこの橋の位置、青い線がこの地域を再開発するために設けられる新しい道路だ。(下の地図)
名古屋駅前には、再開発ビルの計画が既に幾つかある。さらにこれだけ離れた場所に、大学はともかくとして、ビジネス街が成り立つのだろうか。

ところで、この地区には、中川運河の行き止まり(舟止り)の場所がある。
連動型の大地震発生時には、この運河を海水が逆流して名古屋駅まで津波が来る、というショッキングなニュースがTVで報じられていた。
名古屋は平べったい土地なので、名古屋駅は海抜2~3m、名古屋港から名古屋駅までの直線距離は約8キロ、確かに地震発生からの経過時間は長いかもしれないが津波が来てもおかしくはない。

ちなみに私の自宅は、土地は低いが、名古屋駅の北に位置するため、名古屋駅が津波の防潮堤ということになる、なんてことを言っているのは不謹慎だなあ。

それよりも、名古屋港から来る夏の海風が止められるほうが辛いな。運河は貴重な風の通り道なのだ。

ささしまライブ周辺に行こうと思ったのだが、冷え切った体にトイレが我慢できず、引き返した。いずれまた書こうと思う。

sasashima.jpg

関連記事

- 2 Comments

mihopapa  

こんばんは。
ささしまライブ、あれってびみょーに駅から遠いですね。
シネマ109は、年に1.2回映画を見に行くのですがいつも車です。
前にも書いたような気がしますが、名古屋って歩いて楽しめる街並が少ないですね。
名駅-伏見-栄を面で楽しめるようになればいいなと思ってます。

2012/01/23 (Mon) 22:56 | EDIT | REPLY |   

tmz  

こんばんは。
この街は、距離的にも位置的にも、大阪駅の北にある梅田スカイビルの一角に似てますね。ながーい地下道を通じて梅田と繋がってるけど、閑散としてて、ゴーストタウンの一歩手前みたいな感じ。そうならなきゃ良いですね。

2012/01/23 (Mon) 23:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。