僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今どきの○○は...

久々の雨、乾燥しきった日本列島(太平洋側だけ)に潤いを与えてくれました。

ちょっと用事で、雨の中を自転車で出かけました。
けっこう交通量の多い道なので、道路交通法の言う通りに車道を走ることはできず、歩行者も居ない、自転車がすれ違えるくらいの広さのある分離帯の歩道をまっすぐ走っておりました。信号待ちでややクルマが連なっておりました。

すると、歩道前方にクルマが停まっております。
信号待ちのクルマの列に入れずに、停まっているだな、と思っていたら、停止ランプが点滅しております。

仕方ないので、クルマの後ろを回りこんで、クルマと道路の間をなんとか通り抜けようとしました。
車内では、若い女性が携帯電話で話し中です。
停めるのは仕方ないにしても、歩道の前はないだろうと、ちょっとムカつきました。
傘で手もふさがっているので、蹴るというより、じゃまだぞ、と教えてやるような気持ちで、足の甲の部分でちょっと触れる程度で、クルマのボンネットを小突いて、通り過ぎました。

すると、10m位過ぎ去った後でしょうか、背後から大きな女性の声が。

「おいコラ!そこの自転車!」

通り過ぎ去って、わざわざ戻るのも面倒だし、面倒そうな口調の女(狂言の家に嫁いだ羽野晶紀風)だったし、
こちらがわざわざ戻る必要もないと思い、そのまま通り過ぎました。

「いまどきの若い女性は...」なんて爺みたいなことをつい思ってしまいました。

私も、自転車に乗って傘差して、この時点で道路交通法違反ですから、人のことは言えません。
これからは、口でちゃんと言うようにしたほうが良いですね。

関連記事

- 4 Comments

じーじ  

今晩は、
やっちゃいましたね。
昔、常磐道をバイクで走行している時、急な追い越しで、真ん前に来た車に追突しそうになり、その車を追いかけました。数分で追いつき、足でドアを路側帯側から蹴った事があります。幸い、足が短く、到達しませんでしたが、その車は猛ダッシュで逃げていきました。
冷静に、冷静に、足が長かったら、転けて大けが、あるいは三途の川を歩いていたかもしれませんね。

2012/01/21 (Sat) 22:57 | EDIT | REPLY |   

tmz  

こんばんは。
若かりし頃の武勇伝ですね。でも高速のバイクでの蹴りは怖いですね。何事もなくてよかったですね。でも図体の大きなことをいいことに図々しく振舞うのは腹が立ちますね。


2012/01/24 (Tue) 00:00 | EDIT | REPLY |   

齋藤電鉄ryu  

僕は靴の側面で軽く当ててやりました。
信号のある交差点で、後ろから来たくせに
左折で被せて来たBMWの後部ドアです。
ご存知ニッカボッカのフル装備ファッション
でしたが、靴だけは平底のローファーだったので
クリップから直ぐ抜く事が出来て間一髪!
すると件のBMWの爺さんが、クラクション鳴らして
降りて来て、「いま蹴っただろう!?」
と言いながら、ドアの辺りを撫でながら
キズや凹みを探すそぶり・・・すかさず
「コラ、爺さん、てめえのクルマの心配が先かよ
俺は 事と次第に拠っちゃ、足の踝が痛い様な気がして来ちゃうぜ!?」
と怒鳴りつけたら 冷静になったらしく
「申し訳ない。」 と 憮然とした表情で謝りました。
ビィンディングなら不可能だったカウンター防衛でした。

2012/01/27 (Fri) 21:31 | EDIT | REPLY |   

tmz  

齋藤電鉄ryuさん
コメント有難うございます。

ルール違反の奴には毅然とした態度取るべきですね。
でも外車に立ち向かう勇気はありません。^^;

2012/01/29 (Sun) 00:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。