僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三丁目の夕日64を見てきました

先週公開された「Always三丁目の夕日64」を見に行ってきました。

1作目が良かったなと思ったので、毎回見に行ってます。
3作目ということで、最初に見たときほどの感動は無かったのですが、映画館のデカイスクリーンで、あの薄暗い映像とテーマ音楽を聴いているだけで、なんか心穏やかになっていくような気がします。

私の時代とは若干隔たりがありますが、路地裏の風景やそこで走り回る子供たちや服装は、私の育った下町とさほど変わらないような気がします。
今では子供たちはおろか、歩く人自体が少なくなり、個人商店は壊滅し、世代が変わって家が取り壊され、駐車場になったり、マンションが建って、寒々しい街になっています。

always.jpg

今回は、「幸せってなんだろう」がテーマになっています。

東京オリンピックの年、皆が高度成長で浮かれている時代、競争して人に勝つ、高い地位や収入を得ることが幸せと信じられていた時代が舞台ですが、そこに敢えて背を向けて立っている人にスポットを当てています。

そんな価値観に今でも捉われている人は、我々中高年より上の世代が多いんではないでしょうか。
閉塞感の漂っているこの時代、今の若者たちのほうが、そんな幸福感をしっかりと探しているんではないかと思いますし、そうでないと生きていけない時代なんでしょうね。

それが見つけられないと、地位も名誉も満足も得られない、難しい時代に入りつつある思います。

関連記事

- 2 Comments

mihopapa  

こんばんは。1966年(S41)生まれです。
映画は見に行ってませんが、幼い頃の風景が見られるんでしょうね。
日本人が明るい未来を画けた年代です。
親父と昔話したなかで、うちの自営の和菓子屋で一番売上が多かったのは、
昭和50年代後半(1980前半)だったとのこと。
成長しきった日本でこれから先のビジョンをどう画いていくか、
時代の転換点かもしれません。

2012/02/08 (Wed) 23:24 | EDIT | REPLY |   

tmz  

こんばんは。コメントありがとうございます。
s50年代後半ですか。いわゆるバブルの時代ですね。その時から、成長しきった状態で次にどこに向かうのかが見えていなかったんでしょうね。モノへの欲求が行き詰まった次に何を目標にするかを。人間の欲望ってきりがないですからね。

いつも使っているPCがクラッシュしてしまいました。これから大変です。

2012/02/09 (Thu) 23:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。