僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知多半島の真ん中をポタポタ走る

前回の続きです。

知多半島の付け根にある武豊(たけとよ)にクルマをデポし、味噌蔵を見学した後は、海岸線に沿って南下します。

明らかに海岸の突堤道路の跡も最初のうちは工場が見えるだけの場所です。
途中に、最近話題になった「メガソーラーたけとよ」(中電の作った巨大な太陽電池です)なんて施設もありますが、見学できるわけでもなく(予約すればできるみたいですね)、外から見えるわけでもないので、通過します。

やっとこさ海が見えました。
曇ってますが、知多半島の先っぽまで見渡せます。暑くも無く寒くも無く、いい気候です。
この先しばらくは車がほとんど通らないビーチ沿いの道です。

堤防道路に入る前は、何人ものサイクリストと通り過ぎたり、追い抜かれたりするんですが、堤防道路では、不思議と一人のサイクリストとも出会いません。せっかくの快適ロードなのに勿体無い気がするんですが、
でこぼこしてロードには走りにくいからでしょうね。

1206251.jpg

河和駅の手前で少し早めの昼食をとったあとは、しばらく海岸から離れます。
峠と呼ぶほどではない僅かな坂道を超えて、伊勢湾側へ向かいます。たいそうにいえば、知多半島横断です。

途中に、おなじみ「えびせんべいの里」。
名古屋のもうひとつの名産、えびせんべいの製造直売店、知ってはいましたが、来たのは初めてです。

試食品が種類毎に並んでおり、食べ放題。食事直後にも関わらず、各種まんべんなく食べてしまいました。

1206252.jpg

坂道を下ると、上野間の集落へ。半農半漁とでもいうのでしょうか、立派そうなお宅が多い、落ち着いた町並みです。
この先、50mほどでもう海岸線です。

1206253.jpg

今は潮干狩りのシーズンなんですね。この辺の相場は、大人1300円のようです。

緑のじゅうたん。一見芝生のように見えますが、アオサです。
アオサ自体悪者ではないのですが、生態系のバランスが崩れて多くなりすぎてしまった。
たぶん、潮干狩りのアサリとかも死んでしまうんでしょうね。
さすがにこのエリアは空いていました。

それでもって、地元の人が大陸から輸入したのを撒き、都会から来た人たちがお金を出して掘り出す。
レジャーだと思えば、別に変でもないですが。

1206254.jpg

小鈴谷という集落には、盛田酒造があります。いわずと知れた、SONYの創業者、盛田さんの実家です。
世界のSONYは愛知の酒屋さんが出資して支えた訳ですね。
我々世代は、スカイセンサー、ウォークマン、、、とお世話になったSONYブランド、ぜひとも復活して欲しいですね。

1206255.jpg

小鈴谷で、再び東方向に取って返し、坂道を越えると、そのまま真っ直ぐ武豊に戻ります。

武豊には、もうひとつ、見るところがありました。
愛知県で初めて(東海道線より古い)の鉄道である武豊線の終点であった武豊港駅にあった、
「転車台」というものです。つまり、貨車を方向転換させるための装置ですね。この上に乗せた貨車を90度回転させて、別の線路に送り出すことにより、短い線路で方向転換ができたってことのようです。

面白かったのは、説明版に書かれていた文章で、この設備は土砂か何かに埋まっていて、つい最近(平成10年)に子供が発見して、それから国の文化財にまでなったということ。駅が廃止されたのだってそんなに古い話ではない。まるで昔埋めたタイムカプセルを掘り出したような感覚ですね。

1206256.jpg

本日の走行距離:29.2キロ
走行時間:2:10
平均時速:13.3キロ(なんて遅いんだ)


関連記事

- 2 Comments

tac-phen  

知多半島、見所満載ですね。

半農半漁のむらって珍しいですね。

じっくり散策してみたいです。

ブログランキング、ポチリ。

2012/06/28 (Thu) 05:20 | EDIT | REPLY |   

tmz  

こんばんは。
コメント有難うございます。
知多半島は温泉も幾つかあるし、長閑でよいところです。一度お越し下さい。
私も関西まで足を延ばしたいですね。

2012/06/28 (Thu) 23:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。