僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い日のポタリング~各務ヶ原へ

ようやく今日(7/17)、この地域でも梅雨明け宣言が出されたそうです。
これから夏本番ですね。気持ちのいい汗をかきたいものです。

連休の最終日、カミさんが以前から、東海北陸自動車道の川島PAにある、アクア・トト・岐阜(淡水魚水族館)に行きたがっていたのですが、私は全く興味が無いので、クルマをそこに止めて、カミさんが思う存分見ているまで、そこらをポタリングするということで折り合いを付けます。

少しまえ、犬山に行った時に行こうと思って場所の判らなかった中仙道鵜沼宿が目的地です。

厚い雲に覆われており、日が照っていないのは幸いですが、空気が重い感じで、直ぐに汗ばんできます。

各務ヶ原(かがみがはら)という町は、その中心部に航空自衛隊があり、その隣に川崎重工がある、いわゆる自衛隊城下町です。年配の方だと、陸軍の飛行場のまち、といったほうが通りがよいと思います。

中仙道の旧道は残っておらず、R21がバイパス化される前の旧道がその跡ということになるようです。
古い建物も全くと言っていいほどありません。

元々、この辺りは人家が少ない荒地が多かったこと、それに飛行場と軍需工場のあったせいでその周りは戦時中に執拗とも言える空襲を受けたせいなのでしょうか。

各務ヶ原は、幾つかの町がくっついて市になった経緯をもつため、10万以上の都市なのに中心駅、繁華街のような場所がありません。市役所の近くにある「市役所前」という駅が中心みたいです。20年位前、この近くに仕事で足繁く通った時期がありましたが、当時は、「飛行場前」という駅名でした。飛行機の町というイメージを払拭するためでしょうか。多少小奇麗になっていますが、あまり当時と変わっていないような気がします。

交通量の多い旧道のR21、それからR21を走り継ぐと、2回ほど自転車、歩行者通行禁止の陸橋を通過することになり、その度に脇にある歩道橋の階段を自転車を押して上がるのを繰り返すと、裏道を走りたくなります。

適当に道なりに走っていると、知らぬ間に中仙道の旧道らしき道に出ました。せっかく持ってきたナビもどきのipodを使う間も無しでした。

綺麗に整備された旧街道町並み。背景は今にも降りだしそうな真っ黒な雨雲ですが、日が照り付けて暑い。

江戸時代の建物、と説明されていましたが、妙に綺麗にリフォームされていました。今もれっきとした住まいといして使われているお宅です。

1207171.jpg

脇本陣跡の資料館は、ヒノキの香りが漂う新築でピカピカの建物。それよりも、その向かい側にある立派な酒蔵に目が留まります。

1207172.jpg

明治初期の建物だそうです。

1207175.jpg

続きは次回にします。

関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。