僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体幹体操って効く?

このところ、よく体幹(たいかん)という言葉を目にするような気がします。

インテル長友選手が実践しているってことも話題になっているようで、書店にいくと、この言葉を良く見かけるようになりました。

私のPCでは、「たいかん」と入れても、体感、体感、大観、耐寒、などと幾つもの単語が出てくる中にも、体幹は出てこないので、入力するのも面倒です。まだ、マイナーな言葉なんでしょうか。

体の具体的な部位ってわけでなく、体の胴回り全体を指す言葉のようです。
昔は、運動部のトレーニングっていうと、腹筋・背筋が定番でしたが、そんな言葉は聞いたことがありませんでした。

腹筋・背筋もその一部なんでしょうが、もっと内側の筋肉、内蔵周りの筋肉を鍛えるって意味合いで使われているみたいですね。
体幹を鍛えると、筋力バランスが改善されて、姿勢やスタイルが良くなる、太りにくい体質を作る、とかいいことばかり書かれています。

少し前、本屋で並んでいた雑誌、タイトルに惹かれて買いました。
「アクティブ50代の体作りマガジン」というサブタイトルが付いている月刊誌です。

volt2013_02.jpg

なかなか書いてあるような動きが出来ないものもありますが、
ようするに、柔軟体操(ストレッチ)です。
主に腰の周りを柔軟に保つ運動が多いようです。普段動かさない筋肉を多少なりとも動かす、ってことで効果はあるのでしょうか。

本当に効果があるのか、いや、運動が正しく出来ているのか、良く判りません。

もう少し詳しい本を買うか、指導者に教えて貰うか、したほうがよいのでしょうか。

いずれにしても続けることが何よりも大切ですけど。

関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。