僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

峠越えなんて無理...

まだまだ寒い日が続きますが、幸い雨や雪は降らなさそうなので、日曜日の朝、走ることにしました。

本当は北西方面へ行きたかったのですが、例によって北西の季節風が強そうなので、東の瀬戸方面へ。

瀬戸までちょうど1時間、まあまあのペースです。
いつもならここで引き返して帰るところですが、このまま先の品野方面へ行ってみることにします。

市内からはずっと坂道が続き、その先の戸越峠まで走る自信が無いので、途中で左折します。

陶磁器資料館で小休止後、坂を下って名古屋へ戻るのもまだ時間が早過ぎるので、「定光寺」という標識に添って走ることにしました。その先の山の上に会社の研修で何度か行った事のある県の研修センターの建物が見えます。

ちょっとした小高い丘と思ってなめていたら、意外に急坂が続きます。
久々の上り坂にギヤの歯が次々と内側へ落ちていきます。^^;

まさかこんな場所で下りて引くわけには行かない、と思いながらも、我慢が足らず、早々にインナーローまで落ちた状態で、我慢のペダリングです。

あとカーブが2回ほど続いたら、一服しないと無理だなと思ったら、切り通しの頂上らしき場所に出ました。

東海自然歩道の陸橋が掛かっている下で一服です。けっこうな汗をかいており、止まっていると寒くなってきますので、とりあえず、汗だけを拭きます。

さて、待望のダウンヒルです。花見でも来たことのある広場を過ぎると、下り坂の勾配がかなりきつくなってきました。ブレーキコントロールしないと危険です。
滑り止めのコンクリート舗装もあいまって、短いながらもけっこうスリルのある下りです。

あっと言う間の下りを終えて、メーターを見ると、あんな短い距離で、50キロオーバーのスピードが出ていました。
反対方面からの上りは相当きつそうですね。でも距離が短い分、ダンシングすればなんとかなるのかもしれません。

城嶺橋


1302101.jpg

平坦路ならなんとか走れますが、体力の落ち具合は、坂道を登るとてきめんに現れますね。

インナーギアを小さくしたい衝動に駆られますが、今のCorratecは、インナーが34で、ローが28の筈だから、決して高いレシオでは無いし。フリーはこれ以上大きな歯が無いので、インナーの歯を減らすしかありません。30まであるようですので、そこまで減らしたら多少は効果あるかもしれません。

本日の走行距離:64.8km
平均時速:20.4km

関連記事

- 10 Comments

懐古ist  

こんばんは
体力の落ち具合は・・・っておっしゃってますが
自転車でこの距離を走ること自体が信じられないので
ただただ唖然としながら読ませていただきました。
サイクリストさんて本当にスゴイですよね。
皆さん、どうやって体を作り込むのでしょうか?
この辺り、結構な坂ですし・・・時速50kmオーバーで
自転車で坂を下ってくるなんて想像もつきません。
すいません、素人がただ驚いただけの感想になりました^^;


2013/02/12 (Tue) 00:01 | EDIT | REPLY |   

齋藤電鉄ryu  

最近想う事

つい先日まで、激坂用に Rに13~26丁を咬ましておりましたが
想う事あって、14~22丁に変更しました。
Fにはインナー26が入っているので、1:1だったのです。
この、1:1っていうのは確かに 「登れる」 ギアなのですが
如何せん、ハイカーより (ってコトは自分が推し歩きするより)
遅くなってしまい、あまり意味が無い (っていうか、却って途方に暮れる)
ってコトを実感し始めたからです。(汗笑
重量級のキャンピングならば、その限りは無いのでしょうが
ロードに幾ら荷物を積んでも、ソコまでは重くなりませんし
やはり、基本的にはエンジン出力自体の増強が欠かせないんですよね。^^

2013/02/12 (Tue) 12:13 | EDIT | REPLY |   

tmz  

懐古istさん コメント有難うございます。

私は元々、あちこち寄り道しながら、何日も何時間も掛けて走る軟弱なサイクリストなのです。
でも、タイヤの細い軽い自転車に乗ると、自分の体力省みず、ついついオーバーペースになりがちで、苦しい目にあったりします。
歳を考えて自分のペースを守らなきゃだめですね。^^;

懐古istさんも行かれたと思いますが、この日も瀬戸の街並みをブラブラしました。タイムスリップしたみたいでいい感じですね。

2013/02/12 (Tue) 22:19 | EDIT | REPLY |   

tmz  

齋藤電鉄ryuさん コメント有難うございます。

私の(パスハンもどき)ランドナーも、確か前が28で後ろが28、いやギヤ比でいうと1を切っていたような気がします。
だから、苦しい峠でも、決して下りない、ことだけを信条として乗っていたような気がします。
実際、タイヤを取られるようなダートでしか下りたことは無かったですが、若い頃は、周りの風景を楽しみながら走る余裕があった分、まだ意味がありました。^^
今はそれでもキツいんで、下りてしまいそうですけど。^^;

2013/02/12 (Tue) 22:29 | EDIT | REPLY |   

夢旅人  

無理は禁物?

”tmz”さん、お早う、そしてお久しぶりです。

最近のバイクは前後で16段ギアなんて、驚きですが、
是ほどのバイクでも、体力不足は響きますか?
常日頃の鍛錬と言う事なのでしょうか? あまり遠出をしないで、無理しない事が大切なのか?ね・・・

2013/02/14 (Thu) 09:19 | EDIT | REPLY |   

tmz  

こんばんは。夢旅人さん。
コメント有難うございます。
今乗ってるロードレーサーという奴は、早く走るためのマシンなので、ギヤ比が高く作ってあります。つまりペダルを1回転させる毎に進む距離は長いのですが、それだけ負荷が掛かります。つまりクルマでいうと燃費の悪いスポーツカーと同じです。
恥ずかしながら、マシンに体が追いつかない状態なんですね。^^;クルマをエコカーに変える(ギヤ比を低くする)か、燃料をたくさん使う(体力を鍛える)かの何れかなんですね。


2013/02/14 (Thu) 22:25 | EDIT | REPLY |   

ぼの  

はじめまして

はじめまして。
ブログ村で検索してたどり着きました。
同じ名古屋近辺のポタリングブログを公開されているので
嬉しく思い、コメント入れさせていただきました。
定光寺付近は私もポタリングコースにしていて結構行きますが、
あの城嶺橋から公園までの激坂には、毎回苦労させられます(笑)。
というか、恥ずかしながら途中でいつも押し歩きをしてしまいます。
先日も久しぶりに行ってやはりまた途中で押し歩きをしてしまいました。
あれを私が上まで登りきれる日は一体いつになるやら・・・(笑)。

また伺わせていただきます。

2013/02/19 (Tue) 00:40 | EDIT | REPLY |   

tmz  

ぼのさん はじめまして。
コメント有難うございます。

若い頃は、決して体力があるほうではないですが、じっくりと峠を攻めるのが好きで、わざわざ信州の峠などに出掛けたものですが、めっきり上りに弱くなりました。これからも、寄り道しながら体力に逆らわずに走ろうと思います。

ブログ拝見させていただきました。同じようなエリアを走られているので大変参考になります。
これからもよろしくお願いします。

2013/02/19 (Tue) 23:19 | EDIT | REPLY |   

いま  

はじめまして

私もよく定光寺を訪れました。

駅側からは勾配がきつくて、滝見のカフェで一服したくなります。

定光寺の山頂駐車場は整備されて、ちょと味気なく成ったような気がしています。久しぶりに曽野口の陶庵で一服したいです。

2013/02/22 (Fri) 12:38 | EDIT | REPLY |   

tmz  

いま さん こんばんは。はじめまして。

坂道を久々に走ると体に堪えますね。^^:
普段は木曽川方面の平坦な道ばかり走っているので、今年は瀬戸多治見方面へ足を延ばしたいと思います。
またいいコースがありましたら教えていただけると幸いです。

これからもよろしくお願いします。

2013/02/22 (Fri) 21:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。