僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春を探しに梅見ポタ

たまたま通りかかった愛知県の観光案内所、「いなざわまつり/3月2・3日」というビラが目に留まり、ちょっと寒そうですが、ポタリングに出掛けることにしました。

久々のミニベロ、Michel号の登場です。
やっぱりのんびり走るには、ロードよりこれが似合ってます。

上着をたくさん着込んだせいで、ゆっくり走っているのに、背中が汗ばんできます。しかし、相変わらず、北風は冷たく、向かい風の中を美濃街道に沿って、稲沢へ向かいます。濃尾平野の向こう側に見える伊吹山が、冠雪しているのが良く見えます。

会場になっている愛知県植木センターの近くには、「矢合(やわせ)観音」というのがあるので、行ってみることにしました。

ちょっとした門前町になっていて、植木やら、服やら、農産物を売っている店が並んでいます。ちらほらと参拝者がいますが、平均年齢は高めです。昭和の香りがする門前市です。

1303033.jpg

「観音」というと普通はお寺ですが、ここはまさに普通の民家の庭先です。
どういう経緯で、民家が観音様を祀ることになったのか、諸説があるようですが、この家のご先祖がこの辺りの領主であったことは間違いないようです。

大きなお宅の玄関みたいな感じで、入って良いものか迷います。

1303031.jpg

庭先にある井戸水は、江戸時代の昔から、万病に効くと伝えられているそうで、この日も何人かの人がペットボトル持参で何本もの水を手動のポンプでくみ上げて持ち帰っていました。

門前の売店では、持ち帰り用のボトルまで販売されています。

1303032.jpg

寒いとは言っても、風さえ吹かなければもう日差しは春の気配。
門前のイブキの木に繋がれているわんこもこの通り。

気持ち良さそうだなあ。

爆睡しているかと思いきや、通りかかった別の犬の鳴き声を聞くや否や、人、いや犬が変わったように飛び起きてけたたましく呼応しておりました。
しっかり仕事?してますね。お見それしました。

1303034.jpg

愛知県植木センターのまつりに行ってみます。
この辺りは、日本でも有数の植木産地であり、そうした産業向けの研修などをしている場所のようです。
去年訪れた農業センターのほど規模は大きくないですが、204品種と種類は多いようです。

ある程度、予想はしておりましたが、蕾は固く、当分咲きそうも無い顔をしていました。

唯一咲いていたのが、この早咲きの品種の1本のみ。「冬至」(とうじばい)という名の通り、12月位から咲き始めるそうです。

1303035.jpg

まだまだ寒いですが、一旦暖かくなったら、今年はとサクラ、いっぺんに開するんじゃないでしょうか。

本日の走行距離:34km
関連記事

- 4 Comments

夢旅人  

待ち遠しい春

”tmz”さん、今日は

春が待ち遠しいですね~。
南風に春を感じるのか? それとも草花に?
昨年末より盆栽いじりの真似事を始めたが、梅が終わり、桜の蕾が少しずつ大きくなっているのを見ると、春の兆しを感じます。

春を探してツーリングなんて羨ましい限りです。
もう私には、そんな元気も無くなったのか? せめて散歩で我慢するとしましょうか・・・

2013/03/04 (Mon) 17:28 | EDIT | REPLY |   

tmz  

夢旅人さん こんばんは。

まだまだ寒いですね。寒いと言ってるうちにもう直ぐサクラが咲きそうです。

ツーリングと呼ぶのはおこがましい散歩の延長ですが、無心でペダルを回している時間は嫌いではありません。

でも同じモノを見ても、目の前の出来事に囚われるばかりで、夢旅人さんのように、季節の移ろいを愉しみ、機微を語る眼力も無く、お恥ずかしい限りです。

2013/03/04 (Mon) 23:20 | EDIT | REPLY |   

ぼの  

もう春の匂いですね

春ポタ、いいですね。
まだまだ寒いですが、
春はもうそこまで来ているようですね。
私も次は春探しポタに行ってこようと思います。

2013/03/05 (Tue) 08:55 | EDIT | REPLY |   

tmz  

ぼのさん こんばんは。

寒いので、出足が鈍ってますが、そろそろシーズン到来です。
花粉とPM2.5が気になりますけど、出掛けずには折られない季節ですよね。

2013/03/05 (Tue) 22:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。