僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノリタケの森に想う

陶器で有名なノリタケの施設、「ノリタケの森」へカメラを持って散歩に出掛けました。
梅雨の晴れ間ってのにさらっとして気持ちのいい日です。

いままであまり注意を払って見ていなかったのですが、レンガ造りの建物の脇に、こんな幾つかの陶器で作ったオブジェが展示されています。

テーマは「陶で魅せる木陰の座布団」

その中で特に気になったものをあげてみました。タイトルが各々に付けられています。

「立ち上がれ日本人」

1306081.jpg

聞いたことのあるような名前ですね。いつの間にか消えてしまった政治団体。
でも、これは東北大震災の影響を受けたものだと思います。
忘れかけていた人と人との繋がり、絆、団結。

赤くて大きな丸いもの(日の丸)を一所懸命ささえようとする人たち。
こころなしか、間引きされているように見える土台の人たち、
支える人たちは少なくなっているのに、赤いものはますます大きく分厚くなっていく...

現実に目を背けず、立ち上がって欲しいのは政治家たち、じゃあないですか?


「Borderline」
タイトルの意味、判るような判らないような。

1306082.jpg

限界ぎりぎり、もうこれ以上我慢できません、大地を突き破って出てくる様々な想い。
安穏として座っていることなんて出来ない世の中を暗示しているのでしょうか。

....
ちょっと疲れているのかもしれませんね。

話は変わりますが、この「ノリタケの森」ですが、ノリタケ本社の移転は決まっていたものの、跡地の利用方法が決まらないままでしたが、新聞発表によれば、イオングループが土地利用に乗り出すことがどうやら決まったようです。ノリタケのホームページにも発表されていました。

名古屋駅近くに残された広い敷地、駅前のデパート群に影響が出るのか、相乗効果でますます名古屋駅前が発展していくのか、何れにしてこの地域も大きく様変わりするに違い有りません。

同じ頃、名古屋駅前のビル再開発も着々と進んでいることでしょう。
名古屋駅の重心がこちら(駅の北)のほうに移っていくのかもしれません。

地元住民としては、買い物が便利になる反面、比較的静かだったこの地域も、土日の交通渋滞、抜け道としてクルマの出入りが多くなることも予想され、環境は悪化することが予想され、良いことばかりではありません。

もしこれが出来ると、名古屋市西区内にイオンのショッピングセンターが3つということになり、完全に地元商店街は壊滅、中小スーパーは撤退することになるでしょう。

名古屋圏の規模からいって、この開発計画が適正なのか、過剰なのか、よく判りません。
資本主義経済では立ち止まることは許されない、のですよね。

関連記事

- 3 Comments

ぼの  

ノリタケの森

私も昨年11月にノリタケの森行ってきましたよ。
赤レンガ、いい雰囲気ですよね。
結構好きなスポットなのですが、
イオングループが利用するということで、
ちょっと寂しいですね。
しかし、イオンの快進撃は凄いですね。
今じゃ右見ても左見てもイオンの看板・・・

2013/06/14 (Fri) 00:49 | EDIT | REPLY |   

いま  

寂しいですね。

ノリタケの森はお気に入りのブラリコースでした。

2013/06/14 (Fri) 23:11 | EDIT | REPLY |   

tmz  

ぼのさん いまさん
こんばんは。コメント有難うございます。
私の書き方が悪かったです。失礼しました。

HPによればノリタケの森は無くならないようで、工場部分のみが移転して再開発されるようです。
今は駐車場もガラガラですが、今後は駐車場も身売りされ、人出も増えるのでしょうね。


2013/06/15 (Sat) 23:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。