僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下町の風景~名古屋市西区

まだ、自転車で遠出はできないので、近所の徘徊編の続きです。

名古屋駅近辺は結構、古い建物や町並みが残っていたりしたのですが、これから先、駅前のビル立替~リニアの開通と目まぐるしく変わっていくことは間違いなさそうです。未だ残っているうちに、残り少ない下町の風景にカメラを向けてみます。

明道町(めいどうちょう)という交差点の一角に残っているスポットです。
この近辺は、かつて、菓子問屋が軒を連ね、近郊近在からたくさんの菓子屋さんが駄菓子を仕入れに来た所です。
中には、一人でやっている駄菓子屋のお婆さんが、ブリキ製の缶に一杯の荷物を担いで商品を仕入れていく姿をもじって、「カンカン部隊」という言葉もあったようです。

今でも、駄菓子の問屋やメーカー、その関連の包装商品を扱う店が残っています。





名古屋高速が上を通るようになり、町が暗くなってしまったような気もします。
「嫁入り袋菓子専門店」とありますが、こういう地域特有の風習もだんだん無くなってきました。
子供の頃は、近所で嫁入りがあったときはもちろんのこと、たまたま遊んでいた場所で、全然知らない家の人から、嫁入りのお菓子を貰うなんてことも有ったりしましたが、いまはそんなことはしないんでしょうね。



かつての商いの中心地だった駄菓子問屋の市場。
同じような建物が大通りを挟んだ反対側にもありましたが、10年ほど前にボヤ騒ぎがあり、それを機に取り壊されてしまい、衰退が一気に進んだような気がします。

何ヶ月か前通った時は、まだ営業に使われていましたが、この日はシャッターが下りているのに二階の窓は開いたまま、もう廃屋状態なんでしょうか。



先にも触れましたが、この地区は駄菓子メーカーが多いことはあまり知られていないかもしれません。
かつてCMでよく流れたシトロンソーダや黒飴などを作っている春日井製菓、クッピーラムネのカクダイ製菓、フーセンガムのマルカワ、松永のしるこサンド(これは名古屋だけか)などなど。

この辺の菓子問屋では、懐かしい駄菓子を大人買いすることもできます。
駄菓子屋はなくなりましたが、今はコンビニでそのパッケージを見かけることが多くなり、ホッとしています。

関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。