僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小径車にVブレーキを付けてみる

以前乗っていた小径車、カミさん用に使えないかと思い、小改造を加えてみることにしました。というのは、昨年、ロードを買った時、以前レストアしたマウンテンバイクの置き場所が無くなり、止むを得ず中学生の姪っ子に贈呈したからです。今も大事に乗ってくれていればよいのですが...

という訳で、白いフレームの小径車、ドロップハンドルなんぞ一度も乗ったことも無い人間に乗りこなせるのか、ちょっと不安もあるのですが、サドルを目一杯下げて、サドルを目一杯前にすれば、なんとかポジションは取れそうな感じです。

この小径車に最初からついていたテクトロ製のカンチブレーキは恐ろしく効きが悪いという評判のブレーキで、私も2回ばかり危ない目にあいました。こんな状態で初心者に乗せる訳にはいかないので、ブレーキを交換することにしました。(私が自前で交換したブレーキに乗せるほうがもっと危ないという説もありそうですが)

vbrake.jpg

以前、マウンテンバイクにVブレーキを付けるのに難儀し、結局ショップに持ち込んだ苦い経験済みなのですが、小径車にミニVブレーキを取り替えたというネット上の記事、また、SHIMANOが発売したリーズナブルな価格のミニVブレーキを、これまた小径車に付けたという記事を見て、これならいける、とネットでプチっと注文した訳です。

先週の土曜日、やっとのことで交換に至ったのですが、そんなに簡単に付いてくれません。
長時間の悪戦苦闘で、翌日まで腰の痛みが残りました。

まず、普通に装着したところ、ブレーキ本体のバネの返りがなく、ブレーキが全く引けません。

次にブレーキをフレームの取り付け台座の一番上の穴に差し込んだところ、強いバネの返りを確保することはできましたが、装着した時点で少しでもプレーキを引けるようにすると、ブレーキがリムに引っ掛かりホイールが回りません。

次にシューを取り付けているワッシャを分解し、内側と外側をひっくり返して本体とシューとの間隔を短くするようにしました。すると、ホイールは回るようになりましたが、今度はブレーキの引きしろが確保できません。つまり全くブレーキが利かない状態でしか引けてません。

引きしろを確保しようとすると、リムとブレーキとの感覚を極限までせまくする必要がありますが、それを両立できるように調整するのは無理がありそうです。

つまり、このブレーキはこのままでは使えない、ってことです。

選択肢は3つです。
1.Vブレーキは諦めて元のブレーキに戻す。
2.また自転車屋のお世話になり、ギリギリ目一杯の調整で使えるようにして貰う。(無理な可能性も有り)
3.ブレーキレバーを交換して付け直してみる。

1.にしようかと思ったのですが、アホな事に、交換する時に、バッサリと千鳥ケーブルをワイヤーカッターで切断してしまったんですね。高級品ならパーツ単位で買えると思いますが、廉価版のこんなパーツでは多分無理でしょう。つまり後戻りできない状態。
2.のちょっと同じ自転車屋にいくのは恥かしいですね。自転車乗りとしても。最後の手段です。

3.になりそうですが、今度はパーツの選定に悩んでいます。
shimano.jpg
単純に、こんな形のVブレーキ対応と書いてあるレバーを買おうと思ったのですが、これはフラットバー用なので、留め金の径が合わない。付けようとするには、ハンドルバーの交換が必要。あと、ブレーキケーブルは止め具(タイコ)の形状が合わないので、これも交換が必要。


dia_compe.jpg

それで、私も以前使っていましたが、「ギドネットレバー」ならドロップハンドルに付けられるそうなので、これにしようと思ったら、今度はVブレーキ対応でない(引きしろが足りない)ようです。


つまり、これを解決するには、上記以外のVブレーキ対応のドロップハンドル用ブレーキレバーを買うか、Vブレーキ対応用のブレーキを付けられるフラットバーにハンドルを付け替えるか、の何れかになりそうですね。

ミニVブレーキ=ショートアームのVブレーキということで、普通のレバーでも引ける、という触れ込みですが、規格がはっきりしないので、前者の方法だと、付けてみないと判らないような気もします。
確実な後者の方法しか無いのか、と今は思案中です。

ほんとVブレーキってこんなにつけるのが難しいものなんですね。
低価格帯の自転車にも普通に付いているパーツですけど、こんなに調整や相性があるとは。

判りきったことかもしれませんけど、同じようなことを考えられている諸兄のご参考になればと思います。
また、この辺に詳しい方がおられましたら、アドバイス頂ければ幸いです。
関連記事

- 4 Comments

h1roto  

こんにちは、

足跡から参りましたら、私と購入したものと同じVブレーキの記事でしたのでついついコメントさせて頂きました。

ブレーキレバーを交換される場合については、
TektroのRL520、ダイアコンペの287V辺りを使用されるケースが多いかと思います。
ただし現在の部品がSTIであるとするとシフトをどうするか、といった問題は発生するかもしれません。

次に、
アームが短いVブレーキは一般的なロード用のブレーキレーバーでも引ける筈なのですが、設定がシビアになることや、タイヤ交換時の対策などを考慮する必要があると思います。

このタイヤ交換時の問題ということについて、私はSM-CB90というアジャスターを間に入れてそれを解決しようとしていますが、なかなか時間が取れず、実際の改造はまだ手が付けられておりません、よって正確なコメントは出来ませんので、あくまでもご参考までにして頂けたらと思います。



2013/10/06 (Sun) 22:00 | EDIT | REPLY |   

tmz  

h1rotoさん 情報有難うございました。

設定がシビアで、調整すれば引ける可能性もあるってことですね。もう少し頑張ってみます。
だめなら、ショップ持込、部品交換ですね。
大変参考になりました。

今後ともよろしくお願いします。

2013/10/07 (Mon) 00:07 | EDIT | REPLY |   

夢旅人  

楽しそう!!

”tmz”さん!!こんにちは

何とも楽しそうですね~?
いやいや、それとも汗だくで頑張っているのかな~?
ついには、元の木阿弥にだけは成らない様に!!

昔、ある人が言っていた。「外車は故障が多く壊れるから、可愛い!!」と。 何だか負け惜しみとしか思えないのだが・・・

試行錯誤しながら、最後には”諦める”からこそ、”面白い”のでしょうかね???

2013/10/07 (Mon) 17:17 | EDIT | REPLY |   

tmz  

夢旅人さん こんばんは。
コメント有難うございます。

そうですね。なんか学生時分と同じことしてるみたいです。全く成長がない。^^;

変わったのは、暇が無くなったこと位ですかね。
安物買いの銭失いしているのは昔から変わってませんけど、それなりに本人は愉しんでいます。(笑)

2013/10/07 (Mon) 22:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。