僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地図を持ち歩く

春がやっと来た。

最後の寒波の中を久々に自転車に乗ったせいなのか、多少暖かくなって油断したせいなのか、風邪をひいてしまった。

いい季節だというのに当分は無理できない。やはり年相応に体をいたわらなければならない年になってしまったようだ。

さて、今日は地図のことを書いてみようと思う。

昔は地図と言えば、大きな紙を折りたたんだものを広げて見る、というのが当たり前だった。 地図の大まかな情報から、現地で右往左往しながら、人に道を尋ねながら歩くというのが基本だった。

しかし、インターネットの発達は地図の使い方まで変えてしまった。
地図のリソースもインターネット上で幾つでも転がっており、無料で使えるのが当たり前だ。 もちろんそれを営利目的で使うのは当然違法で、地図にも著作がある。

個人レベルでの使用であれば、地図をデジタル情報として持ち歩くことが十分に可能である。

モバイル機器で画像をズーミングして表示でき、スクロールする機能さえあれば地図の代用になる。 もっとも、地図をJPEGに出力するのも大変であるが、それを効率化するMap Grabberのようなツールもある。 同じようなことを考えている人は多いのだろうか。

さてズーミングをするのに手っ取り早いモバイル機としてデジカメを試してみた。
ごくごく普通のコンパクトデジカメ、パナのLUMIXである。
PCに繋いだデジカメに直接JPEGを放り込んで、再生モードで見てみた。
ただ放り込むだけでは見れないので、デジカメで管理しているファイル名に合わせてリネームする。 確かに見ることができるが、ズームが効かない。画像が小さいからだと思い、画像と同じサイズまで拡大してみた。 それでも駄目である。何かJPEGファイルの属性情報で自分で映した写真であることのチェックをしているのであろう。

調べてみると、一部ズームが出来ているものがあることに気づいた。出来ていないものを良く見ると、おなじ倍率で拡大したにも関わらず、1ピクセルだけ横幅が大きくなっている。
リサイズして同じサイズに調整してみると、やっとのことでデジカメで見ることが出来た。

これからは、この方法も悪くないなと思ったが、地図データを作るのが面倒には違いない。 Map Grabberを使って見ることにしよう。

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
にほんブログ村 自転車ブログへ
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。