僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本丸を見に

帆船「日本丸」が名古屋に寄港しているのを新聞で知り、見に行ってきました。
帆を張った姿を見せてくれるのはこの日だけ、ということで、カメラを抱えた老若男女が、いつもは閑散としている名古屋港ガーデン埠頭に集まっています。

1311091.jpg

1311092.jpg

1311093.jpg

彼らは将来、七つの海をまたにかける男(女)になるのでしょうね。清々しい若者たち。

1311094.jpg

1311095.jpg

とび職も驚きの作業です。帆をたたむ作業は人海戦術なんですね。

1311096.jpg

このメンバーの中には、うら若き乙女も結構な数がいました。
いまや女性の進出が各分野とも予想以上に進んでいるのでしょう。日本の未来は逞しい女性たちに掛かっているのかもしれません。

1311097.jpg

海好き、船好きならずとも、優美な姿には惚れ惚れします。
この日本丸は第2世にあたるそうで、1世は横浜のみなとみらいに常設されているってこと、知りませんでした。
別名「白い貴婦人」と呼ばれている日本丸、風を受けて帆をいっぱいに膨らませて帆走している姿、なんてもっと素晴らしいでしょうね。
関連記事

- 4 Comments

ポール・ブリッツ  

はじめまして

「帆船は見るものであって、乗るものじゃない」と誰かの本で読みました。

フォレスターとかの海洋文学読むとほんとにそう思います(^^;)

2013/11/13 (Wed) 16:29 | EDIT | REPLY |   

tmz  

ポール・ブリッツ さん はじめまして。
コメント有難うございます。

私も船は乗るより見たほうがいいですね。
大型フェリーでも酔ってしまうし、泳ぎも得意でないので、海は好きですが、見てるのが一番です。
冒険家には絶対なれませんね。

2013/11/13 (Wed) 23:22 | EDIT | REPLY |   

夢旅人  

想いだすね~

”tmx”さん、こんにちは

海洋訓練船「日本丸」・・・懐かしい帆船の写真です。
昔、山口県宇部市の港にも一度、「日本丸」がやって来た事がある。
その時には撮影会も開かれた。
数日の停泊後、離港する時は、船員全員がマストに登り、お別れの手を振っていた事が記憶にある。
何とか言う専門用語だったが、今では忘れてしまった。 

2013/11/18 (Mon) 14:39 | EDIT | REPLY |   

tmz  

Re: 想いだすね~

夢旅人さん こんばんは。
コメント有難うございます。

気になったので調べてみました。
その儀式、登檣礼(とうしょうれい)というそうです。
イギリス海軍発祥の儀式だそうですね。

私自身、そういう儀式、儀礼は自分でやるのは、苦手な体質なんですが、
見るのは清々しくて気持ちのいいもんですね。

シンドバッド、ロビンソン・クルーソー、ガリバー、、、
海に乗り出す冒険を夢見るのは、世界共通の心情なんでしょうか。

2013/11/19 (Tue) 23:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。