僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニベロのブレーキ交換

少し前の記事で書きっぱなしですが、ミニベロのブレーキをやっと交換しました。
ミニベロにVブレーキ自体の取り付けは可能なのですが、ショートアームのものであれば、付くような記事はあったのですが、結局、どう足掻いても自分では取り付ける(=十分なレバーの引きを確保する)ことは出来ず、部品の交換を迫られることになりました。

迷いましたが、結局、ショップ持ち込みという結論に達しました。

うまくいけば、調整してくれるかなという目論見もあったのですが、ショップからはあえなく「無理」と言われたため、またパーツを自分で買ったはいいけど、付かない、という事態が起きないとも限らないので、技術料やパーツ代は高くなりますが、そのままショップ任せにすることにしました。

Vブレーキの引けるドロップハンドル用ブレーキレバーは、現行では、テクトロのRL520しか無いようで、しかも需要が少ないのか、品切れ、入荷待ち、ということで待たされること約1ヶ月、無事取り付け完了との知らせをうけ、今日はその試乗となりました。

私の試乗というよりも、カミさんに乗せるための練習も兼ねていますので、私はママチャリで伴走です。

生まれて初めてドロップハンドルの自転車に乗るわけなので、おっかなびっくりで恐る恐るの低速走行です。
サドルを目一杯下げた状態で、なんとか無理のないポジションは確保できているようです。

それでも、堤防沿いの自転車道路を中心に、10キロ近くを走行しましたが、多少は慣れたようです。
さすがに変速レバーを作動させる余裕はないのですが、堤防の坂道をトップギアのまま平気な顔をして上っておりましたので、大丈夫そうです。
サドルの前後調整とハンドルポストの高さ調整が必要かもしれません。

131117_135506.jpg

近くの緑地公園も、こんな色づき具合になっていました。

131117_135433.jpg

店のお兄さんは、ロックするから気をつけて、となんて言っていましたが、正直そこまでの利き味はありません。^^;
でも、テクトロのカンチブレーキよりは、随分と改善されてはいます。
自分で乗るならともかく、命を預ける部分なので、プロに任せて正解だったようです。
関連記事

- 2 Comments

夢旅人  

タンデムが・・・

”tmx”さん、こんばんは

奥さんとのタンデムが楽しめれば一番良いのかも?ね。
でも、ドロップ・ハンドルのスポーツ・バイクでは奥様がちと無理かな?
二人で颯爽と秋風の中をサイクリンなんて、微笑ましい光景が目に浮かびますよ~!!。

肝心な事は、ブレーキが良く効く事でしょうね。
ブレーキが付いていない何とか言うバイクで街中を疾走する。バカげた奴がいるもんです。
自転車でも車でもスマホ・スマホと目に余る。本当に困った世の中になったもんだ。

2013/11/24 (Sun) 19:35 | EDIT | REPLY |   

tmz  

夢旅人さん コメント有難うございました。

タンデム自転車ってのも昔ありましたね。
30年以上前になりますが、お隣に住んでいた当時の若夫婦がタンデム自転車に乗っており、当時は羨ましく思ったものです。今は道路交通法のために公道が走れなく(数県の例外があります)なってしまい目にしなくなりました。
二人乗りと同じ扱いになってしまうようなんですね。

スマホのながら運転もそうですが、無法者のおかげでルールがますます厳しくなるのも困りものです。

2013/11/24 (Sun) 20:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。