僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続々)地図を持ち歩く

地図ビューア的な分野に使えそうなモバイル端末には、幾つかの候補機種がある。(最近のケータイは同等の機能を持ち合わせているかもしれないが、自分がケータイをあまり好きでないのでパス)

・PSP
PSP go
・iPhone
iPod touch

PSPではビューアの他にナビソフトが使えることが魅力である。GPSなので維持費は掛からないし、リアルに現在位置を示してくれる。
ただ、難点は大きいこと。胸ポケットに入るサイズでないと携帯するにはつらいと思う。さらにGPSアンテナは本体からさらに出っ張る。
サイズを克服してくれるのが、PSP goである。これなら胸ポケットにも入る。ただ、ナビソフトが動くかどうかは不明。GPSアンテナはアダプタを付ければPSP用が使えると書いてあるから、多分実績はあるのだろう。
難点としては、PSP goの将来性。発売当初から売れ行きが悪い。PSPより値段が高いというのもあるかもしれない。実勢価格で22000円弱。
それでも16GBのメモリが内蔵されている訳だから、それどぼ高い訳でもない。
そもそもPSP goはゲーム機だから、ゲームソフトが揃っていないこと、ゲームがダウンロードでしか購入できないことで評判が悪いようだ。

ナビソフトはMAPLUS、みんなの地図とも8000円~9000円程度。ただし、現時点では、MAPLUSはPSP go に対応していない。

iPhoneは携帯電話も兼ねし、サイズ面でもベストかもしれないが、なにぶんにも維持費が馬鹿にならない。使い出すと殆どの人がパケット使い放題契約でないとペイできない通信料を使っているという話も聞く。また現段階では、GPSとして使うことはできない。(日本語対応しているソフトは無い)

今気になっているのがiPod touchである。iPodなので音楽と動画を見るのが主目的だろうが、ケータイ端末として、無線LANが使えるのも魅力である。これなら維持費は掛からない。
32GB内蔵モデルで29800円。8GBだと19800円。

iPhone/iPod touchを使うと、地図をJPEGに落とすことが前提となる。
前述のようにいちいち、地図を加工して準備しておくことが必要になる。昔は地図の準備をすることが当たり前だったのだが、その替わりである。
しかし、インターネットに繋いでGoogleMapを地図でみた後に、その内容がキャッシュに残っているため、それを保存しておけば、後で読み出して使えるらしい。

そこまで面倒なことをしなくても、地図ソフトがあれば、それを丸ごと、或いはパソコン上で動かした結果をJPEGに出力する機能があればいいと思っていたら、ZENRINから発売されている地図がある。特に最新にこだわらなければこれでもいいかなと思う。

自分としては、ナビまで無くてもよいと思っている。地図を見るtことは嫌いではないので、地図の上であれこれと目標物を探しながら、あるいは地元の人に道を聞きながらさまようというのが旅の一つの楽しみでもあるからだ。

サイズと重さを比較してみる。
iPhone 115.5×62.1×12.3mm 135g 3.5inch 16/32GB
iPod Touch 110.0×61.8× 8.5mm 115g 3.5inch 8/16/32GB
PSP     169.4×71.4×18.6mm 189g 4.3inch 64MB
PSPgo 128.0×69.0×16.5mm 158g 3.8inch 16GB

モバイル機としてはiPod Touchが抜き出ている。
PSPの大きさが目立つ。長さはともかくとして、厚みがけっこうあることが判る。

今のところ、iPod touchかPSPgoに触手が伸びているのだが、もう少し考えてみることにしよう。

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
にほんブログ村 自転車ブログへ
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。