僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夏を告げる曳山祭り

今年の連休は飛び石で、天気も後半崩れるなんて予想だがら、という訳でもないですが、近場にクルマを走らせて出かけることにしました。

中仙道の宿場町、垂井(たるい)で曳山(山車)祭りをやっているというのをネットで見つけました。
美濃路(東海道と中山道をつなぐ脇往還)と中山道の追分(分岐点)としても古くから栄えた場所で、古い町並みや建物も残されています。



子供歌舞伎が山車の上で演じられるのは、全国でも数箇所のようです。滋賀県の長浜が有名ですね。

1405052.jpg

3台ある山車のうち、これが一番絢爛豪華な造りです。屋根の上には、キンキラ輝く金鯱に鳳凰、欄干には螺鈿細工が施されています。巨大な仏壇って感じもしなくもないです。同じような技術なんでしょうね。

1405053.jpg

歌舞伎だからこれも男の子ですね。
演目は「鎌倉三代記」だそうですが、要するに頼朝亡き後の政権争いを題材としたものらしいです。
スジは判りませんが、熱演は伝わってきます。これだけの台詞を覚えるだけでも大したもんです。

1405054.jpg

1405056.jpg

巨大な曳山には縁の下の力持ちとして若い衆の力が必要です。この祭りの主役は歌舞伎を演じる子供たちに他なりませんが、方向転換が彼らの見せ場です。

1405055.jpg

こことは違いますが、学生時代に曳山の引き手のアルバイトをしたことがあります。30年前の自分たちの姿を重ね合わせてしまいました。彼らのうち何人かも近くの町の大学生ではないかと思われます。

祭りは何といっても見るより当事者が一番愉しむもの、なんですよね。

1405057.jpg

気持ちのよい初夏の風に吹かれて、鯉のぼりも気持ちよさそうに舞っているようでした。

1405058.jpg

関連記事

- 2 Comments

じーじ  

今晩は
垂井の曳山祭、画像始めてみました。
先日長浜へ行った時、祭は終わった後で、残念でした。私は秩父出身なのですが、秩父夜祭りの山車は見事ですよ。でも、少しマイナーな方が全体が観えて良さそうですね。

2014/05/06 (Tue) 21:05 | EDIT | REPLY |   

tmz  

じーじさん こんばんは。コメント有難うございます。

秩父の夜祭、夜祭というだけにクライマックスの花火も打ち上げられて写真を見ても見事ですね。
バイトしたのは長浜なんですが、ちょうどNHKの連続テレビ小説の舞台になってますます有名になりました。宵山で何台もの曳山が集まる姿もなかなかのものでしたね。

2014/05/06 (Tue) 23:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。