僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖を見に行きます(1)

週末はいい天気になりました。すっかり夏の陽気ですね。
輪行袋も手に入れたことだし、中仙道を行ける所まで行こうと、朝7時少し過ぎ、気温を上がらないうちに距離を稼ごうと、いつも通る美濃街道を西へ進みます。

垂井の中仙道美濃路追分です。ここから先は中山道に合流です。

1405241.jpg

今月の初めに来たばかりの垂井宿です。そんなに古くなさそうですが、雰囲気のある旅籠。町外れから、少しずつ坂道が始まりますが、まだまだ余裕です。

1405240.jpg

ここから先の中仙道はR21と並行しつつ、時折合流しながら、通っていて交通量の多いR21をあまり走らずに済み、いい感じで走っています。

僅かですが、松並木が残っています。この辺りは、桃配山といって、関が原の合戦の時に家康が陣を敷いた場所とのことです。その理由は、はるか昔にかの地で行われたもう一つの合戦、壬申の乱で、勝者である大海人皇子(おおあまの
おうじ)が陣を敷き、兵士に山桃を配ったという言い伝えがあり、家康は縁起を担ぎこの場所に陣を置いたとのこと。縁起担ぎは昔から勝負事には欠かせない重要なものだったんですね。

1405243.jpg

まもなく、関が原の街に入ります。今の市街のほぼ中心にある本陣跡、その裏には大きなスダジイの巨木があります。
何年か前にも見たことがありましたが、ほとんど枯れかけていました。今は修復のために包帯でぐるぐる巻きにされています。
関が原の合戦も見てきたモノ言わぬ生き証人として、これからも大切にされていくのでしょう。

1405244.jpg

その先、松尾という集落にある、春日神社。ここは、関ヶ原の合戦時の先鋒を務めた福島正則の陣が置かれた場所。倍以上の兵を有して布陣する西軍の宇喜多秀家と一進一退の激しい攻防戦を演じます。今やそんなことを感じさせないごく普通の住宅地になっています。

神社の境内にある月見宮大杉。幹周り5.8m、樹齢800年の巨木で、関ヶ原合戦図屏風にも描かれているそうです。

1405245.jpg

その先、不破関跡などの資料館もありましたが、まだ空いてなさそうなので通過。
この辺りは、先に書いたもうひとつの天下分け目の戦い「壬申の乱」の激戦地でもあります。
うっそうとした薄暗い森の先にある、「自害峰の三本杉」への標識。
壬申の乱で破れ、自害した大友皇子の頭が葬られていると伝えられ、その印として植えられている三本杉です。
実はこの場所、随分前に来たことがあるのですが、なんか道が草深くなっていて一人では気味悪いので止めにしました。

渋い感じのレンガのトンネルがあるので、近づいてみると、「黒血川・・」の文字。
何の変哲もない長閑な用水路みたいな川が血に染まっていた、訳ですね。

1405246.jpg

その先には、常盤御前の墓もありました。常盤御前は、源義朝の愛妾、つまり義経の母親ですね。東国に走った義経の行方を案じ、後を追う途上、賊に襲われて息を引き取ったと言われています。
負ける戦と知りながら石田光成との友情?から西軍に参加した大谷吉継(大谷刑部)の墓もこの辺りにありました。

交通の要害でもあったこの地は長い時代を通じ、様々な人々が通り過ぎ、あるいは戦い、非業の死を遂げた場所でもあります。

もっとゆっくり見ても良い場所かもしれませんが、暑くなる前に先へ進むことにします。
今須宿の町並みを過ぎ、再度R21と交差すると、長久寺に入ります。

ここがかの有名な「寝物語の里」です。
かつてより、一つの村の中に美濃の国と近江の国の国境線が通っていたそうです。
かつては、国境であると同時に、銀本位制と金本位制の境界線、ことばに関しても、
この辺りは今でも、西日本と東日本を分け隔てるラインになっており、「アホ」「バカ」の境界線、
薄味と濃い味の境界線、昆布だしとカツオだしの境界線、とかいろいろあるみたいですが。
いつも、忘れるのですが、この辺のコンビニで買う「どん兵衛」はどちら味なんでしょうか。

1405247.jpg

だらだら書いてたら長くなりましたので、この辺にします。
次回は近江編です。
関連記事

- 4 Comments

toyuki  

おはようございます。
垂井宿の旅籠屋、良い雰囲気ですね~
未だ現役で泊まれるのでしょうか?
 街道沿いを行くと様々な歴史に
触れられますね~時は流れて今では
何気ない町になって知る人ぞ知る的な
感じになったり・・・
歴史を紐解くと魅力的な場所が多いです。
未だ関西圏をウロウロしてますが
何時か垂井にも足を延ばそうと思います^^


2014/05/27 (Tue) 07:23 | EDIT | REPLY |   

じーじ  

今日は
なかなか良い旅をしましたね。
旧道と峠があれば旅自転車の独壇場ですね。
次回楽しみですよ。

2014/05/27 (Tue) 10:18 | EDIT | REPLY |   

tmz  

toyuki さん こんばんは。コメント有難うございます。
この宿は今は休憩所みたいな場所になってます。もう少し東に200年前から続いている鉄砲窓のある旅館が営業中です。

旧街道の落ち着いた町並みは良いですね。年々失われていくのが残念です。自転車に乗って回っていても寄り道がついつい多くなります。ぜひ垂井以東の中仙道にもいつかお越し下さい。

2014/05/27 (Tue) 22:35 | EDIT | REPLY |   

tmz  

じーじさん こんばんは。コメントありがとうございます。

旧街道はやっぱり良いですね。特に近江は好きな場所なので、この近辺は好きなエリアです。
でも、ランドナーの軽いギヤ比でないと峠道はホントに辛い年になりました。わずか200mの標高の峠道でも随分と堪えますね。^^;

2014/05/27 (Tue) 22:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。