僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖を見に行きます(3)

またまた前回の続きです。
摺針峠を短い急坂を下りきると、国道8号線(R8)に合流します。
まもなく、旧道の入り口があり、中仙道鳥居本宿に入ります。鳥居本という地名、京都の嵯峨野にもあり有名ですが、こちらは特別な観光資源もないせいか、ひっそりとしています。

ここはすでに行政区分で言えば彦根市なのですが、かつてはこの辺が彦根の中心地でした。
かつてといっても、400年以上も前の話、関が原の戦いの勝者である徳川家康の譜代である井伊直政が、敗者である石田光成の領地であったこの地にやってくる前のこと、この町は、中仙道の宿場であると同時に、佐和山城の城下町としても栄えたようです。

敗者の痕跡は勝者によって徹底的に破壊されるのが世の慣わし、佐和山城の替わりに、今の彦根城が作られ、城下町の中心も湖側へ移りました。彦根城の石垣は佐和山城のものを使っているというのは有名な話ですね。

豊臣家に対して義を貫いて破滅した石田光成、替わってこの地を治めた井伊家から、300年後、井伊直弼というある意味、幕府に対して義を貫いた人物が出てきた、というのも皮肉なものですね。
ともに評価の分かれる人物ですが、歴史の分岐点で同じような立場に置かれ、非業の死を遂げる、判官びいき、という訳でもありませんが、ともに嫌いな人物ではありません。

鳥居本宿はさすがに町が消え去ることはありませんでしたが、町の賑わいからは取り残された、のでしょう。古い昔ながらの町並みが残っており、その中でも特に目立つ、要塞のような立派なお屋敷が現れました。

140524h.jpg

このお宅は、有川家といって、「赤玉新教丸」という薬を350年も前から製造し、現在も製造・販売を続けているらしい名家です。明治天皇行幸の際の休憩所として使用された、とあるから、かつてからこの町を代表する家であったようです。公開はされていないようですが、ここだけタイムスリップしたかのように昔の店が再現されています。

140524i.jpg

赤いポストもまだ現役で、1日1回集配にくるようです。

toriimoto.jpg

140524k.jpg

R8沿いを走っている近江鉄道の駅舎、昭和初期に立てられたままのレトロな味わいの建物です。

この近江鉄道、略して近鉄、とは関西の人も言わないようですが、全国一の私鉄である近畿日本鉄道よりも歴史は古いのです。西武グループのオーナー堤氏の出身地という縁で、随分昔に西武グループの一員になっています。

私も随分と昔に一度だけ乗ったことがあります。
並行して走っているJRの2倍の料金、しかも本数も少なく遅いので、乗る必要は無いですが、あくまで話のネタにです。
車内はなぜか東京や埼玉の広告が載っていました。西武鉄道のものをそのまま持ってきて使っているんでしょうね。
ネットで見ると、今も同じみたいです。
経営努力のなか、地域の貴重な足として利用され続けています。サイクルトレインを実施しているらしいですね。

140524j.jpg

toriimoto2.jpg

ということで、琵琶湖畔にたどり着き、彦根市内をぶらぶらして帰途につきました。
潮の香りはしませんが、これだけ見ると海の景色ですね。

140524l.jpg

新しいタイプの輪行袋への詰め込みは予想外に時間が掛かりました。
説明書を見ながら約40分。どうも詰め方も下手くそでいびつな形状で自立できない有様です。
目の前で電車が出発して30分以上もホームで待つ羽目になりましたが、目一杯に体を動かした充実感がありました。

走行距離:116キロ

関連記事

- 7 Comments

じーじ  

今晩は
彦根に着きましたね。
私も毎年のように彦根周辺に行ってますが、9月に琵琶湖でトローリングの予定です。もちろん琵琶鱒釣りです。
ところで、記事の内容が歴史に基づいていて、面白かったですよ!

2014/06/02 (Mon) 21:03 | EDIT | REPLY |   

tmz  

じーじさん こんばんは。いつもコメント有難うございます。
ビワマスですか、一度も食べる機会が無かったのですが、今度行ったときには一度は味わってみたいものです。
ネタ切れになったら、そのうちに彦根の町並み紹介をします。

2014/06/02 (Mon) 22:38 | EDIT | REPLY |   

toyuki  

おはようございます。
鳥居本、こちらは確か多賀大社の鳥居が有ったとか・・・
ここの街並みはやはり、この鉤曲がりに建つ有川家ですね。
町並みも所々に古い建物が有って良い雰囲気です。
サンマード風の駅舎も可愛いですね!
近江鉄道は、本数も少なくって不便ですが一日乗車券を
買って時間を気にせず景色を眺めるのは、ゆったりと
した気分になれて楽しいですよ~

2014/06/03 (Tue) 07:14 | EDIT | REPLY |   

tmz  

toyuki さん コメント有難うございます。

近江鉄道は、サイクルトレインを実施しているので、いつかは自転車を乗っけて乗りたいと思ってます。あの辺一帯は変わらず長閑でいい所ですね。
蛇足ですが、多賀大社の鳥居は隣の高宮宿だったかと思います。一度もくぐったことはありませんけど。

2014/06/03 (Tue) 21:45 | EDIT | REPLY |   

tmz  

失礼しました

toyuki さん 失礼しました。
ググって調べてみたら、
「昔 此所に多賀明神の鳥居ありしゆへ鳥居本と云う 沢山の古城は鳥居本の西にあり」と昔の書物に書かれていたみたいですね。今も残っているのでしょうか?

2014/06/03 (Tue) 21:50 | EDIT | REPLY |   

mihopapa  

こんにちは。
撮影場所の参考になりました。
垂井~河度まではチャリで走ったことがあります。
垂井から西のほうは行っていないので、梅雨が
終わったら行ってみようかと。

その時に名神の旧道後にも行って見るつもりです。
高速では珍しく付替えで廃止になった区間で、
関が原ICの西、今須中の東のあたりです。

2014/06/07 (Sat) 10:59 | EDIT | REPLY |   

tmz  

mihopapaさん こんばんは。
コメント有難うございます。

名神の旧道というのは初耳ですね。
あの狭い地域に幹線道路や鉄道がひしめいていてルート決めには相当苦労したんでしょうね。
今でもあの区間は下り急カーブでちょっと緊張する場所ですね。

2014/06/07 (Sat) 22:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。