僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜界隈にて

今年もとうとう師走半ば。寒いのでどっちみちロードレーサーには乗ろうとも思えないが、随分と肩の痛みが引いてきた。少し早いが、春が待ち遠しい。

転倒した日にカメラに収めた画像から、数枚を。
名古屋から、岐阜街道を通って岐阜市内まで真っ直ぐ走った、10月下旬の土曜日の風景。

1410242.jpg

この辺りの子供は川で泳ぎを覚えたもんだ、と岐阜生まれの元上司は言っていたが、今でもそうなんだろうか。
県庁所在地の市街地にこんなに綺麗な川が流れている町は他にはないじゃないか、と思う。

1410242.jpg

ちょうど、漁師さんが鮎漁のお仕事中。鮎というと夏のイメージだが、この季節(10月末)でも獲れるらしい。
岐阜街道は、美濃から徳川家康への鮎鮨の献上ルートであったことから、鮎鮓街道(あゆすしかいどう)と呼ばれていた。鮨といっても、保存のきく、いわゆる熟(な)れ寿司、多分私の口には合わないような気がする。

1410243.jpg

1410244.jpg

岐阜・川原町界隈は、古い町並みが残っている。
長良川河畔とこの通りを組み合わせてポタリングコースにしている人は多いんじゃないだろうか。

141024c.jpg

ふと目に付いた見慣れない像。
「庚申」と書かれている。申と言う文字から干支でいう猿というのがこれで少し判った。
この文字、前からたまに神社仏閣で見かけるので、少し気になっていた。
映画の寅さんシリーズで毎回必ず出てくる帝釈天参道でもこの文字を見かける。

141024e.jpg

しらべてみると、
庚申とは干支でいう、庚(かのえ)申(さる)の日を意味し、この夜に人間の体の中にいる三尸の虫が、寝ている間に体から脱け出して、天帝にその人間の行った悪行を告げ口に行く。天帝は寿命を司る神であるから、悪いことをした人に罰として寿命を縮める、だからこの夜は眠らないで、虫を抜け出せなくすると云うものらしい。
寅さんで出てくる帝釈天は、これの総本山みたいなところで、これを利用して随分と参拝客を集めたようだ。

元々仏教のものではなく、中国の道教の神様を起源としていて、密教・神道・修験道・呪術とかと組み合わさったものらしい。色んなものに神様が宿ると信じ、それを崇めつつ、色々な行事を通じて人と人とのつながりを深めてきた、いかにも日本的な信仰。

今思い出したが、その日、初めての休憩を取ったとき、後輪のクイックレバーが外れていたのに気づいた。
後輪を外した記憶は、前回、桑名まで走った時に、パンクして後タイヤのチューブがパンクした時以来無い。
知らずにそこまでの20数キロ、それどころか前回の分の片道40キロを走ってきたことに背筋が寒くなった。

ちなみに、この日は庚申ではなかったが、日ごろの行いが悪い者に寿命をつかさどる神が与えた天罰、いやそんなことも忘れていつもと同じように走っていた私に守護霊が与えた警告だと思うことにした。

安全運転と自転車に乗る前のチェック、自転車乗りの皆さんもお気をつけ下さい。

関連記事

- 6 Comments

じ~じ  

庚申

今晩は
毎回勉強になります。
帝釈天には年に1回は最低行っているのに、詳しくは知りませんでした。
具合が良くなってきて良かったですね。
春には充分に乗れるでしょうね。

2014/12/15 (Mon) 22:39 | EDIT | REPLY |   

tmz  

じーじさん こんばんは。
コメント有難うございます。

お蔭さまで少しずつですが、快方に向かっているようで、固まった関節を伸ばす運動をしています。
調子に乗って凍った路面で滑って、なんてことのないように春まではロードに乗るのは封印としておきます。
しばらくは写真撮影でもしようかなと思っています。

2014/12/15 (Mon) 23:41 | EDIT | REPLY |   

ぼの  

ご無沙汰しています。

お体いかがですか?
寒くなると疼いたり痛み出したりしますので、お気を付けくださいませ。

さて、今回の写真ですが、川の水がとても綺麗ですね。
こんなに透き通っているなんて思いませんでした。
10月頃の写真とのことですが、今やこの時期が懐かしいですね。
早く暖かくなってほしいものです。
って、まだ冬になったばかりですが・・・(苦笑)

2014/12/18 (Thu) 00:35 | EDIT | REPLY |   

tmz  

ぼのさん こんばんは。
ご心配有難うございます。

もう2ヶ月というのに年のせいもあるんでしょうけど、なかなか完治とまではいきません。
しかし、日常生活には随分と支障が無くなり、今日もリハビリに行ってきましたが、少しずつ腕も上がるようになってきました。

寒波が押し寄せる中、季節はずれの写真を載っけてしまいましたが、今年はいつもの年に増して春が待ち遠しいです。

2014/12/18 (Thu) 23:02 | EDIT | REPLY |   

夢旅人  

な~に?

”tmz”さん、こんにちは

少々肌寒いのにアユ獲りとはね~、 オォ~寒~!!

ところで、清流に晒しているのはな~に? 友禅流しなら色があるが、真っ白とは何だろう?

2014/12/22 (Mon) 17:04 | EDIT | REPLY |   

tmz  

夢旅人さん こんばんは。
コメント有難うございます。

私もよく判らなかったので、ネットで調べてみました。
白い布切れのように見えるのは、「瀬張り網漁」という伝統漁法につかう道具だそうです。
鮎が通り過ぎるタイミングで水面を叩き、その音と真っ白な水面に驚いているときに、投網を投げて捕まえるらしいです。まさに職人芸ですね。

投網を投げるところは見ていたのですが、白い布切れ?ビニール?がそんな役割をしているとは思いもよりませんでした。


2014/12/22 (Mon) 22:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。