僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

養老公園まで

4月も半ばというのに今ひとつ春になりきらない週末の日曜日、雨は降りそうにない様子なので、少し足を延ばしてみることにした。

濃尾平野の平らな道を、ひたすら西へ西へ進むと、だんだん見えてくる山並みが目的地、養老公園という、この近辺ではメジャーな観光地だ。

親孝行の息子が親の為に滝に水を汲みに行った所、それが不老長寿の水(酒または酒の匂いがする水)で、 その滝の水を飲ませたら長生きしたという伝説は有名。

去る40年ほど前、中学生の頃に何人かの仲間と連れ立って、買って貰ったばかりのスポーツ車(当時流行ったセミドロップハンドルの付いたオール鉄製のジュニアスポーツ車である)に乗って出掛けた最も遠い距離を走った場所だ。

いつも通る津島街道は、殆ど信号も無い裏道なので、休日は車も特に少なく、ゆったり走るには適している。

休憩もなく、一気に木曽川まで。東海大橋を渡って岐阜県へ。40年前とほぼ同じ道ではないかと思う。
当時はまだ、東海大橋は新しい橋で、有料だった記憶がある。もちろん、周りの風景も今とは随分違っていたことだろう。

田んぼが一面に広がっているようなこの辺りの場所で、大きく膨らんだ気球が見えた。

1504111.jpg

近づいてみると、気球に乗った一人の男性がパトカーに乗った警官に尋問されている?ように見えた。
警官以外はその男性だけ、回りはパトカー以外のクルマもなく、風に流されてその場に下りたのか、
気球は飛ばす前の許可を取っていなかったのだろうか、警官が電話で問い合わせを行っていた。

目の前に見えてきた養老の山並みは近そうで遠い。
真っ直ぐな田んぼの一本道をひたすら走るのみ。風も無く、暑くもなく寒くもなく、ゆったり走るには丁度良い。

自宅をでて走ること2時間、近鉄養老駅に出る。
この養老線は、自転車がそのまま持ち込める路線としても有名。私も利用したことがある。
サクラの季節は過ぎたとはいえ、観光地の駅前にしては侘しい。
ちょうど着いた桑名発の電車から降りてきたのは、普通の自転車に乗った私より年配のおじさんが2人。
まさか養老の滝まで行くんじゃないよね。

駅の真ん前の道から急坂がいきなり始まる。
走り始めて、500メートル位、養老公園の入口付近で、目的地まで走りきることは無理だと確信した。

前方にママチャリに乗って後ろに子供を乗せた初老の男性が軽やかにペダルを回しているのが見えた。
そこまで体力が落ちたか、と思って近づいてみれば、動力付の自転車だった。

それでも、めげずに人の沢山歩いている場所では、下りて引くことはサイクリストとしてのプライドが許さず、止せばいいのにペダルを回す。ところが、土産物屋の立ち並んでいる場所を過ぎ、滝まであとxx分という立て札を見て、先がまだまだ長いことがわかった途端、一気に力が抜けて、あっさりと歩行者になった。

1504112.jpg

久々の坂道に足元がふらつく寸前で、滝の見える場所までなんとか辿りつき、カメラに収めると、これ以上は行かないほうがいいと本能が訴えるので、引き返すことにした。

40年前は自転車で滝の前まで行った、のだろうか。記憶が無い。
平坦な道はそれなりに走れるように見えても、坂道への反応は正直に私の今の体力を教えてくれる。

翌日は歩行に若干の支障をきたしたことは言うまでもない。
今日判ったのは、走るのは土曜にしたほうが良さそうだということと、もう数枚歯の多い後ろのギヤが要るということ。



本日の走行距離: 83.9 km
平均時速: 20.9 km
関連記事

- 6 Comments

じ~じ  

今晩は、滝見見物ですね。
そうですよね、奥に行くか行かないか、迷いますよね。
関係ないですが、養老SAは京都亀岡の草トライアルへ行く時、昔のキャンパーで毎年泊まった場所です。
明後日、山陰・山陽を回りますよ。

2015/04/14 (Tue) 22:05 | EDIT | REPLY |   

古川まさひろ  

こんにちは^^

川沿いのあの坂を上られるとは、さすがです。
私は、駐車場までの坂で心折れましたww

2015/04/14 (Tue) 22:58 | EDIT | REPLY |   

tmz  

じ~じさん こんばんは。
ようやく筋肉痛が癒えました。坂道はやはりきついですね。ギヤの交換しないと無理です。
山陰・山陽いいですねえ。ブログ楽しみにしてます。
道中お気をつけて下さい。

2015/04/14 (Tue) 23:40 | EDIT | REPLY |   

tmz  

古川まさひろさん こんばんは。
コメント有難うございます。

いえいえ、私も同じようなものです。かつては峠越えが好きだったのですが、すっかり坂道が苦手になりました。前と後の歯の数が同じ位の超ローギヤを使えば何とかなるかもしれませんけど。^^;

2015/04/14 (Tue) 23:46 | EDIT | REPLY |   

オトシン  

気球

 ルートラボ、拝見しました。
 滝までの激坂、凄いですね~
 斜度はどのくらいありましたか??

 自分の場合、「今日は登ろう!」と気合を入れた日
 じゃないと、峠は避けてしまいます。

 足つきなしで登りきると、なんとも達成感にあふれるのですが・・・
 
 気球の写真、ステキですね

2015/04/16 (Thu) 22:37 | EDIT | REPLY |   

tmz  

オトシンさん こんばんは。
コメント有難うございます。

斜度、どれ位なんでしょう。私のスピードメータは残念ながらその機能が無いので判りませんが、ルートラボで見ると、前半は5~6%、最後の降りて引いていた辺りは8%位みたいですね。
ずっと平坦な道ばかりなので、高度図は凄い坂みたいに見えます。^^;

いずれにしても坂道は老体には堪えます。

2015/04/18 (Sat) 23:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。