僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車の安全性

ビアンキの自転車事故が「報道特集」で一躍話題になりました。

ここで取り上げられた問題は、企業の製造物責任の問題、という捉え方と、自転車の安全性に対する問題、という捉え方があると思います。
法律的な知識はありませんので、前者については何も言えませんが、後者の点から見れば、これは限られた車種の問題であり、それよりも乗っている人が多くて危険性も高いのが折り畳み自転車ではないかと思います。

気になったので、Google検索してみると、以前からその安全性の指摘はされているようですね。
http://www.kokusen.go.jp/test/data/s_test/n-20100217_1.html
http://www.nite.go.jp/jiko/news/025/025news.htm

ここでいう折り畳み自転車とは、
よくホームセンターとかの店先に並んでいる自転車のことです。
ミニサイクルよりも車輪が小さくてなんとなくお洒落という感覚、もしくはミニサイクルより安くてコンパクトだったりするので、最近非常によく見かけます。

路上に駐輪したりしているのか、結合部分やスプリングの部分が錆びているものもよく見かけますが、ホント大丈夫かなと思ってしまいます。

もちろん、ある程度のクラスのものは、安全性もしっかりしていて、それなりの強度試験などもされていると思いますので問題は無いと思うのですが、それなりの値段もします。
これは趣味の問題ですので、安全性が十分確保された機能性の高い製品に価値を見出される方はそれはそれで否定するつもりも全くありません。

そうでない方、これから買われる方は、折りたたむ機会がどれだけあるのか、を冷静に考えてみたほうがよいのかも知れませんね。

前輪と後輪を外せば、自転車のサイズはかなり小さくなりますし、折り畳み自転車でなくても、輪行袋に入れれば電車にも持ち込めますしね。

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
にほんブログ村 自転車ブログへ
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。