僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曽川サイクリングロードを走る

GWと言っても、休みは4日間、何処へも行く予定は無かったので、近場をブラブラと自転車でポタリングして終わった。

ワンパターンのコースであるが、犬山まで岩倉街道~五条川~木津用水と平坦な濃尾平野を裏道を中心に走り、犬山城下へ。

1505052.jpg

犬山城直下のトンネルは、工事が終わっていて、車両通行止めになっていた。僅かな距離だが、木陰に包まれた緑の中を通過するのは汗ばんだ体に心地よい。

木曽川河畔でベンチに座って一服、それから、坂を上がって城下町の町並みをゆっくりと一回りしてクールダウンするのもいつもの通りだ。

いつも思うのだが、犬山城から真っ直ぐに延びる町並み保存地区は、週末には沢山の観光客が歩いているのに、全て車両通行OKになっている。だからこそ、自転車の通行もOKなのだから、文句は言えない。さすがにこの日は、一部区間のみ通行止めになっていた。

1505053.jpg

木曽川沿いの堤防に繋がっているサイクリングロードは、行くだびに整備が進んでいるようで、自転車乗りとしては有り難いことだ。

犬山城下からの数キロは道幅が狭く、道路が荒れ気味なので、ちょっと危険ではあるが、そこを除けば、下記写真の場所(起の渡し場跡)までの約20キロ近くは、時折分断されてはいるが、河川敷や堤防に整備されたサイクリングロードが続き、車道を走る区間も少ないので、安心して走ることができる。

こんなサイクリングロードの整備情報や道路の交通情報をまとめてみたいと思っているのだが、いい方法が見つからない。

この日も思い思いの走り方で、いろんな種類の自転車に乗って、家族、グループ、老若男女で、のんびりとポタリングを愉しんでいる姿が見られた。

1505051.jpg

暑くも無く、寒くもない絶好のサイクリング日和だった。

本日の走行距離:84km
平均時速:?

関連記事

- 6 Comments

オトシン  

サイクリングロード

 こんばんは。 サイクリングロードは日本各地にあるようですね。
 路況が良いばかりではないようですが、車の交通量が少なければ
 やはり楽しめます。

 走行距離で84キロは、もうロングライドの域ですね
 私も走りたくなってきました。

2015/05/08 (Fri) 23:28 | EDIT | REPLY |   

妖精ボージー  

こんにちは。(^-^)

今のサイクリング用の自転車には、スタンドがないということですが、倒して置くと傷がつくでしょうし、場所的なことにしても、いろいろと不便ではないのですかね・・・(^_^;)

2015/05/09 (Sat) 13:45 | EDIT | REPLY |   

じ~じ  

自転車

今晩は
なかなかランドナーに手が伸びませんね。
そう言う私が、ミニベロに手を出しそうです・・・。

2015/05/09 (Sat) 21:18 | EDIT | REPLY |   

tmz  

オトシンさん こんばんは。
自転車がスポーツとして定着してきたようで、道路整備が進んでいるのはうれしいことですね。
若いお兄さんに追い抜かされるのにはもう慣れっこになりました。
何も考えずにボーッとして体を動かすにはもってこいの道ですね。

2015/05/09 (Sat) 22:21 | EDIT | REPLY |   

tmz  

妖精ボージーさん こんばんは。

確かにスタンドは付いてないのが多いですね。私も付けない主義です。
軽量化、なんておこがましいですけど、使ってみると、意外に必要ないことが多いです。
最近は道の駅でもそんな自転車用の吊り下げ用スタンドが用意されているところも出てきました。
それよりも、いたずらされたり、盗難されたりするほうが怖いです。乗って帰れなくなりますので。^^;

2015/05/09 (Sat) 22:27 | EDIT | REPLY |   

tmz  

じーじさん こんばんは。

いい気候の日が続いてます。
ランドナー、欲しいのですが、置く場所が無いので、実家に置いてあるランドナーとロードを交換、てなことも少し考えてます。自宅から山の中まで行くのに1~2時間位かかることを考えると、もう少し時間に余裕が出来てから、ということになりそうな感じです。でも、輪行という手もありますね。

2015/05/09 (Sat) 22:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。