僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郡上八幡・清流街道をゆく

良く晴れ渡ったシルバーウィークの一日、以前より考えていたコースへ車載でのポタリングへ出掛けることにした。
カミさんも同行なので、坂道があまりなく、交通量も少なく、適度な距離で、適当に食べる場所もある、というルートを探し、奥美濃の小京都、なんて呼ばれているのかどうかは知らないが、長良川沿いにある郡上八幡へ。

名古屋から自走するのはさすがに厳しいので、手前にクルマをデポしておいて、長良川沿いを往復することにした。ネット上の地図で、クルマが置けそうな場所を物色した結果、デポした場所は、美並町の「日本まん真ん中センター」。

国道156号線が長良川に沿って走っているが、自転車には優しくない幹線道路。幸いなことに156号線に沿って、長良川の対岸にずっと道路があることは下調べ済みなので、当然この道路を使うことになる。時折、通り過ぎるクルマの殆どは地元の軽トラなので、安心して走ることができ、長良川の流れもゆったりと間近で見ることが出来る。

コバルトブルーの水が美しい。ラフティングのツアー客だろうか、気持ち良さそうだ。橋の上から写真撮影のサービス付きらしい。

1509201.jpg

長良川は日本三大清流の一つと言われ、アユ釣りのメッカとして有名な川。大勢の釣り人が竿を垂れている。亡くなった親父もアユ釣りが好きで、よくこの辺りには来ていたことと思う。

1509202.jpg

長閑な里山の風景。

1509203.jpg

お盆の期間は徹夜で踊り続けるという「郡上踊り」で有名な町だ。
シルバーウィークということで、結構な人出、有名なスポットである「宗祇水」は人並みが途切れることが無く、なかなか写真も撮れない。クルマの規制をしていないので、クルマが頻繁に行き交いしており、メインストリートは危ない。自転車を停める場所もなく一苦労する。

1509213.jpg

川べりには、3階、4階建ての住居が建っている。天然のクーラーで真夏でも随分と涼しいことだろう。

1509205.jpg

飛び込み(自殺ではない)で有名な橋。郡上八幡で育った子供たちは、この橋から飛び降りて一人前、とみなされるらしい。
この日も、目立ちたがりの若者が何人か橋の欄干から飛び込んでいた。岩がごつごつしていて一歩間違えれば危険だ。でも子供は多少危険だとわかっている遊びをしながら、自分たちで少しずつ本能的に危険を察知しながら学んでいくのだ。

1509208.jpg

郡上八幡は、水のまち。あちこちに井戸水が湧き出し、用水が流れている。天然の水道兼防火用水システム。今でも現役で使われているのが凄い。

1509214.jpg

今回の起点とした場所、日本真ん中センターの中には、床に日本地図、この町がその中心であることを示す、日時計と称する柱が立っている。

1509211.jpg

冗談みたいな名前だが、日本の人口で重心を取った場合、つまり日本列島という板の上に人が乗っかってバランスを取った時に、その中心にくるのがこの町だった、ということを町おこしの材料にしたらしい。今ではその栄誉が隣町に移ってしまい、建物だけが残っている。竹下内閣のふるさと創生資金が作り出した過去の遺物。図書館ということになっているようだが、丘の上にあるので、車でないと来るのはキツいせいなのか、地元の子供たちにも利用されていない。
シルバーウィークというのに広い広い敷地に泊まっている車は2台のみ。せっかくの広い駐車場は利用しないと勿体無い。

ほとんど平坦で、クルマも少ないので、自転車で走るのには快適なコースだった。郡上八幡の町、シーズンオフの静かな時にいずれまた来たい。

本日の走行距離:40キロ

関連記事

- 2 Comments

じ~じ  

郡上八幡

今晩は
郡上八幡、昨年岐阜へ行った時、ここも考えたのですが、行程上で諦めました。一度は訪ねたいですね。
水の郷、琵琶湖周辺もそうですが、良い風情がありますよね。

2015/09/23 (Wed) 22:13 | EDIT | REPLY |   

tmz  

No title

じーじさん こんばんは。コメント有難うございます。

郡上八幡の町、なかなかいい感じでした。ゆっくり歩けばもっといい場所があるかもしれません。

自転車から下りたり歩いたりしていたせいか、距離の割りに妙に足が疲れた一日でした。

2015/09/23 (Wed) 23:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。