僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイヤを交換してみると...

CRCに注文していたタイヤがようやく届いたので、週末にタイヤ交換をした。

今まで付いていたのは、「コンチネンタル Grandprix 700×24C」という奴である。

今まで使っていたタイプで、十分満足していたので、同じものを探したが見つからない。
同じメーカーで、型番に4000と付いているモデルは評価は高いようだが値段も相応なのでパス。

また、700×24Cなんてサイズのタイヤは国内では流通していないみたいだ。
ようやく見つけたCRCのサイトでは23Cと25Cしか無いので、迷わず25Cにした。

路側帯で転倒してから、細いタイヤには抵抗がある。路側帯のグレーチング(排水溝の金網)にタイヤがはまって、なんて思っただけでもぞっとする。
一般的なロードタイヤの23Cは細すぎ。レースをする訳ではないので、24Cと25Cも体感するほどの差はあるまい。

その昔、700Cのタイヤが流通し始めたころ、安物のロードもどきで長距離のツーリングに出掛けていた時期があった。

その時に使っていた700×25Cのタイヤにはパンクに悩まされ、1日に何度も、なんてこともあった。
28Cに変えてからその回数が激減した。ツーリング用途には、耐パンク性能のほうが優先である。

ということで、小一時間かけてタイヤ交換。
新品のタイヤは硬くてリムに嵌めるのに手こずってしまった。

片方を終えた時点で並べて比較してみる。
上が25Cの新品で、下が24Cの現行品。

1512121.jpg

ぱっと見、思ったよりも差がある。
比較写真は撮り忘れたが、厚みのほうもなんとなく、太くなったように見え、見た目のスタイリッシュ感には欠ける。
(クルマのホイール径を大きくしてタイヤを薄く大きく見せたりする趣味はないのだが...)

今までに無かったこんなロゴが入っていてちょっと高級に見える。

1512122.jpg

さっそく、近所を試乗してみた。

走り始めてすぐに感じたこと、
気のせいかもしれないが、ハンドルに伝わる振動がまろやかになった、ような気がする。

太いタイヤのほうが設置面積は大きくなるので、路面抵抗は大きくなるが、乗り心地はよくなるものだろうと、納得。
もちろん、抵抗が大きくなったという体感は全くない。

こんな記事があった。
http://rbs.ta36.com/?p=19750

この記事によれば、タイヤサイズが多少変わっても、空気圧がそれなりに保持されていれば、タイヤの接地面積は変わらない、らしい。

人間の感覚なんて、あてにならない...のもかもしれない。

とにかく、太めのタイヤで段差に対する安心感は得られるが、この先、28Cまで太くする、ことになるのかもしれないが、流石にロードフレームには似合わないだろうなあ。




関連記事

- 2 Comments

じ~じ  

タイヤサイズ

今晩は
少し太くしたんですね。
私のダホンも1.35から1.5に換えて、泥よけまで付けました。 秩父の林道(ラフロード)を走ってきましたが、全く問題ありませんでした。
25にしたとしても、細いので、恐いな・・・。

2015/12/14 (Mon) 23:21 | EDIT | REPLY |   

tmz  

No title

じーじさん こんばんは。コメントありがとうございます。

昔は25Cでも随分細いなと思ったのですが、僅かな太さでも太いなと思ってしまいます。

路側帯に気をつけなければならないことは変わらないと思うので、年相応に自制します。^^;

お体の調子は良くなりましたか?

2015/12/15 (Tue) 23:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。