僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また財布が無い.....

このところ、ブログの更新から遠ざかってしまっている。
このところ、年中行事になっている自転車での怪我というわけでなく、心のゆとりが無かっただけのことだ。

胸のあたりに今まで感じたことの無い妙な違和感があり、早々に病院に行ったら胃カメラを飲むことになったのだが、結果なんともないと市販薬のような成分の胃薬を処方されて帰ってきた。

自転車に乗るには絶好のシーズン、で頭を空っぽにして走りたいところなのだが、なにかと週末に用事があったりして思うに任せない。ようやく、この2週ほど走ることが出来た。やっぱ風を切って走れる自転車はいいなあ。

走るルートは決まったパターンになっている。
この日のコースは、一昨年、路肩で肩をぶつけて転倒した鬼門のルートである。
そんなことはすっかり忘れており、少し早めに家を出て、通称岐阜街道を岐阜方面に走って、約1時間、木曽川に出ると、笠松湊公園のベンチに座って、木曽川を眺めながら小休止するのも何度かのお決まりのパターンである。

20160521.jpg

そのまま、岐阜市内を経て、川原町の古い町並みを通って長良川へ出る、というのもいつものコースである。

そこで、乾いた喉を潤そうと、ハンドルに括り付けてあるバッグの中にある財布をまさぐった時、はたと気づいた。

そこにあるべき財布が無い。

バッグの口が開いたままになっているので、落としたのか、もしくは、1回だけ停止して休憩した笠松湊公園で置き忘れたのか、よく判らない。

またやってしまった。あの時は、車の中に置き忘れだったのだが、今回は間違いなく無くしてしまっている。

この日は気温が上がりつつあり、水分が補給できないのが辛い。ペットボトルの中に入った3分の1位の水分が頼りだった。

残念ながら、岐阜市内でお金を借りる充ても無く、まだ、午前中だったので、休憩もそこそこに来た道を引き返す。

途中にあった交番に念のため、財布を落としたことを届け出る。
30年位前、一度財布を落としたことがあり、たまたま警察の人が見つけて拾ってくれて手元に戻ってきた記憶が過ぎったからだ。

現金が幾ら、何が入っていたかを正確に思い出せないが、少なくてもクレカやサラ金でお金が借りられそうなものは入っていないはずだ。でも何でいつも使う財布なんて持ってきたんだろうと悔やむ。

念のため、休憩したベンチも行って見るが、当然ながらある筈も無い。

結局、70キロほどピストンで走って昼過ぎに自宅に戻る。
自分の不注意とはいえ、疲れだけがどっと残った休日だった。
学習能力の無さと注意力散漫さに呆然とするほかない。

------------------------------------------------------

2日後、ケータイに通常見慣れない市外局番の電話が入った。
なんと、落とした財布が届けられた、との連絡だった。
通っていない街であるが、おそらく地域を管轄している警察なんだろう。

財布の形と、中に入っているもの2、3点ほどが自己申告と合致したので、自分のものと確認できた。
現金の金額は自分の思っていたより少なかったが、これは間違いなく自分の記憶違いだろう。
それにしてもよく戻ってきたものだ。

親切な方もまだまだ居られるものだと感謝のほか有りません。
何処のどなたかはまだ存じ上げておりませんが、有難うございました。m(_ _;)m

ブルーだった気分が少し和らいだ。
問題は平日の夕方までの時間に、岐阜のクルマでしかいけない場所にいつ取りに行くか、である。
関連記事

- 2 Comments

hamo  

No title

お疲れ様です。そして財布見つかって良かったですね。さすが日本!って感じです。夏場の水分補給は大切なので財布を忘れないのはもちろん、残金や、補給地点をミスしないように気をつけたいですね(汗)

2016/06/02 (Thu) 15:33 | EDIT | REPLY |   

tmz  

No title

hamoさん コメントありがとうございます。

僅かなお金ですが、日本もまた捨てたもんじゃないと思いました。

あれから、お金は小銭入れを分けて持つようにしています。
自転車に乗るときは、いざと言うときのため、電子マネーを持つとか、お札を何処かに埋め込んでおくとか、落とさないよう気をつけることは当然ですが、保険をかけておくことも必要かもしれません。
老化現象が進んでいるのは間違いないので、気をつけます。

2016/06/03 (Fri) 23:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。