大阪城の遺構を歩く(2)

(前回の続き)

大阪城の空堀跡に沿って東西に伸びている「からほり商店街」を東に向かって歩きます。

「からほり商店街」は空堀そのもののルートよりは、少し北側を通っているものと思われます。
というのは、空堀商店街の北側も南側も坂道になっていて、堀の底というよりも、尾根道を通っているような地形になっているからです。

もっとも、この坂道というのは、大阪城を作るときに、瓦を焼くのに使われた大量の土を掘削した跡がこの辺りにあったとも言われており、人工的な地形も交じっているからさらに複雑です。

しばらく進むと、下り坂の傾斜があり、北側に小さなグラウンドのある公園、清水谷公園に出ます。この公園の北側に数メートルの石垣のような段差があります。
この段差にある石垣は、そのまま空堀のあと、という訳ではないと思いますが、真田丸のすぐ横に位置し、戦略上、重要な位置にあり、冬の陣で勇猛果敢な戦いぶりを示した木村重成が守った場所と言われています。

2016123013.jpg

この道は真田丸の跡と言われている真田山の丘と清水谷公園のある丘の間を通っている窪地になっていて、これが空堀の跡というのが自然な考え方ではないかと思います。

空堀のあとと思われる道を道なりに進んでいくと、下り坂になり少し大きな通りに出ます。長堀通りです。
通りの北側には、おそろしく急な上り坂、そのまま、大阪城の外堀に至る台地に続く段差になっています。

2016123018.jpg

後で調べてみると、この長堀通りは、長堀川という運河の跡にあたるそうで、有名な心斎橋はこの川に架かっていた橋とのことです。
空堀と長堀川の関係はいまひとつよく判らないのですが、長堀川の掘削は1625年ということなので、この辺りは空堀の一部を利用して長堀川が掘削されたみたいです。

空堀を歩く

真田丸の方向からそれてしまったことに気づき、Googleマップで軌道修正します。
長堀通りを南に横切ると、再び上り坂、真田丸があったと言われる、真田山に上がっていきます。

この辺りになってくると、私と同じように、真田丸目当てに歩いている人たちを見かけるようになります。

坂を上りきると、明星学園高校のグランドがあります。この辺り一帯の丘が真田丸のあった場所と言われていますので、歩いてみて、大阪城から孤立した台地のうえに立っていた出丸、前線基地ということが良く判ったような気になりました。

明星学園高校の壁にはこんな壁画があったりします。

真田信繁(幸村)の墓がある心眼寺は、けっこうな人がいました。門扉に六文銭のあるお寺です。

2016123010.jpg

幸村の銅像と、大阪城まで続くと言われる抜け穴がある三光神社は、有名な観光スポットになっていました。
お守りを買い求める人の列に並び、私も「勝」の文字が刻まれたものを買いました。

2016123016.jpg

この後、長堀通まで戻り、地下鉄に乗って、大阪城公園の北側にある駅から天守閣まで歩いたものの、年末ということもあり、天守閣には上がれませんでした。それにしても、大阪城の外国人比率には驚きます。日本人より多いかもしれない。^^;

2016123021.jpg

タモリではないが、高低差を足で感じながら、歴史を感じながら歩く旅、いや散歩もなかなか面白いものです。
関連記事

ブログ内検索

プロフィール

tmz

Author:tmz

タグクラウド

カレンダー

<< 06
2020
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ランキング

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
[このブログを購読] 人気ブログランキングへ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

コメント

非公開コメント

トラックバック