僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地図ソフトを使ってみる

山登りをよくされる方には定番だが、「カシミール3D」という地図ソフトを買った。
マニュアルを読むのが苦手なたちで、新しいソフトは触りながら覚えるというスタイルを取っているため、「カシミール3D」自体はフリーソフトで自由に使えるのだが、ソフトに地図は含まれていないので、実際に使える地図がないとさっぱり使い方が判らない。そこで、地図を入手するためには、CD付きの本を買うのが一番お得らしいので、その中で、最も多くの地域が含まれている「カシミール3D GPSで山登り 関東甲信越の山 300コース」というのを購入。

私のPCはWindowsVISTAなので、最新版のカシミール3Dしか動作しないらしい。 そこで、本を見ると最新版が入っている状態で、地図データのみ特定のフォルダにコピーすればよいようなことが書いてある。しかし、CDの何処を探してもそのファイルが無い。

カシミール3DにはBBSが用意されているので、そこを検索すると、CDを上書きインストールして、そこに、サポートサイトにあるVISTA用のアップデートキットを上書きインストールすればよいことを発見。やっと地図データを開くことができた。

kasimir.JPG

この本には、さらにおまけとして、関東甲信越の山300コースのGPSルート図まで入っていて、地図上に展開できる。まだ全ての機能を試していないが、自分で地図上にルートをマッピングすると、地図データに含まれる高度データを使って、標高差を表すルート図まで書けてしまう。

なんて凄いんだ。その昔、5万分の1の紙の地図を買ってきて、頭で想像しながらルートを考えていた時期があった。キルビメーターという地図に当てて長さを図る道具の存在は知っていたが、当時は田舎住まいだったので入手する場所も判らず、距離を定規を当て、地形図の標高を見ながら高低差を見る。想像を働かせながらコース選定をするのは、それはそれで楽しいのだが、時代は変わったものだ。今や、緯度・経度・標高までがデジタル化され、地図上でマッピングするだけで3Dの地図が書けてしまうわけだ。

計画ではなく、行った場所の記録にも役立つ。GPSの用途は、ナビのようにいま何処にいるのかを地図上で確認するだけでなく、何処に行ったかを記録するためにも使われる訳で、その道具がGPSロガーということだ。

使い方が判ったら、いずれ備忘録として書き綴ってみることにしよう。

自転車とコンピュータの進歩に追いつききれていない浦島太郎でした。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。