僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪行の思い出

その昔、初めて輪行をしたのは何年前か忘れたが、確かJCAの会員証が無いと輪行できない時代があった。そのためにJCAに加入し、お金を払って自転車の安全運転の講習を受けたうえで、会員証が貰え、それを掲示して駅の窓口で手回り小荷物の切符を買って、やっと電車に積み込むことが許された。

しかし、それ以来、輪行はかなりの回数をしたと思うのだが、手回り小荷物の切符を買うときに、JCAの会員証を見せろと言われた記憶が1~2回位?しか無いし、田舎の駅とかは手回り小荷物の切符すら、大きな駅になると、手回り小荷物の切符を何処で売っているのか知らない駅員も居て、何箇所かのたらい回しにあったこともある。(国鉄時代)

それがいつの間にか、今では手回り小荷物の切符さえ要らないという話ではないか。バカ正直に自発的に払っていたのが馬鹿なのか、元々あいまいなルールだったのかよく判らないが、いい時代になった、のかもしれない。

しかし、JRに乗る機会が最近は無いのだが、休日に昔輪行したことのある線にたまたま乗った時、自転車を載せるのは心苦しいような乗車率になっているような気がした。以前に比べて合理化が進んだせいか車両の数と運行本数が減っているのだろうか。

JRが赤字を垂れ流していた時代、田舎のローカル線なんかだと、そんなに気を使うこともなく、堂々と対面式のボックスを占領して置かせて貰ってなんてことはあった。
学生時代、本州横断をして直江津駅でビバークし、輪行で帰途につくため、始発電車で長野に向かったことがあった。 誰も乗っていないに近い状態だったため、輪行袋でボックス席を占領、そし旅の疲れもあって広い対面式シートで足を伸ばして爆睡してしまった。目覚めた時は、長野駅近くだった。周りには人が一杯、対面に座っている女子高生にもクスクス笑われるし、立っている人の冷たい視線を浴びながらそそくさと下車した思い出がある。

輪行も回数を重ねると、要領を得てくると同時に、ある程度フレームにキズは避けられないため、入れ方も鷹揚になってくるので、それこそ10分位で入れることができるようになっていた。

最初に使っていたのは、黒い帆布製のものだ。重いし、嵩張る。サドルバッグと同じ位の大きさがあった。 ランドナーなので、ブレーキワイヤーを外し、ハンドルを外し、フロントフォークを抜いて、またさらに後ろのドロヨケを外して後ろのタイヤを外すという結構手間の懸かる工程だった。

次に、ロードレーサーに乗っていた時期に買ったロード用の輪行袋だ。こいつは、ちょっと大ぶりに出来ていて、ハンドルを抜かずに前後輪を外して留めるタイプのものだ。
これをランドナー用に使っていたものだから、随分とスペースがあり、雑な入れ方でも入ってしまう。全体を留めるバンドも無いため、中身がぐらぐらして安定せずにパーツ同士がぶつかり合って、その時に使っていたランドナーは傷だらけだ。これで飛行機にも乗せてもらった。

それにしても輪行で辛いのは、荷物が多い時だ。さすがに前後フル装備のキャンピングキャリアで旅をしたことは無いが、サイドバック2つあるだけでも今思えば相当な重さだ。ただでさえ、今と違ってバックはナイロン製でなく、帆布製のため重い。

片方の肩に輪行袋、もう片方の肩にはズタ袋に入れた2つのキャンピングバックとフロントバックを掛け、陸橋式の駅の階段を上がるのは苦行としか言いようが無い。
それでも、旅の途中で、しんどくなったから輪行で帰る、とか初めから周遊券を買って旅に出るというようなこともしていたので、輪行は、まさに「魔法のじゅーたん」であり、「どこでもドア」だった。今はどうか知らないが、周遊券は、そのエリアの中心地に往復する位の料金でその場所までの往復運賃とエリア内の乗り降り自由、急行乗り降り自由でけっこう重宝した。

日帰りであれば、荷物も軽いし、時間と体力の節約のために、また輪行を初めてみようかなと思っている今日この頃。 でも、輪行袋は高そうだし、それこそ自作で半使い捨て的なものを作ろうかなあ。
関連記事

- 2 Comments

じーじ  

実に懐かしい話ですね。
私は北海道など遠いところは、荷物はチッキ(駅留め)で送ってしまい、駅頭で組んでいました。大輪行には良いシステムでしたね。
昨年、40年ぶりに極小輪行しましたが、大変楽しかったですね。しかし、組み立てにずいぶん時間がかかってしまいました。

2010/06/16 (Wed) 21:16 | EDIT | REPLY |   

tmz  

こんばんは。いつもコメント有難うございます。
判る人にしか判らないような話です。
自転車の旅にとって、駅って欠かせない存在でしたね。出発点でもあり終着点でもあり、情報交換の場でもあり、宿泊場所でもありました。
駅留め送りは使ったことがないですが、昔、仲間が駅にハンドルを忘れてきて、駅留めで送って貰ったことを思い出しました。

2010/06/16 (Wed) 23:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。