僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顔で着地した話

梅雨が明けた。
朝からはっきりしない天気だったが、朝に適当なルートを考えて出発した。
犬山方面に出かけようと思ったが、往復するには出発時間が遅かったので、地図でみると、一宮市の総合運動場というのがあり、駐車場が使えそうなので、そこを起点にすることにした。

以前走ったことのある五条川の堤防沿いは、遊歩道完備でとても走りやすい道。
途中から五条川から分岐している木津用水沿いを走る。この用水沿いもクルマが走ることのできる道ではあるが、交通量がほとんど無く、サイクリングロードと言ってもいい位のまっすぐの平坦な道が続く。

途中、名鉄犬山線の踏み切りを渡り、あと少しで犬山市街地に入るところだった。
昨日はこの周辺(岐阜県可児市)は記録的な大雨が降ったものの、今まで通ってきた道路は路面がすっかり乾いており、大雨が降ったことすら忘れるような天気だった。
少し先に道路を横切っている一筋の水の流れがあった。大した水量ではなく、水溜りともいえないような路面が少し湿っているように見える程度だった。道路の真ん中は少し湿りが多いようなので、それを避けてやや右よりの部分でその路面の湿りを通過した。
その時だった。全く何が起こったのかわからないうちに、気がついたら地面が目の前に飛び込んできた。つまり、顔で受身をした格好になった。
トークリップはつけたままだったが、ペダルからは抜けていた。抜けても地面に足をつく間もなく、手と顔で着地をしたわけだ。幸いなことに足の打撲は全くと言っていいほど無かったので、ちょっとした擦り傷程度だと思い、すぐに立ち上がった。

クロスバイクに乗ったお兄さんが通過し、大丈夫ですか?と声を掛けてくれた。
顔を引きつらせながら「大丈夫」とそれに応えたが、顔の痛みがけっこうある。足がなんともないのが幸いだ。 フレームが曲がったりしている様子は無いが、車輪が90度近く回転している。
どんな転び方をしたのか全く判らないが、両肘に大きな擦り剥き傷、左小指と薬指、右薬指と手首にもえぐれたような傷ができており痛む。メガネはフレームが曲がってレンズが外れてしまい掛けられる状態ではない。

引き返すわけにもいかないので、犬山市街にある薬局に飛び込み、絆創膏と消毒液を買って応急措置をする。 ここで鏡を見て顔の傷の大きさに改めて驚いた。顔から落ちるなんて、相撲取りやツールドフランスに出てくる選手みたいだ。
顔で着地するのと、ひざで着地するのとを比べたら、どちらが痛くてどちらが後々のダメージが大きいのだろうか。

1007171.jpgさすがにこれ以上の距離を延ばす気にはならなかったが、せっかく来たのだからと、犬山市内を少しポタリングして帰ることにした。犬山城を周回して木曽川に出て、城下の町並みを見てから帰途につくことにした。城のすぐ下を流れる川が、濁流化しており、もの凄い勢いで木曽川に流れ込んでいた。岐阜県境を水源とする川なのだろう。トラックが何台か濁流に流されて線路を塞いだニュースのあった地域から流れてくる川だ。
1007172.jpg 帰りは、日差しがキツくなってきており、暑さとの戦いになった。汗が滴って顔の傷が痛む。 ブレーキもなんらかのダメージを受けたらしく、タイヤと時おり接触する。工具を持ってこなかったことを悔やむが、自転車屋も見つからないので騙し騙し走り、なんとか起点にたどり着いた。

自転車を見れば、ブレーキレバーの根元の両方に傷が入っており、ここで地面に着地したことになる。左の小指の付け根が血は出ていないが、妙に痛むので、たぶん地面と挟んだかもしれない。

それにしても、サイクリングを始めて長いが、こんな転倒の仕方をしたのは始めてだ。クルマの通る道だったらと思うとぞっとする。膝から落ちていたら、まともに走って帰られなかったことだろう。(これはトークリップのおかげなのでろうか?)なぜあんな場所であんな大転倒をしたのか不思議で仕方が無い。経験上、あれだけの水溜りであのスピードで転倒することは考えられなかった。

小径車の特性である、僅かなハンドルの動きがクイックに伝わることの危険はこういうところに出てくるのではないか。 ヘルメットはいつも被らないのだが、さすがにこんな着地をしたら効果は無い。
大事に至らなくて良かったと思うことにしよう。
傷が治るまで汗をかく運動はお預けです。
小径車乗りの人は気をつけましょう。

関連記事

- 4 Comments

じーじ  

転倒はいろいろダメージを受けますよね。
私が20歳の時ランドナーにさよならしたのも転倒です。フロントキャリアに雑に鞄を載せて走っていたら、ベルトが垂れ下がって車輪に絡み、前転です。頭を強打し、側の家に寝かされていました。フォークは曲がり、他にも損傷箇所大、愛車は部品取り用に処分。私だけが丈夫でした。何より!!

2010/07/19 (Mon) 20:56 | EDIT | REPLY |   

tmz  

コメント有難うございます。
幸いにして骨にも異常がなくほっとしています。
頭を強打していてその時は何とも無くても夜になって急変して命を落としてしまったという話も聞きます。自転車といえども一つ間違えば大変なことになりますよね。

2010/07/20 (Tue) 21:01 | EDIT | REPLY |   

mimi  

こんにちは、初めまして☆
私も名古屋に住んでおり小径車(ブルーノミニベロロード16)でポタリングを楽しんでいるのでいつも記事を参考にさせていただいております。
今回の転倒は大変でしたね、、
私も一度、車の減速用カマボコで派手に転倒したことがあり、それ以来路面状況にはとても気をつけるようになりました。
その時はよくわからないまま応急処置をして輪行で帰ってきましたが、後日怪我が治ってから現場を改めて見てみるとこんな小さな突起で転ぶのかと驚きました
お怪我が早く治るといいですね。

2010/07/21 (Wed) 10:19 | EDIT | REPLY |   

tmz  

mimiさん。はじめまして。
周りから老化が始まっているとばかにされましたが、小径ならではの転倒もあるんですよね。ちょっと安心しました。
これに懲りず、やっと習慣化し始めた週末のポタリングを止めないようにしたいと思います。
ご心配有難うございます。
今後ともよろしくお願いします。

2010/07/21 (Wed) 23:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。