僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い街名古屋

顔のキズはあまり目立たなくなり、腕のキズの絆創膏もようやく無くても大丈夫になった。
また自転車に乗ろうと思うのだが、ここのところの暑さで寝不足気味、それにここのところ土曜日出勤が続いているので日曜日の酷暑の中にペダルを回す気力が失せてしまっている。

天気予報を見ていて思うのだが、最高平均気温の予想を見ていると、名古屋が日本で一番暑い日があったりする。那覇より暑い日も多い。

気温はおそらく気象台の場所で測定されていると思うのだが、名古屋の気象台のある場所は名古屋市内でも最も涼しいような場所、近くに森がある高台の住宅地の中だ。たぶん、名古屋の中心部である栄、名古屋駅に比べると2~3度位は低いんではないだろうか。

これだけ暑くなってくると、多治見市みたいにわが町こそが日本一暑い、なんてことで町おこしの材料にしようとしているのを見ると、いやあ名古屋のほうがもっと暑いんじゃないか、と思っている名古屋人は私だけではないかもしれない。

名古屋の街は、夏になると海からの南風が、南北を流れる川(堀川や中川運河)に添って吹き、都心を冷却している。 ところが、サブプライムショック前、名古屋駅前がトヨタバブルで高層ビルが何本か立つようになり、風の通りが悪くなったような気がする。

東京で高層ビル群が風の流れを止めてしまい、ヒートアイランド現象を一層進めており、かつゲリラ豪雨の原因にもなっている、というニュースが報じられているが、そのミニ版が名古屋でも起きている、いや今後起きるのではないかと予想する。

走らないことの言い訳がましくなってくるのだが、熱中症になっても仕方がないので、自転車の整備も含め、お盆明けまで自転車はちょっとお休みです。
盆休みは涼しい山にでも登ってリフレッシュしたいものです。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。