僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曽川リバーサイド

日は遡りますが、Myランドナーが復活してからのポタリング記録を残していきます。
東海地方の自転車のりにはごくごく平凡な在り来たりのコースかもしれませんが、まずは久々に走るんでフラットな川沿いのコースを選びました。



まずは、クルマの荷台に自転車を乗っけるところから。
行き当たりばったりの性格なので、前日に練習なんてことはしません。4月に買ったばかりのSUVは余裕の積載量、たぶん載るだろう、ってことで、カミさんの分とあわせて2台分、
10分程試行錯誤の結果、バッチリ載りました。最も安定するのは、カミさんのマウンテンバイクはマットガードが無いので、前タイヤを外せば、長さはOKになるのでひっくり返して立てる。私のランドナーはマットガードを外すのが面倒なので、タイヤもそのままで横倒しにした状態で突っ込む。これで2台OK。

スタートは一宮市のツインアーチ138から。AM1000ごろ出発。駐車場は未だこの時間は余裕で停められそうです。


木曽川沿いのイメージはこんな感じです。↑ あわてず急がず、ちんたらと走ります。久しぶりのドロップハンドルなので、体勢に違和感があります。昔はよくこんな体勢で一日乗っていたんだなと。



あまりにも平坦で気持ちよいコースなので、殆ど休憩もせず、かつ急ぐわけでもなく、なんとなく昼近くに犬山へ着きました。
国宝犬山城に何十年ぶりかに上がってみました。ついこの前まで個人の持ち物だったことでも有名な木造の城です。天守閣からの景色も綺麗だったけど、在り来たりの写真なので印象的だった、窓から見た新緑を載っけます。



犬山城のすぐ下あたりは、こんな遊歩道があったりして、川沿いの気持ちよい風を受けて心が和みます。
と思っていたら、こんな所にも、水際に発生するやかましい水上バイクの輩が、行ったり来たりうろつき回って喧しいことこの上ない。最近、暴走族は減ってきたように思えるが、こいつらも、騒音公害と、水質汚濁、水上事故防止条例かなんかで、取り締まってもらえないものだろうか。血圧が上がりそうだ。思わず石を握り締めそうになる。



この風景はよく写真にも出てくる。犬山城と木曽川、それに背後の山、いい風景です。

この後、ほぼ同じルートを引き返し、駐車場に戻ります。
途中、エーザイのくすり博物館があり、入場無料で見学できます。ウコン茶が無料試飲できるので、乾いた体を潤します。もちろん、薬の歴史やら、薬売りとかの商売道具が展示してあったり、ためになる施設です。企業の社会貢献というやつですね。

走行距離およそ30KM。全く平坦なので気楽に走れるコースとして、お奨めです。


関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。