僕の前に道はある 僕の後ろに轍が出来る

元サイクリストが綴る自転車や散歩を中心としたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋港へポタリング



曇り空の残る日曜日、海が見たくなり、名古屋市内を縦断して名古屋港まで出掛けることにした。カミさんは普段乗っている自転車(いわゆるママチャリ)で行くという。

AM10:30ごろ、自宅を出る。しばらくは見慣れた町並みを南へ向かって走る。
やがて堀川沿いに出て、東岸をさらに南へ。日曜なので比較的車は少ない。予報では雨は降らないようだが、雲行きが怪しい。



1100頃、日比野へ。デザイン博以来、この辺は通ることはあっても来たことが無い。
デザイン博の影響できれいに公園と遊歩道が整備されており、散歩にはもってこいの場所だ。



1130頃、宮の渡しに着く。言わずと知れた東海道唯一の海路となっている場所だ。ここから先走る道のりは、江戸時代は海の上だったと言うことだ。

しばらくは、単調な半工場地帯を南へ。日曜なので車が少ないのと、歩道が広いので自転車専用道ではないが、まあまあ走りやすい。

築地口でちょうど昼になったので、中華料理屋で600円也のランチを食べる。
この店、競艇の場外車券売り場の前ということもあり、映っているTVは競艇中継、客もすべてがそれを目的に来ている人たちで、何となく居づらい雰囲気だったが、安くておいしい店なので、こんど来たときも使ってもよいかも。

ちんたら走っているうちに名古屋港へ。
いつもより、人がやけに多いのでなんだろうと思っていたら、TVでイタリア村破綻で在庫処分セールをやっていると報じていたことを思い出した。

自分もカミさんも全くブランドには興味は無いが、どんな様子なのか、食べ物が安ければ買ってもいいかなと思い立ちよることにした。


しかし、既に多くのものは売り払われた後の状態らしく、モノの数より人の数のほうが多いんじゃないか、という位。幾ら安いからといって、こんなもん買って嬉しいのかね、と思うような商品を抱えている家族を見て、引いてしまった。

人好き好きなんで買いたい人は買えば良いけど、日本人てホントブランド好きだな。
特に名古屋人はその傾向が強いのかも。

改めて見ると、ハリボテで安っぽい建物だ。この先、どうなるんだろう。とにかく役人が商売しようとするとろくなことは無い。もうやめとけ。



PM2:00ガーデン埠頭を回りこみ、名古屋港水族館の南側へ。こんなに近くまで海の近くに寄れるとは知らなかった。工場ばかりの風景だが、潮風というのは心地よい。しばし、ベンチに座ってぼーっとするには良い場所だ。

なんだか知らないが、頭痛がしてきた。20kmも走っていないのに疲れが出てきたのだろうか。やっと天気が良くなってきて、いい景色の場所にいるのに気分が晴れない。
ここからは、引き返して帰ることに。


関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。